CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

banner_img
1500円のご支援でマラリアにかかった子ども10人分を治療する薬が買えます。

【お知らせ】
テレビ東京世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」に 代表名知の現地の活動紹介されました
放送局:テレビ東京
番組名:「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」
日時: 2015年6月15日(月)
詳しくは こちらです
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
検索
検索語句
最新記事
プロフィール

NPO法人ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
MFCG活動の現場、ヤンゴン・ミャウンミャを訪ねて [2015年01月21日(Wed)]

ボランティアメンバー、くりりんの現地視察レポート

MFCGのボランティアメンバー“くりりん”こと栗原が、年末年始にかけてミャンマー現地での活動を見に行きました。
12月末に現地を訪ねていたボランティアメンバーの亀山と入れ代わりでの視察となりました。

その、くりりんからのコメントが届きましたのでご紹介します。

「ヤンゴンは、車の交通量やビルの建設ラッシュといった風景、そして街の活気から、まさに成長真っ只中というのが伝わってきます。
他方、MFCGの活動拠点となるミャウンミャは、中心部から少し外れると農村風景にがらっと変わり、経済、生活・衛生面を含めて、いろいろな点でこれからといった印象でした。

今回訪れることはできませんでしたが、移動クリニックとして巡回する村々は中心部から距離があるところですので、MFCGが貢献できるインパクトも大きいのではないかと感じています!」



ミャンマー初体験のメンバー、くりりんの不安は…?

今回の視察、くりりんにとって、今回は初ミャンマー旅行でした。
自称“シティボーイ”のくりりん。
訪麺前には「トイレは大丈夫か、シャワーはお湯で浴びられるか、料理に香菜が入っていたらどうしようかなど、いろいろな不安を抱え、胃薬をたっぷり持参して行ったようです。

084-.jpg ミャウンミャの青空市場

しかしミャンマー入りしてから日々MFCGに入る報告では、前の不安はどこへやら、といった感じで、
現地スタッフとのミーティングやヤンゴンオフィスの電球修理などに大忙し。

ヤンゴンでくりりんを出迎えたMFCG代表の名知によると
「くりりんは、思った以上にひょうひょうとして、現地に溶けこんでいました〜」とのこと。
訪麺の不安は、ミャンマーのあたたかい風土や人々に触れて吹き飛んでしまったと言えそうです。

123-.jpg 現地スタッフとの打ち合わせ

121-.jpg ミャウンミャMFCG事務所

クラウドファンディングへのご支援への感謝と拡散のお願い

視察とはいえ、くりりんは、名知とともに、クラウドファンディングReadyfor でご支援をいただいた皆様へのギフトを購入したり、ミャンマーでご支援をいただくための活動をしてまいりました。

Readyfor のサイトの新着情報でご覧いただけますが、本当に素敵なギフトをそろえてまいりましたので、皆様に喜んでいただけると思っております!

11月末よりスタートしたクラウドファンディングも、皆様のおかげをもちまして目標額を達成し、さらに多くのご支援、応援が集まっています。
本当にありがとうございます。

来週 1月27日(火)午後11:00 の時点で終了となりますが、それまで情報のシェア、拡散にご協力いただけるとありがたく存じます。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします! → 移動クリニックで、ミャンマーの人々の命と笑顔を未来に繋ぐ!

Posted by 伊藤 at 11:05
この記事のURL
https://blog.canpan.info/myanmarclinic/archive/30
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント