• もっと見る

«イギリス視察報告会 in 仙台 | Main | イギリス視察報告会 in 名古屋»
Select Your Language

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/mrc-t/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mrc-t/index2_0.xml
第1回「地域日本語教育基盤整備支援事業」mtgを開催しました [2013年05月28日(Tue)]

 今年度より、愛知県に住む外国人住民が日本語を習得し、生活上の「言葉の壁」を乗り越えられるようにするため、日本語教育環境を整備することなどを目的とした「地域日本語教育基盤整備支援事業」に取り組んでいます(あいちモリコロ基金助成事業)。

004.JPG

 この事業は、主に地域の日本語教室が、今まで以上に外国人住民のニーズに応えられるようになるために、必要な情報を提供したり、日本語教室やボランティア同士のノウハウの共有などを円滑にできるようにしたりすることを目指しています。

 先日、同事業に携わるスタッフが集まり、第1回ミーティングを開催しました。事業の手始めとして、地域の日本語教室に通っている外国人と通っていない外国人を分けて、彼らの学習状況やニーズを把握するための実態調査を行います。今回のミーティングでは、スタッフ初顔合わせの後、実態調査についてワークショップ形式でアイデアを出し合いながら、大枠での内容をまとめていきました。

 スタッフはそれぞれ日本語教育や外国人児童生徒の支援を経験しており、共通の問題意識や視点を持っているため、お互いに「あ〜、そうそう」と共感したり、各々の経験に基づいた疑問点が出たりして、いま日本語教室を開いている私自身にも気づきの多い時間でした。外国人住民に聞いてみたいことがたくさん出てきたので、次回のミーティングではそれを実際に調査できる形にコンパクトにしていく予定です。また、日本語教室関係者等へのアンケート&ヒアリングも予定しています。

 今回のミーティングで、いよいよ具体的な活動がスタートを切りました。この事業を通して、地域の日本語教室が外国人住民にとってよりよいものとなり、ボランティアにとってもより充実した活動ができる場になるよう努めていきたいと思います。わーい(嬉しい顔)
     
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント