• もっと見る

« 交易の新たなカタチ | Main | ムジカ♪サマースケジュール »

<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
向井 登子
ムジカ★information (06/18) すずかけの実
モフラン☆ムジカIN東久留米 (12/15) ELU
★取材★ (07/26) 上田
B・B・モフラン&ムジカトゥッティ12月vol.1 (12/12) 小野 めいこ
B・B・モフラン・ムジカトゥッティ仙台7月vol.2 (07/29) gyoshin
交易の新たなカタチ (07/07) wakayama
街のなかのアフリカ 大学のなかのアフリカ (06/06) 緑水亭若女将 高橋知子
音楽とは? (12/18) たたら安慈恵羅
B・B・モフラン香川ツアーv0l.3 (10/19) 花楓
B・B・モフラン香川ツアーv0l.3 (10/18)
最新トラックバック
アロマ、ミュージックセラピー、気功、スイス[2012年07月07日(Sat)]
雨
雨模様の6日夜、日暮里駅を降り、御殿殿坂をのぼり、住宅地を抜けると
スイスの国旗、ログハウス   シャーレ・スイス・ミニ がありました。

バー

5月のブログで紹介した、アロマセラピスト長谷川記子先生が
お声をかけてくださった、交流パーティ。

右斜め上
中国人金龍澤先生、横浜で漢方薬局を経営、気功師でもあり、ケアマネでもある方。

右斜め上
自然医学博士で歯科医師でもある、志村則夫先生

多くの方が集い、和やかに交流

るんるん
私は、独製コロイのブロンズのトライアングル、スウェーデン製ペンタトニックライアー
フィンガーシンバル、チベッタンベルを持参
みなさんと、ちょっと音で遊びました。

金先生の背後で、トライアングルを鳴らし
先生が気功を見せてくださる  
この 初めての体験も。

穏やかな、強さを秘めた 先生でした。
初めてお目にかかった、漢方薬のルーツの方でした。

ぴかぴか(新しい)
ブロンズの明るく、軽い響きが 先生の全細胞に響き渡り
振動している様が、よく見えました。

”音に助けられましたよ” と おっしゃいました。
”これは 滅多に見せないのですけれど…  とも。

オーナーのジニーさんのアルペンホルンの演奏もあり
エーテル体などのお話も。

ライアーのカタチが 松果体 と。

最後は、ジニーさんのチャントでしめくくり。

スピリチュアルというと、精神 心の奥のみと
とらえられがち。

医療の中のアロマは、しっかりと科学的根拠を持ちます。

我々音楽畑にとっては、どの楽器を用い、どう作用させるか
これも ”科学”です。

こうしたことに、アフリカの太鼓がさらに加われば
大地とより深くつながり、根源的な活力を生む と
確信した夜でした。


おいしいワインとラクレットと共に。

Posted by たたら康恵 at 16:32 | ミュージックセラピー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/musicatutti/archive/251

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
プロフィール

たたら康恵さんの画像
たたら康恵
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/musicatutti/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/musicatutti/index2_0.xml