• もっと見る

ムラタリアム

明治大学商学部村田ゼミナール第12期ゼミ生によるサークル。
3年後あたりから『ムラタリアム』というサークルで、音楽やイラストで参加しようと考えている。現在全員今年で社会人一年生となるが、伊藤雄二だけ留年が決定。再度、就職活動に励み中。
ブログ内容は主にイラストや音楽のことになるかと思われる。
それまでは、ただただ日常を記すだけの日記になるかと思われますのでご注意を!!


プロフィール

明治大学商学部村田ゼミナールさんの画像
無料カウンター https://blog.canpan.info/murataseminar/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/murataseminar/index2_0.xml
<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
渡部
久しぶりに (06/29)
茅根
もんじゃ初体験! (05/23)
渡部
青少年ネット規制法案 (04/24)
渡部
IT業界への就職について (04/18)
茅根
IT業界への就職について (04/18)
渡部
第1回 本を議論しよう (12/05)
渡部大樹
こんにちは! (12/02)
村田 潔
こんにちは! (12/01)
最新トラックバック
第四回本議論 [2008年01月06日(Sun)]
みなさん明けましておめでとうございます。
村田ゼミ渡部です。
今年も村田ゼミをよろしくお願いします。

新年一発目は前々回の続きで佐々木俊尚氏の『ネット未来地図』について。
今回のテーマはGoogleです。

まずGoogleとはどんな会社なのか?
Googleは1997年に検索エンジンの会社として設立しました。
2002年には検索エンジンと連動した広告「アドワーズ」をスタートさせます。
これはユーザーが検索キーワードを入力すると、通常の検索結果とは別にキーワードに関連した広告が表示されるというものです。
Googleはこの「アドワーズ」とサイトの内容に即したバナー広告を配信する「アドセンス」(右にあるのがそれです)の二つの新しいモデルの開発で一気に収益を伸ばしていきます。

そして、今やGoogleは「検索」だけではなく、GmailやGoogle Earth、Google Maps,Google Analyticsなどのプロダクトも無料で提供しています。
現在もGoogle Labsでは多くのプロダクトが開発されており、ついにウェブブラウザ(Google Gears)まで公開されました。
これらはすべてGoogleの「世界中の情報を整理し、誰もが簡単にアクセスし、利用しやすいようにする」というコーポレート・ミッションに基づいています。

Googleがこの手のサービスを提供し、それがヒットしたとなると苦しくなるのがマイクロソフトです。以前だとメールやワープロなどのアプリケーションはウィンドウズでしか動かないものであったのに対し、今ではOSがウィンドウズであろうとなかろうと、インターネットさえできれば良いものとなってしまったということです。

と、ここまで見るとGoogleという会社かなりイケイケな感じですが、最近はGoogle Labsからも先進的なサービスは生まれておらず、その上そのラインナップを増やすための企業買収(You tubeなど)からも手詰まりの感が伺えます。
もし、Googleが企業買収だけでサービスを拡大させていった場合、それは完全に先進的サービスが生まれなくなったことを意味します。
マイクロソフトの時代からGoogleの時代へと移りつつあったとしても、このようなことになるとすぐに新たな企業に取って代わられてしまうでしょう。


参考リンク:
CNET JapanよりGoogle Gearsについて
そのベータ版ダウンロードページ
本書で引用されたページ。ITmediaより「Google Videoにブーイングの嵐」
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント