• もっと見る

«【募集締切】多文化共生実践活動支援事業コーディネーター | Main | 【募集】多文化共生実践活動支援事業スタッフ»
Select Your Language

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/mrc-t/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mrc-t/index2_0.xml
愛知県青年のための寺子屋塾2010Aに参加しました! [2010年09月13日(Mon)]

こんにちは、杉本です(^0^)!

私は9月9日に「愛知県青年のための寺子屋塾2010」に参加してきましたまる

今回は第二回ということで前回一緒に食事をした留学生の子達と日本人学生を交えて「多文化共生」について話し合いをし、チームで発表をしました。

私は、スタッフ側として皆が話し合いをしているところを写真を撮ったりしていたのですが、多文化共生を阻む3つの壁(言葉、文化、制度)をどのようにしていけば改善するのかなどたくさん考えさせられました。

私が一番考えさせられたのは、留学生の子達は日本人は他人に無関心で、冷たい人だと思っているということです。また、その子の国では知らない人でもバスの席が隣になれば会話をするというエピソードを聞いてそんなフレンドリーさは日本人は持っていないから冷たいと感じたのかなーと考えさせられたと同時に驚きました。

私は二日目からの参加でしたが、それぞれ違う大学から多文化共生に関心のある学生が集まって真剣に話し合っているのを見てとてもうれしい気持ちになりましたラブ

こういった草の根の活動に私もどんどん参加していきたい!と感じました炎

一方で、スタッフ側としては何ができていたのだろう、、と少し後悔しています悲しい
次回チャンスがあればもっともっと積極的に何かアクションを起こせたらと思います!
     
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント