CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 海洋技術フォーラムシンポジウム講演資料(付録) | Main | 海洋技術フォーラム特別シンポジウム講演資料 »
プロフィール

海洋技術フォーラムさんの画像
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ラブカ (01/28)
月別アーカイブ
リンク集
海洋技術フォーラム特別シンポジウムのご案内[2009年11月04日(Wed)]
※ プログラムが更新されました(11月26日更新)
※ 申込書ファイル(pdf版)も準備しました(11月19日更新)
※ 申込書ファイルのリンク先を修正しました(11月11日更新)
※ 講演の順番が変更になりました(11月10日更新)
※ 時間が変更になりました(11月5日更新)

●平成19年7月に海洋基本法が施行され、それに基づき平成20年3月には海洋基本計画が閣議決定されて一年半、海洋政策は省庁の枠を超え、ダイナミックに展開されていると言えるでしょうか。

●本シンポジウムでは、新たな政策展開が行われているこの機会をとらえ、「海洋国家構想に基づく新しい海洋政策の展開」をテーマに、今一度、海洋基本法の理念に立ち返り、真の海洋立国を実現するため、どのような海洋政策が求められているのかについて、広く議論したいと思います。

●皆様、お誘い合わせのうえ、是非ご参加ください。

・日  時 : 平成21年12月2日(水) 13:00〜18:10
・場  所 : 東京大学 安田講堂
・参加費 : 無料
・主  催 : 海洋技術フォーラム
・共  催 : 東京大学海洋アライアンス
・後  援 : 海洋政策研究財団

●プログラム及び参加申し込みは、以下からダウンロードできます。

program_4.pdf

registration_0.doc

registration_0.pdf





プログラムは今後変更の可能性がございます。順次最新情報に更新してまりますのでご了承ください。

●プログラム詳細

1.開会挨拶 ・・ 13:00-13:10
海洋技術フォーラム 代表 湯原哲夫
東京大学海洋アライアンス 機構長 浦環

2.来賓挨拶 ・・ 13:10-13:15
衆議院議員 海洋基本法フォローアップ研究会 代表世話人 高木義明

3.基調講演 ・・ 13:15-14:00
海洋国家構想に基づく新しい海洋政策
海洋政策担当大臣 前原誠司

4.パネルディスカッション ・・ 14:00-15:20
テーマ:新海洋政策のもと具体的展開は如何にあるべきか 〜海洋新産業育成に向けたロードマップ〜
モデレータ:海洋技術フォーラム 代表 湯原哲夫
パネリスト:
衆議院議員 海洋基本法フォローアップ研究会 世話人・座長 細野豪志
衆議院議員 海洋基本法フォローアップ研究会 世話人・共同座長 大口善徳
衆議院議員 海洋基本法フォローアップ研究会 世話人・共同代表 中川秀直
内閣官房総合海洋政策本部 事務局長 井手憲文
(社)日本プロジェクト産業協議会 海洋資源事業化研究会 主査 高島正之
新日鉄エンジニアリング株式会社 代表取締役社長 羽矢惇
日本風力開発株式会社 代表取締役社長 塚脇正幸
(独)水産総合研究センター 顧問 松里壽彦

休憩 ・・ 15:20-15:30

5.講演 ・・ 15:30-18:00
(1) 排他的経済水域の総合開発構想
(独)海上技術安全研究所 理事長 井上四郎
(2) 海底鉱物資源開発の早期実用化による資源セキュリティの構築
東京大学 エネルギー・資源フロンティアセンター長 玉木賢策
(3) 海洋食料自給システムの構築 〜新産業への道筋〜
(独)水産総合研究センター 研究推進部長 和田時夫
(4) 低炭素社会実現のための海洋新産業
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 教授 尾ア雅彦
(5) 海洋科学技術とイノベーション
(独)海洋研究開発機構 理事 平朝彦

6.総括 ・・ 18:00-18:10
海洋技術フォーラム 世話人 大和裕幸


以上
この記事のURL
https://blog.canpan.info/mt-forum/archive/381
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
上記申込み用紙がきちんと表示されません。修正願い度。
Posted by:日本船主協会  at 2009年11月19日(Thu) 11:27