• もっと見る
であう・つながる・もちよる・ささえる

~様々な支援団体や支援者のつながりが
   社会を支える力になりますように~

« 2012年09月 | Main | 2012年11月 »

プロフィール

草の根ささえあいP×起業支援ネットさんの画像
草の根ささえあいP×起業支援ネット
プロフィール
ブログ
<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新コメント
https://blog.canpan.info/motiyori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motiyori/index2_0.xml
タグクラウド
(名古屋・尾張)第3回「困りごとから連携の方法を探る」ワークショップ[2012年10月26日(Fri)]
10/13(土)に、
「できることもちよりワークショップ&支援チーム立ち上げプロジェクト」名古屋・尾張地区の第三回セッションがウィルあいちにて開催されました。

入り口では恒例の会場調査を。
”困りごとに対して提供できる支援”というテーマで、「支援していること」を赤シールで、「つながりたい分野」を黄色シールで貼っていきました。

nagoya101301.jpg

提供できる支援、つながりたい支援、両方のシールが多い「仕事」や「社会参加」の分野は、これから連携していく可能性が出てきそうですね。

まずはアイスブレイク。
40人もの人が大きな一つの円に。これからなにをするのでしょう??
_045.jpg

答えは、大自己紹介大会でした。
いくつかのものを手渡しながら自己紹介が進みます。
大盛り上がりすぎてみんな走っています…!!
_065.jpg

熱気に満ちた自己紹介が終わった後は、今日のセッション本編です。
「あなたやあなたの支援団体が、現在解決に困っていて、
ここにいるみなさんと解決したいケース」について、思いついた人から書き、参加者の前で発表してもらいます。

_155.jpg

_154.jpg

テーマが出そろったところで、ケースを出した人はケースについて困っていることを書いた「ヘルプカード」をつくります。

_178.jpg

たとえば、高齢の両親と同居していて精神疾患をお持ちの方がいる。本人は特に困っていないが、両親が買い物など負担に感じており…
というケースに対しては、

*ヘルパーは数ヶ月先といわれているが、どう家事負担を軽くすればいいか。
*両親は社会参加させたいが、本人はその気がない。どうすれば。
というヘルプカードが。

ヘルプカードを出した後は、それぞれブースにわかれ、ブースに訪れた参加者とともにヘルプカードの解決策について考えます。
_285.jpg

_243.jpg

テーマが興味深くて、思わずひとつのブースに立ち止まってしまう人がいるほど、それぞれの方が出されたテーマは、とても印象深いものでした。

最後に、ケースを出した人の周りに集まり、ケースを出した人が明日からの次の一歩をどうしようと考えるグループワークを行いました。

IMG_0418.JPG

ブースを出した参加者の方からは、
似たようなテーマで困っている団体が自分の団体以外にもあることに気づいた、という声や、
次の一歩として紹介された人に連絡を取ってみます、
次に行う支援の方向性をこうしたいと思います、
などという具体的なアクションのコメントも聞かれました。

IMG_0432.JPG

後日聞いた話ですが、
この名古屋セッションで連絡先をかわした人と、早速連絡を取り、今度会うことになりました、
という動きがあったり、以前よりリファーしやすくなったなど、小さな連携の芽も生まれかけているようです。

今回で、名古屋セッションは全3回終了です。
セッションを追うごとに、緊張がとけ、
意見を出し合うときも意見が活発に出たり、
名刺交換している人が増えてきているなど、
顔見知りが増え、安心な場ががつくられてきている印象をうけました。
名古屋セッションにご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

名古屋セッションは終了しますが、「できることもちよりワークショップ」は「支援立ち上げプロジェクト」へとフェーズを移し、これからも続いていきます。
支援立ち上げプロジェクトのはじめの一歩として、 11月に”生活支援戦略”の勉強会を開催予定です。
また支援者が相談できやすい場所づくりも企て中。
どうぞ、ご期待ください。

それでは、名古屋・尾張地区のみなさま、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

(草の根ささえあいプロジェクト 上原)

Posted by 草の根ささえあいP×起業支援ネット at 18:15 | 名古屋・尾張地区セッション | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

(西三河地区)第2回「深く知り合い・広く共有する」ワークショップ[2012年10月06日(Sat)]
9/30(日)に、
「できることもちよりワークショップ&支援チーム立ち上げプロジェクト」西三河地区の第二回セッションが、刈谷市総合文化センターアイリスにて開催されました。

