CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ムラタリアム

明治大学商学部村田ゼミナール第12期ゼミ生によるサークル。
3年後あたりから『ムラタリアム』というサークルで、音楽やイラストで参加しようと考えている。現在全員今年で社会人一年生となるが、伊藤雄二だけ留年が決定。再度、就職活動に励み中。
ブログ内容は主にイラストや音楽のことになるかと思われる。
それまでは、ただただ日常を記すだけの日記になるかと思われますのでご注意を!!


プロフィール

明治大学商学部村田ゼミナールさんの画像
無料カウンター https://blog.canpan.info/murataseminar/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/murataseminar/index2_0.xml
<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
渡部
久しぶりに (06/29)
茅根
もんじゃ初体験! (05/23)
渡部
青少年ネット規制法案 (04/24)
渡部
IT業界への就職について (04/18)
茅根
IT業界への就職について (04/18)
渡部
第1回 本を議論しよう (12/05)
渡部大樹
こんにちは! (12/02)
村田 潔
こんにちは! (12/01)
最新トラックバック
青少年ネット規制法案 [2008年04月23日(Wed)]
こんばんわ、伊藤です。今日は「青少年ネット規制法案」について触れたいと思います。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/computer/juvenile_internet_regulation/

 よくニュースで聞くネットの普及に関する問題は、児童ポルノ、いじめ、暴力表現などであるが、青少年に対して祖それらを規制しようとのことである。それぞれにそれぞれの問題点があって、それを防止するために規制しようというのは正しい意見である。
 だが、「規制をかける」ということに対して問題が生じてしまうことが問題だ。

 フィルタリングすることによってそういったサイトによる被害はおさえられるが、全く無害(例えば、いじめで検索すると悪質サイトはフィルタリングされるが、同時にいじめ報告書などのサイトもフィルタリングされてしまうなど)なサイトまでフィルターが掛かってしまうなどがある。


 僕としては、このように規制をかけることは勿論大切だが、それよりも大切な情報を正確に取捨選択できる人間になって欲しいということです。 
 関係ない話ですが今日僕はコンビニで子供に足を踏まれました。だけど、謝られませんでした(気付いていないだけか?) 

 子供の間で起こるネット問題は、ネットの普及だけではなく、教育など、違う背景もあるのだと思います。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
どこからが有害でどこからが無罪なのか。
線引きはどうするんだろうね。
それに青少年にとって有害なものが全ての人に有害かどうかも分からないし。
Posted by:渡部  at 2008年04月24日(Thu) 23:51