CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

banner_img
1500円のご支援でマラリアにかかった子ども10人分を治療する薬が買えます。

【お知らせ】
テレビ東京世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」に 代表名知の現地の活動紹介されました
放送局:テレビ東京
番組名:「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」
日時: 2015年6月15日(月)
詳しくは こちらです
<< 2022年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
最新記事
プロフィール

NPO法人ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
リレー投稿「日本の中のミャンマー」編★vol.1ミャンマーの洋服 [2022年03月27日(Sun)]

こんにちは。MFCGブログチームの一宮です。今回から、新たなリレー連載がはじまります。
MFCGの活動に興味を持ったり参加したりされている皆さんは、ミャンマーへの関心も高いと思います。
そこで今回のテーマは、日本にいながらにして「ミャンマーを感じる何か」「実はミャンマーにご縁があるもの」、を探してみることにしました。

ーーー
まずは私から。
それは、洋服です。
日本の衣類のおもな輸入先は、約半数が中国。
続いてベトナム、バングラディシュ、カンボジア。そして第5位がミャンマーです。(一般社団法人 日本貿易会サイトより。2020年時点)
ひと昔前は、ほぼすべてがMade in Chinaだった気がしますが、今はこんなに多様になってるんですね。

私は、「無印良品」の衣類を愛用しています。試しに自宅のタンスからいくつか引っ張り出し、生産国をチェックしてみると、見事にバラバラ!

1-1.jpg

ミャンマー製なのは、ダウンベストでした。ちなみに無印の別のダウンジャケットもミャンマーからのもの。

私はミャンマーに住んでいた時、一度だけ縫製工場を見学したことがあります。そこで作っていたのも、ダウン製品でした。

1-2.jpg

広々とした工場内部には、日本の「JUKI」ミシンがずらーっと並び、ロンジー姿の女性たち(男性はごくわずか)が、見事な足踏みで軽やかに縫い上げていのが印象的でした。

実は気づいていないだけで、皆さんもすでに「made in Myanmar」の洋服とともに生活しているのかもしれませんね。


-------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への寄付・支援をお願いします→ MFCGの活動に寄付をする
MFCG 団体ホームページはこちら→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会
MFCG facebook にも「いいね!」をお願いします→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)facebook公式ページ
--------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 鈴木 at 06:12
この記事のURL
https://blog.canpan.info/myanmarclinic/archive/273
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント