CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« NPOとは? | Main | B・B・モフラン2012香川ツアー »

<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
向井 登子
ムジカ★information (06/18) すずかけの実
モフラン☆ムジカIN東久留米 (12/15) ELU
★取材★ (07/26) 上田
B・B・モフラン&ムジカトゥッティ12月vol.1 (12/12) 小野 めいこ
B・B・モフラン・ムジカトゥッティ仙台7月vol.2 (07/29) gyoshin
交易の新たなカタチ (07/07) wakayama
街のなかのアフリカ 大学のなかのアフリカ (06/06) 緑水亭若女将 高橋知子
音楽とは? (12/18) たたら安慈恵羅
B・B・モフラン香川ツアーv0l.3 (10/19) 花楓
B・B・モフラン香川ツアーv0l.3 (10/18)
最新トラックバック
国際教育、グローバルeducation[2012年02月18日(Sat)]
炎
昨年12月の 明星大学国際コミュニケーション学科菊地ゼミ
アフリカフェ

後列左の外国人は、学内国際語学センターの客員講師
ビル・ブツィアディス先生
トロント大学からいらした方で、ルーツはギリシア




      ムジカトゥッティのプロジェクトに賛同され、一緒に何かやろう! という話に。
    大学内でのワークショップ、全国学会でのワークショップ、言語とリズムをコラボさせた
    ワークショップetc. 構想はどんどんふくらんでいきます。

ニューヨーク大学のクライブ・ロビンズを筆頭に、今、世界をリードする音楽療法士のカナダのコリン・リー、国外の講師陣は、みなフレンドリーで、話は核心からスタートしますが、日本では、なかなか……

このビル先生もまた、核心からのスタートでした。たまたまこのアフリカフェの帰途、モノレール駅で、私たちは遭遇し、モフランさんとも30分もの立ち話!

子育て支援、教育、音楽療法…  書物を通して出会ってきたカナダ、今後はビル先生とのコラボによって、さらなる発展が見込めそうです。

仙台プロジェクトにも賛同、ぜひ同行したい と。日本人の企画、アフリカ人とのコラボ、それをリサーチするカナダ人、面白い展開になりそうです。

学際性 と日本では言われますが、実際は縄張りと枠 がとても強いのが実態。しかし人間が多様で複雑、そしてシンプルである以上、様々な分野がコラボしなければ発展は見込めない。専門的な立場から、いかにグローバルに発展できるか が 日本の未来を決定する といっても過言ではないでしょう。

明星大学で、教育学部からのスタートが人文学部へと拡がり、アフリカ、カナダと拡がってきました。若い学生たちをこのグローバルeducationの渦に取り込み、共に成長したいと願います。

Posted by たたら康恵 at 12:26 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/musicatutti/archive/195

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
プロフィール

たたら康恵さんの画像
たたら康恵
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/musicatutti/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/musicatutti/index2_0.xml