CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

banner_img
1500円のご支援でマラリアにかかった子ども10人分を治療する薬が買えます。

【お知らせ】
テレビ東京世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」に 代表名知の現地の活動紹介されました
放送局:テレビ東京
番組名:「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」
日時: 2015年6月15日(月)
詳しくは こちらです
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
検索
検索語句
最新記事
プロフィール

NPO法人ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
リレー投稿「MFCGに出会ったあの頃」編★vol.1 [2021年11月19日(Fri)]

マトゥエヤダ、チャービー(おひさしぶりです)ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)ボランティア・パートナーの鈴木一登と申します。普段は作業療法士として訪問リハビリの仕事をしています。
ご存知のように、今年2月1日にミャンマーの状況は一変しました。そして今もたいへん厳しい状況が続いています。自由に行動することが難しくなり、日常生活でさえも危険を伴うようになり、多くのNPO/NGOのスタッフが帰国を余儀なくされました。そのような状況にありながら、MFCGは代表名知がミャウンミャに残り、医療・保健・菜園の活動を続けています。
MFCGは今年で設立9年を迎えました。毎年3月に東京で活動報告会をしています。しかし去年も今年も、残念ながら活動報告会を行うことができませんでした。そこで今回は、活動報告会に代わって「設立9周年オンラインイベント」を開催しました。
しばらくお休みしていたMFCG Facebook リレー連載も、「設立9周年オンラインイベント」を機に復活しました。今回のテーマは「MFCGに出会ったあの頃」です!

私が名知さんに初めて会ったのはMFCGが誕生する数年前、2008年にミャンマーで起きたサイクロン・ナルギスがきっかけでした。高田馬場のミャンマー語・日本語教室「日本ミャンマーカルチャーセンター」(JMCC)がナルギスの被災地域に支援を行っていました。名知さんはその活動報告会でラカイン州の医療活動について話をしました。
名知さんも私もJMCCの生徒でした。JMCCはただの語学教室ではなく、かつてもいまも、ミャンマーに関わる人々を結びつけるサロンのような役割をしているところです。

2008年サイクロン・ナルギスの支援活動報告会(JMCC)の準備中
deai1.jpg

2008年サイクロン・ナルギスの支援活動報告会(JMCC)
deai2.jpg

「SHARE=国際保健協力市民の会」というNPOがあります。SHAREは日本に住む外国人のために、母国語の通訳を配した無料健康相談会を行っています。そのSHAREの健康相談会に名知さんが関わっていました。ナルギスが縁で名知さんと知り合いになった私も一緒にボランティアをしました。「ミャンマーでNPOを作ろうと思っている」と名知さんの口から聞いたのは、SHAREのボランティアをしていた頃でした。
その頃、名知さんは乳癌の治療中で、いつも帽子をかぶっていました。治療の副作用によって体力も低下していると言っていました。しかし実際に近くにいると、よくしゃべって、よく動いていて、とにかく活力に満ちあふれていたのを覚えています。
SHAREの活動から着想を得て、日本に住むミャンマー人のための無料健康相談会を始めたのがMFCG初期の活動です。カチン、カレンの人々が日曜礼拝の場として利用している早稲田奉仕園が会場でした。
無料健康相談会といえば、午前中に始まるカチンの礼拝が終わる時間を見計らい、お昼近くに相談会の宣伝をしにいくと、いつも自分たちのお昼ごはんを「まあ食べていきなよ」とおすそわけしてくれました。
無料健康相談会にはいつも、日本人のボランティアと一緒に、ミャンマー人の留学生がボランティアとしてたくさん参加してくれていました。
当時ボランティアとして参加してくれたかつての留学生は、卒業後も日本に残って日本の社会人となった人も多く、日本で結婚して子どもが産まれた人もいます。今回あらためて写真を見返すなかで、MFCGの活動が多くの在日ミャンマー人によって支えられてきたことを再確認しました。
名知さんとの出会いや、イベントの思い出話については、書きはじめると枚挙に暇がなくなってしまうので、ここでは思い出の写真を再掲するにとどめておきますね。

2014年 在日ミャンマー人のための無料健康相談会
deai3.jpg

2015年 健康相談会の内容 問診票の記入、身長・体重、血圧、尿検査、歯科検診。毎回、名知さんのほかにミャンマー人医師が参加する
deai4.jpg

早稲田奉仕園カチンの人々の日曜礼拝(2014年)
deai5.jpg

健康相談会会場手書きの案内
deai6.jpg


-------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への寄付・支援をお願いします→ MFCGの活動に寄付をする
MFCG 団体ホームページはこちら→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会
MFCG facebook にも「いいね!」をお願いします→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)facebook公式ページ
--------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 鈴木 at 14:02
リレー投稿「お菓子」編★駄菓子屋さん [2021年11月19日(Fri)]

မဂၤလာပါ။
က်မ ကေတာ့ MFCGရဲ့မခ်ယ္ရီျဖစ္ပါတယ္။
ဒီတစ္ေခါက္မွာေတာ့ က်မ ရြာကမုန႔္ဆိုင္အေၾကာင္း ေရးထားပါတယ္။ ဖတ္ၾကည့္ပါအုံး။
駄菓子って ご存知でしょうか?
日本旗(祝日・日の丸)で知っている人は 50代後半かなあ〜 笑笑 後はコンビニの24HOURS(コンビニ)かなり下の棚〜!
ここミャンマではまだまだ駄菓子屋さん兼生活雑貨屋さんの存在は健在〜〜そして貴重な存在です光るハート

dagashi1.jpg

村に一軒しかなく お母さんが大概店を守っています。
MFCGが巡回してる16村中 一軒の雑貨屋さんも無い村が2村もある️ 本当に生活が成り立たないほど苦しくて その日暮らしを 目の前の事だけを見るしかなく生きているのも事実️
それでもこんなお店あると ツイツイ 用も無いのに行っちゃいます光るハート

dagashi2.jpg

写真は、お茶菓子の ラペトウ、ゼイートウ 乾燥プラム、お砂糖タップリのマンゴーやブドウ たち

dagashi3.jpg

そんな想いである人は 私と同年代か 年上ですね〜〜笑笑


-------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への寄付・支援をお願いします→ MFCGの活動に寄付をする
MFCG 団体ホームページはこちら→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会
MFCG facebook にも「いいね!」をお願いします→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)facebook公式ページ
--------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 鈴木 at 11:46