• もっと見る

«6才になりました。 | Main | 【Informacion】Escuela Latina en Nagoya UNIVERSIDAD DE NANZAN»
Select Your Language

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/mrc-t/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mrc-t/index2_0.xml
第1回「多文化ゼミ」を開催しました。 [2013年10月10日(Thu)]

今年は例年以上に、ボランティアやインターンとして当団体の活動に参加してくれる方がいて、本当にうれしく思っています。

でも、普段はニュースレターだったり、調査事業だったり、事務作業だったりと、取り組んでいることも人それぞれだし、活動時間もバラバラで、なかなか顔を合わせる機会がない・・・

せっかくみんな「多文化共生」に関心をもって参加してくれてるんだから、もっと“仲間”のつながりを強めたい!お互いに刺激しあって、知識もスキルも高めていきたい!


そんな気持ちから企画した、“多文化ゼミ”。
各自が興味関心のあることを話して、みんなで気軽にあーだこーだとおしゃべりする会。
10月4日、記念すべき第1回は、大学3年生コンビ(?)のSさんUさんからスタート!

003.JPG



― やってみた感想は?

Sさん:
私の発表テーマは、「外国籍の子供の教育について」でした。
公立学校に通う外国籍の子供が不就学に陥る原因と日本の教育システムについて調べてきたのですが、その中で私は、「外国籍の子供に義務教育を課すべきか」という疑問を持っていました。彼らに義務教育を課せば教育は今以上に保障されますが、一方で同化が強まるのでは?という疑問です。
しかし、皆さんと話し合いをしていくうちに自分の中のモヤモヤが無くなりました!
沢山の人と話すことで色んな考え方を知り、視野を広げて問題を見つめることができました。

Uさん:
何を話そうかすごく迷いましたが、『私』というタイトルで発表をさせて頂きました!
内容は、私が日本に来たルーツや、興味関心・学んでいるものについて発表しました。
日本は外国人にとって住みやすい国なのか?という私の中にある大きな疑問を参加者全員で話し合ったり、新しい意見が聞けたりと、楽しくて勉強できる時間を過ごすことができました。普段は、外国人にばかり聴いていた質問だっため、日本人の意見が聞くことが出来て、新たに新しい目線から考える事ができました。
また、義務教育や日本に同化する話、などたくさんの話題についつ話すことができました!
私自身、この多文化ゼミでまた新たな交流もでき、さまざな方から意見が聞けて、とてもいい経験ができました。


お二人とも、話題提供をありがとうございました。
今後、月イチペースで開催していきます。
参加してみたーい!という方は、今すぐリソースのボランティア登録を!わーい(嬉しい顔)
     
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント