• もっと見る

«連続セミナーに追加後援をいただきました(2) | Main | 【予告】 第3回 知られざる難民の実態 〜ビルマ人の闘い〜»
Select Your Language

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/mrc-t/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mrc-t/index2_0.xml
edge進捗状況 [2008年11月21日(Fri)]

現在、edge第3次審査に向けて着々と準備を進めているところです。
主催セミナーや年度末のイベント準備などと並行してやっているので、
か・な・り大変です。。。汗

でも、一つ一つの活動から、確実に学び成長している個々とグループを実感できているのは何よりうれしいこと。笑顔
今日はそんな最近の活動状況をお知らせします。


edge第3次審査で提出する成果物を作成するために、今週からヒアリング調査を行っています。

対象者は、ふだん外国につながる子どもたちを支援しているさまざまな立場の方(=外国人児童生徒サポーター)です。その方々に、子どもたちへの進路(進学・就職)指導の現状と課題についてお話を伺い、ニーズを成果物に反映させようというわけです。

今週は、小・中学校の語学相談員の方と、日本の公立小学校に子どもを通わせている外国人保護者の方にヒアリングしました。

前者からは、子どもたちに正確な情報を提供する機会がなかなかもてないことや、学内外の人とうまく連携して指導にあたることの難しさを、後者からは、正確な情報を得る機会がめったにないことや、日常的に情報を得るための手段さえわからないことをお聞きし、あらためてこの問題の複雑さを感じました。
情報を “ほしい人” と “あげたい人” がいるのに、それができていないのはナゼなんでしょうか。。。((+_+))??


今後は、小学校/中学校の先生、日本語指導員、子ども支援のNPOスタッフ、外国人学校のスタッフといった方々にヒアリングを行う予定です。
それを通じて、よりニーズに応えられる成果物をつくることはもちろんですが、関係者のみなさんとのつながり(信頼関係)を築いて、地域に愛される組織づくりに励んでいきたいと思います!ラブ
     
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント