CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 【終了しました 】海洋技術フォーラムシンポジウム「新たな海洋基本計画:海洋産業の振興と創出」を開催 | Main | <終了しました>平成29年9月12 日(火) 13:30-17:30  海洋技術フォーラムシンポジウム 〜第三期海洋基本計画への提言〜  »
プロフィール

海洋技術フォーラムさんの画像
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ラブカ (01/28)
月別アーカイブ
リンク集
(終了しました)2015年12月10日(木) 開催 海洋技術フォーラムシンポジウム [2015年11月02日(Mon)]
海洋技術フォーラムシンポジウム



 【本イベントは終了しました】

〜海洋資源開発分野への民間企業の参入を促進するために〜


海洋技術フォーラムでは、2015年12月10日(木) 13:00-17:10に東京大学 安田講堂 にてシンポジウム「〜海洋資源開発分野への民間企業の参入を促進するために〜」を開催いたします。

海洋基本法施行から8年、グローバルに成長する海洋石油・ガス、海底鉱物資源、海洋再生可能エネルギー、海洋科学技術研究開発などへの我が国民間企業の海洋開発分野への参入が進みつつあります。今回のシンポジウムでは、海洋資源開発分野への我が国民間企業のさらなる参入のために、どのような取組がなされているか、また、どのような対策が必要かについて、産、官、学及び政治の各分野からの専門家を招き、多面的に討議を行いました。


【開催概要】

日 時:2015年12月10日(木)13:00-17:10
会 場:東京大学 安田講堂 (文京区本郷7-3-1 東京大学内)
主 催:海洋技術フォーラム
共 催:国立研究開発法人 海上技術安全研究所
後 援:日本船舶海洋工学会
参加費:無料


<プログラム>
 当日配布プログラム program 1215.pdf


総合司会
海洋技術フォーラム幹事
内閣官房総合海洋政策本部参与会議参与 国立研究開発法人 海上技術安全研究所 フェロー 九州工業大学 社会ロボット具現化センター センター長
浦 環


13:00〜13:05   開会の挨拶
東京大学 理事・副学長 海洋技術フォーラム 幹事 大和 裕幸


13:05 〜13:15  来賓あいさつ
海洋政策担当大臣 島尻 安伊子


13:15〜13:55  講演@「海洋産業の振興・創出と 我が国排他的経済水域(EEZ)の 法整備の必要性」
参議院議員・元海洋政策担当大臣 山本 一太


山本氏講演資料 yamamoto.pdf


13:55-14:35 講演A「民間企業が海洋資源開発分野に参入するために」
東京大学 理事・副学長 海洋技術フォーラム幹事 大和 裕幸


大和氏講演資料 yamato.pdf


14:35-15:15 講演B「海洋石油・ガス開発への取組〜Made in Japan を目指して〜」

●東洋エンジニアリングは資源開発サービス大手の米国Baker Hughes社、ノルウェーの
Aker Solutions社と、海底資源開発で協業する。世界大手と組み、活発化する海洋分野の
競争力を高める。本講演では、三社がどの様に考え協業体制にて展開するかを紹介する。

東洋エンジニアリング梶@常務執行役員 資源エネルギー事業本部長 佐藤 弘志


佐藤氏講演資料 sato.pdf



15:15-15:30 休憩

15:30-17:00 パネルディスカッション 「海洋資源開発分野への民間企業の参入を促進するために」

パネルディスカッションのまとめ panel discusssion summary.pdf


モデレータ:海洋技術フォーラム幹事・国立研究開発法人 海上技術安全研究所 特別顧問 井上 四郎



パネリスト
自由民主党 総合海洋戦略小委員会 委員長 武見 敬三

武見氏資料 takemi.pdf

内閣官房総合海洋政策本部事務局 事務局長 加藤 由起夫

加藤氏資料 kato.pdf

石油資源開発株式会社 代表取締役副社長執行役員 石井 正一

石井氏資料 ishii.pdf

日本財団 常務理事  海野 光行

内閣官房総合海洋政策本部参与会議参与
日本プロジェクト産業協議会国家戦略課題委員会 海洋資源事業化委員会 委員長
横浜港埠頭株式会社 代表取締役社長
島 正之

高島氏資料 takashima.pdf

日本海洋掘削株式会社 代表取締役社長 市川 祐一郎

東京大学大学院工学系研究科 機械工学専攻 教授 荒川 忠一

荒川氏資料 arakawa.pdf

17:00-17:10 閉会の辞

海洋技術フォーラム幹事
内閣官房総合海洋政策本部参与会議参与
国立研究開発法人 海上技術安全研究所 フェロー
九州工業大学 社会ロボット具現化センター センター長
浦 環


【お問い合わせ(メールのみ)】
海洋技術フォーラム事務局 メールアドレス:ocntechf@gmail.com
Posted by 海洋技術F事務局 at 10:41 | イベント案内 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/mt-forum/archive/394