• もっと見る

«【ご報告】第一期多文化スクール 第4回を開催しました! | Main | 【ご報告】第一期多文化スクール 第6回を開催しました。»
Select Your Language

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/mrc-t/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mrc-t/index2_0.xml
【ご報告】第一期多文化スクール 第5回を開催しました! [2014年04月26日(Sat)]

4月23日(水)に第一期多文化スクールテーマ別講座「難民」を開催しましたぴかぴか(新しい)

今回の講師はミャンマー(ビルマ)出身のアウンココウーさん。
来日前のミャンマーでの生活、日本でのオーバーステイの経験、難民申請の厚い壁、現在の日本での暮らしやミャンマーの状況についてお話してくださいました。

IMG_3053.jpg

ところで皆さん、日本国内で毎年難民申請をしている人が何名いるか知っていますか?
昨年は66カ国3260人の方が申請していますが、難民として認められた方は6人(法務省入国管理局「難民認定者数」より)しかいません。
アウンココウーさんも難民申請という厚い壁を乗り越えることができませんでしたが、在留特別許可が下り、現在は安定したビザを取得し生活しています。そのおかげで、数年前に離れて暮らしていた奥さんとお子さんを日本に呼び、「今は家族一緒にいれるだけで幸せ」と語るアウンココウーさんの笑顔が心に残りました。

後半のワークショップでは「日本語を勉強したいのに日本語教室に通う事ができない人へどうしたらよいか」「日本語を勉強しようとしない人へどうしたらよいか」というテーマで参加者同士が意見を出し合いました。

IMG_3064.jpg

講座を終えた皆さんの感想をお届けします。
○難民の方のお話は初めて聞いたので、どれも強い印象でしたが、本当に自分の力で生き
抜いてきたんだなと感じました。
○近所の方とも仲良くしている アウンココウーさんのコミュニケーション能力、独学で取
得した日本語力の高さにはすごいと思いました。

第一期多文化スクールでは今回のようなテーマ別講座が充実していますかわいい
5月のテーマ別講座のゲストには「外国につながる若者」、「外国人パパ&ママ」、「ムスリム」の方々をお呼びします
他の講座ではあまり聞くことのできない当事者の皆さんの声をぜひこの機会に聞いてみるのはいかがでしょうかわーい(嬉しい顔)
皆さまのご参加お待ちしていまするんるん
     
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント