• もっと見る

«夏のお休み | Main | 知多市「多文化共生サポーター講座」に参加しました»
Select Your Language

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/mrc-t/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mrc-t/index2_0.xml
「ゆめマダン」訪問記 [2013年08月30日(Fri)]

去る8月23日、東海市にあるデイサービス「ゆめマダン」さんにお邪魔しました。

001.JPG


こちらは、NPO法人コリアンネットあいち(名古屋市)さんが運営されるデイサービスの一つで、「いこいのマダン」(名古屋市北区)、「せとマダン」(瀬戸市)に次いで2010年に東海市に開所されました。

当日は、まず関係者の方に在日コリアンの歴史についてお話を伺いました。
その後、昼食をご一緒したあとで、レクリエーション(ソフトドッヂボール)をしたり、パッピンスという韓国のかき氷を作って食べたりしました。その間も、利用者の方々にいろいろなお話をお聞かせいただきました。
参加した学生インターンの感想をご紹介します。

(インターンNの感想)
ゆめマダンを訪問させていただいて、もっとも印象的であったのは、なんといっても利用者のみなさんのお元気さでした。
みなさんとっても明るく、朝鮮語や日本語で懐かしいうたを歌っては踊り、施設内には笑顔と笑い声が溢れていました。日本人利用者が大半を占めるデイケアセンターでは馴染めずに、ゆめマダンを利用するようになったという利用者さんもいるなかで、(ここは利用者のみなさんにとって、大切なコミュニティになっているのだなぁ)と感じました。


(インターンUの感想)
昔の日本と韓国・朝鮮の関係や、在日している韓国人・朝鮮人の生活、恋愛、仕事などについての話を少し聞きました。今では、想像できないほど辛い時代を暮らした韓国人・朝鮮人の話はとても胸が痛みました。それと同時に、私が日本に来た当初の話や、祖父がペルーに移民した時のことを想像したり、自分と重なる所があり、忘れてはいけない体験をしました。
利用者さんとは、ご飯を食べたり、バレーをしたり、ハングル文字を教わったり、カラオケしたりと、とても楽しい時間を過ごしました。みなさん、とても元気で、中には100歳にもなる方がいました。ゆめマダンさんに行く機会を頂いて、本当によかったです。
また、韓国人・朝鮮人だけではなく、ブラジル人、ペルー人といった方々が利用できるゆうなデイサービスがあればいいと思いました。


006.JPG



見学を受け入れてくださった「ゆめマダン」のみなさま、NPO法人コリアンネットあいちのみなさま、ステキな機会をありがとうございました!わーい(嬉しい顔)
     
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント