CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 海洋技術フォーラム特別シンポジウム講演資料 | Main | 【終了しました】海洋技術フォーラムシンポジウムのご案内 »
プロフィール

海洋技術フォーラムさんの画像
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ラブカ (01/28)
月別アーカイブ
リンク集
(終了しました)5月12日(水) 海洋技術フォーラム 海運−港湾−鉄道のシステムズイノベーションシシンポジウムのご案内[2010年04月02日(Fri)]
     
【終了しました】技術フォーラム シシンポジウム 
「海運-港湾-鉄道 の システムズイノベーション を考える」



海洋技術フォーラムはこのたび、東京大学 海運造船新技術戦略寄付講座を共催として 「海運−港湾−鉄道のシステムズイノベーションシシンポジウム」を開催いたします。

 港湾が国際海上輸送と内陸輸送の結節点として重要な役割を果たすことは言うまでもありません。特にコンテナ輸送に代表される物流においては海運・港湾・陸運が三位一体となって
シームレスな複合一貫輸送を実現することが、産業力強化、ひいては低環境負荷社会の実現に貢献します。
  本シンポジウムでは、今後鉄道の役割も重要になるという認識も踏まえ、海運・港湾・鉄道を総合的なシステムとしてとらえ、その将来像・システムズイノベーションについて考えていきます。 皆様、お誘い合わせのうえ、是非ご参加ください。

【開催要領】
・日  時 : 平成22年5月12日(水) 13:00〜17:30
・場  所 : 東京大学 本郷キャンパス 小柴ホール
・参加費  : 無料
・通 訳  : 日英の同時通訳がつきます
・主  催 : 海洋技術フォーラム
・共  催 : 東京大学 海運造船新技術戦略寄付講座

【プログラム】※今後変更する可能性があります。

総合司会:末岡 英利
13:00-13:10  挨拶  海洋技術フォーラム代表      湯原 哲夫

                              
13:10-14:00  招待講演  Principal of the Beckett Group   Jeannie Beckett
“Innovative Solutions to Freight Mobility in a Changing Environment"
   
14:00-16:40  講演
(1) 荷主から  「コンテナ物流の現状と低環境負荷への取り組み」
     キヤノン株式会社 ロジスティクスセンター担当部長   堀井 宣幸

(2) 海運から  「海運からみた 海運‐港湾‐鉄道 システムズイノベーション」
     日本郵船株式会社  渉外グループ         合田 浩之 

            <  休憩  10分  >

(3) 民営化ターミナルから  「名古屋港・港湾改革〜自働化・シームレス化への
                 チャレンジ」
      飛島コンテナ埠頭株式会社 相談役           内山 人司

(4) 鉄道から  「JR貨物 国内外一貫輸送に対する取り組み」
     JR貨物 ロジスティクス本部国際物流開発部長      吉澤 淳

(5) 大学から  「低炭素型シームレス物流の実現に向けて
           〜海運・港湾・鉄道への期待」
     東京大学 システム創成学専攻 特任教授         末岡 英利


16:40 -17:30  パネルディスカッション                       
海運・港湾・鉄道によるシステムズイノベーション実現への課題
パネリスト: 講演者, モデレータ 及び 総括: 湯原 哲夫


【シンポジウムチラシ】
こちらからダウンロードください。

program_final.pdf





【お申込み】
定員に達したため、申し込みは終了いたしました。ありがとうございました。



当日配布資料の郵送をご希望の方、お問い合わせは ocntechf@gmail.com までご連絡をお願いします。
Posted by 海洋技術F事務局 at 18:58 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/mt-forum/archive/383
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント