• もっと見る

2014年02月26日

先生×ママコラボランチ会

主催者(私・藤岡ですが…)の次男インフルエンザによるドタキャンで延期になった『先生×ママコラボランチ会』が、本日無事に行われました〜♪
(山口市大内御堀のカフェ「nanten」さん、長時間に渡ってお騒がせしました〜)

1922540_280475802110369_1084050323_n.jpg

現在山口大学で特別支援の研修に入られている小学校特別支援学級、特別支援学校、高校の現役教諭5名の方と、自閉症の子を持つママたち6人が参加してくださいました。

よくよく考えてみると…

先生方と保護者の関わりなんて、保護者会、三者面談、家庭訪問ぐらい。
しかも、わが子の授業態度がどうのこうの、学習状況がどうのこうの、ぐらい。
現役の先生たちと私たち保護者がわが子のことだけではなく、特別支援や今の学校の現状などについて意見を交わす機会など滅多にありません!

そんな貴重な、いつもとはまた違うお話が聞けて生の声が聞けて裏話や本音が言えるランチ会。
特別支援を勉強されている先生方の思いと母たちの思いが交わり、情報はもちろんですが、笑いあり、涙あり、ランチ美味しい♪と、得るものがホントにたくさんあった3時間半でした\(^-^)/
●まずは藤岡エセ講師によるサポートブック作成体験談

先生方から「サポートブックについて教えてほしい!」というリクエストがあり、僭越ながら私がサポートブックについてお話させてもらいました。

サポートブックを作った経歴や、作る上で大変だったこと、作るに当たり心配だったことなど…
そして、私の作ったいろんなサポートブック(学校提出版、幼稚園版、簡易版、アルバム版、フォトブック版など)を見ていただきました。

サポートブック歴.jpg

そこで、思いもよらぬことが発覚!!

「これがサポートブックかあ〜すごい!」

ええ〜っ!?先生方初めて見たのっ!?
先生方は研修の中で初めてその存在を知ったという方がほとんど。
私はサポートブックの啓発をと思っているのですが、まさか先生たちが知らないとは思ってもみなかったというのが本当のところでした。
ああ、カルチャーショック…でも、ここでサポートブックが知ってもらえたので、これからどんどん広がっていくといいなと思います!


●5人ずつぐらいに分かれてのおしゃべりタイム

サポートブックについての質疑応答などから盛り上がってきたところで、半々に分かれて「合コン」開幕(笑)
自己紹介シートで軽く自己紹介をし、先生方&保護者へお互いに聞いてみたいことをグループで話し合いました。もちろん、どの先生ともお話できるように途中席替えありで♪


高校の特別支援の先生がおられたので、高校でも特別支援は受けられるのか、これから通るであろう中学や高校進学はどうなっていくのかなど気になることを聞いたり。

サポートブックがあると、鍵がかかるところに保管するようになる「個別支援計画」よりも柔軟に使えるし、まだ知らない時(入学前など)に十分読んでおくことができなくとも、もらっておくだけであのときはどうだったっけ?と確認することができるから安心して支援ができる、との声も。

また、先生方が研修中に行かれた就労支援事業所や特例子会社のことをお聞きしたり。
そこで聞かれたというお話を聞いて、涙を流す私たち保護者…
とっても濃くて感慨深いランチタイムとなりました。



「ええっ?もう14時!?」

あっという間にお開きの時間…いつもですが、早すぎっ!(笑)


今回、先生方とじっくりお話をし、子どもたちへの愛情を感じ、こんな先生なら息子を任せたいと思う方ばかりで、教師という「任務」以上の思いを持って取り組んでおられる姿勢に頭が下がるばかりでした。

私たち保護者はこのよき理解者である先生方としっかり連携をとり、子供たちを支援していかないとな、と改めて思いました。


そして、毎度のことですが…

いろんな方面の方とつながることって大事だなあ
ここからまた新しい情報が入ることで息子のために役立てばいいなあ
またここから新しくつながっていって、いろんな方に自閉症のことを知ってもらいたいなあ


と思う私なのでした。

今回ご一緒した先生方は来年度からは各学校へ戻られ、通常の多忙な学校業務へ戻られます。
なので、今回でこのような先生とのランチ会はおそらく最後になります。
本当に貴重な会でした。先生方、ありがとうございました!
(時間さえあえばまたお話ししてくださいとは言ってますが…♪)

今日の新しい出会いに感謝、そしてこの素敵なつながりのきっかけをくれたママかんフリーカフェに感謝です!
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
/*ブログカスタマイズ サンプル用*/ h3.title_new{ color: #6594e0;/*文字色*/ border-bottom: dashed 2px #6594e0; /*線の種類(点線)2px 線色*/ }