• もっと見る

banner_img
1500円のご支援でマラリアにかかった子ども10人分を治療する薬が買えます。

【お知らせ】
テレビ東京世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」に 代表名知の現地の活動紹介されました
放送局:テレビ東京
番組名:「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」
日時: 2015年6月15日(月)
詳しくは こちらです
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
最新記事
プロフィール

NPO法人ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
無料健康相談会のチラシ配りで覚えた高田馬場・ミャンマー料理店へ [2015年05月31日(Sun)]

MFCGミタァース便りをご覧いただきありがとうございます。
MFCGブログメンバーの篠原です。

先日、ミャンマー料理が食べたくなりミャンマーのお店が集まっている高田馬場・ミャンマー料理店へ、かみさんと二人で行ってきました。高田馬場周辺には、たくさんのミャンマー料理飲食店、雑貨屋さん、ストアなどがあります。ミャンマー料理を知るきっかけになったのは、昨年の夏と冬にMFCG主催の日本にいるミャンマー人対象の無料健康相談会があった際、その広報活動として、MFCG代表である名知さんとこの私の二人で、ここ高田馬場周辺のミャンマー料理飲食店、雑貨屋さん、ストアなどへのチラシ配りです。ちょっと馴染みがある高田馬場、最近では私一人でもこの高田馬場周辺のミャンマー関連のお店は行けるようになりました。実際、二回目のチラシ配りは私一人で、ディープな雰囲気の!?雑居ビルがあり、そこには多くのミャンマー関連のお店が入っていて、ちょっと緊張しながらも、このビルの各フロアにあるお店にもズンズンと行けます。いやぁ〜経験って、ほんと大事、自分の中にある何かしらの高いハードルがあることに気付かされる(笑)。
さて、食の話でも同じで、皆さんはミャンマー料理を食べたことありますか?ぜひ、一回は食べてみてはいかがでしょうか(笑)。お店には、現地の味もあればアレンジされた味もあるので、お店の方と会話しながら料理を注文するのがいいですよ。

まず「ミャンマービール」、さっぱりとした飲みやすいビールです。
DSC_0033~2.jpg

ミャンマーの定番料理とも言える「トーフジョー」、食感、味、ビールのつまみにぴったりです。
DSC_0035.JPG

ミャンマーの定番料理「ラペットウ」、お茶っ葉と豆がたっぷり、ビールのつまみにぴったりです。
DSC_0034.JPG

ミャンマーの料理「チェッターアルーヒン」(鶏肉とポテトのスパイシー煮込み)。
DSC_0038.JPG

ここのお店(高田馬場駅近くのお店「ミンガラバー」)のオーナー、ユユ・ウェイさんと記念に一枚。
DSC_0045~2.jpg

どんな味なんだと聞かれそうですが、グルメレポートが出来ない自分に今、気づいた(笑)では、また。




---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)の団体ホームページをご覧ください。
http://mfcg.or.jp/
また、ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)のfacebook公式ページ もご覧ください。
http://www.facebook.com/mfcg.or.jp/
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)の参加方法(寄付または会員)はこちらのページをご覧ください(団体ホームページ内)。
http://mfcg.or.jp/participation-method/
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Posted by 鳥澤 at 12:41
この記事のURL
https://blog.canpan.info/myanmarclinic/archive/47
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
鈴木さん
現地のビール、呑みたいですね。ビールメーカーも続々ミャンマー参入するようなニュースを見かけるので、競争始まる前のビールの味を楽しむのもいいかもですね。
Posted by:篠原  at 2015年06月05日(Fri) 14:13

伊藤さん

そうでしたか、時代が流れているんですね。私がいつか日か旅行先で低い椅子と低いテーブルを見かけことがあったら、こんなお話聞いたなぁと思い出すんでしょうね。
Posted by:篠原  at 2015年06月05日(Fri) 13:59

アルコールは全くダメな私ですがミャンマーの食べ物はときどき無性に食べたくなるものがあります。1つは米から作った緬料理です。私がよく訪れるシャン州ではあっさりめのスープでベトナムのフォーに近い感じです。あとは新鮮なくだもの・・・あ、雨季のくだものは美味しいのが多いです。
Posted by:亀山  at 2015年06月04日(Thu) 23:06

ミャンマーのビールは、現地には生ビールがあり、それがものすごくおいしいです!

数年前は、安いところだと中ジョッキ一杯100円しなかった記憶があります。ぜひ現地でミャンマーの生ビールを堪能してもらいたいです。
Posted by:鈴木  at 2015年06月04日(Thu) 21:52

はい、木の低い椅子と低いテーブルは、ミャンマーらしい喫茶店のスタイルだと思います。町でもそれが普通でしたが、今は私たちにも馴染みのあるサイズの椅子とテーブルが主流ですね。今のほうが楽ちんですが、なんだかやっぱり淋しい気がします。
木の低い椅子と低いテーブルって、家のなかにもよく使われていました。女性や子ども達がつけるタナカの木を石にこすりつけて樹液を出すときとか、炭火を起こしたり、お皿を洗うときとかも、使っていましたよ。でも、私にとっても、なんだか「なつかしい」という感じです。これも時代ですね。
Posted by:伊藤  at 2015年06月04日(Thu) 00:08

伊藤さん


低い椅子と低いテーブルってミャンマーの特長なんですか?
Posted by:篠原  at 2015年06月03日(Wed) 23:57

篠原さん、レストラン、おいしそうですね。

トーフージョー、食べたい気分になりました。
私はヤンゴンに行くと、たいていインヤレイク湖畔の喫茶店のトーフージョーとブーディージョーを食べていました。

最近は新しくてキレイなレストランが幅を効かせていていますが、やっぱりあの低い椅子と低いテーブルで背中をまるめて食べてこそミャンマーです!
Posted by:伊藤  at 2015年06月03日(Wed) 23:21