台風17号.jpg

折りしも台風17号の三河地方上陸で、開催が危ぶまれる中、開始時刻にはまだ暴風警報が発令されていなかったため、
半ば強引に決行しました。
そんな悪天候にも関わらず、たくさんの皆さまにおいで頂き、本当にありがとうございました。

まずは恒例の入口での会場調査。

IMG_5069.JPG

第2回会場調査.JPG

内容はこちら→https://blog.canpan.info/motiyori/archive/11

他会場と比べると、病院関係や行政からご参加頂いている方が多いので、
「病気」「申請・手続き」に緑シール(実際に支援をしている)が多く見られます。

そして、草の根ささえあいプロジェクトの渡辺からご挨拶とお礼をさせて頂いた後、

IMG_5071.JPG

アイスブレーク。
本日のお題は、名古屋・尾張地区、東三河地区に引き続き、
「生まれてから今までで、あなたが人から支援をされて、一番うれしかったエピソードを話して下さい」でした。

IMG_5074.JPG

いつも人を支援している人達が、自分が支援された経験を話すことは、新鮮に感じられた、というお声を頂きました。

一気に場が和んだところで、いよいよメインワークスタート。
日頃、参加者のみなさんが解決に取り組まれている支援のテーマごとに、
「仕事」「社会参加」「住居・居宅」「訪問・同行」の4つのグループに分かれて頂き、
グループインタビューです。

IMG_5084.JPG

順番に一人ずつ、2分程度の簡単な自己紹介をした後に、グループの方からインタビューを受けるのですが、
このワーク、ある簡単なルールを設けてあります。

そのルールとは、
1.批判をしない。
2.質問はひとり1回1問のみ。

質問する、それに答える、次の人が質問する、また答える、といった具合に繰り返します。
それを時間の限り、二巡三巡と。
単純なインタビューのようですが、他人から次々と質問をされてそれに答えるうちに、
自分で自覚して行っている支援だけではなく、
無意識のうちにやっているけど、他人から見ると「おっ!」と思われるような支援方法や技が飛び出してくる、という仕掛けです。

これは、PCAGIPという手法にヒントを得て、今回のワークショップに導入したものです。
(PCAGIPについてはこちらの成田有子さんのブログをご覧下さい。https://blog.canpan.info/yukonarita/archive/358

インタビューの後は、聞き取った内容の中から、他のグループの人にも紹介したいと思った支援方法を黄色い付箋に記入し、貼り出していきます。

黄色付箋が出揃ったら、聞かれなかったけど、こんなこともできるぞ!という技を、インタビュイーの方から
ピンクの付箋に書いてご披露頂くという具合です。
中には、黄色にもなく、ご本人からも出なかった内容が、他の方から紹介される、という場面もありました。
刈谷地区の連携の強さを感じられる一幕でした。

IMG_5087.JPG

大いに盛り上がって笑いが耐えないグループあり、ほっこりとした雰囲気で終始和やかなグループあり、
真剣な表情で聞き入るグループあり。
全員のインタビューが終わる頃には、一面に付箋の張られた様が圧巻でした。

このワークが終わると今度は、情報交換カフェ。
これまでのグループをバラバラにして、お茶を飲みながら、グループインタビューの時間で、印象に残った事などを自由に話し合って頂きました。

IMG_5088.JPG

IMG_5089.JPG

そして全体での自由タイム。

全部のグループインタビューの模造紙を見て廻り、、、
気になる方、仲間になりたい方を見つけて、、

IMG_5097.JPG

つながる。。

IMG_5095.JPG

つながる。。。

IMG_5102.JPG

最後はメッセージタイム。

今日参加されている方々に向けて、自由にメッセージを発信して頂きました。

IMG_5113.JPG

IMG_5115.JPG

IMG_5104.JPG

「普段の現場では知り合えないような方々と知り合えた」
「様々な支援現場で、外から見えない工夫や努力があることがわかった」
という感想や
「○月○日イベントをやるので、是非来て下さい!」
なんていう宣伝まで。

まだまだ拡がりを予感させるメッセージを頂きました。

今回の参加者の中には、私達草の根ささえあいプロジェクトのメンバーであるカイパパさんが混じっていたのですが、ブログにこんな記事を書いているので、是非ご覧になってみて下さい。

http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fkaipapa.livedoor.biz%2Farchives%2F52429794.html&h=9AQFH_VTgAQHVJ1DY9J0XZGsEVlix90oeS1cojZxBYASjlw&enc=AZP8hSDTS9XYW1DkoYIlDBfbxYReztBx726OTSnllSqiT4IfIG3yI0RdX6E0M0vH-iZn5UDoL8tfnGjknBxbS-0y&s=1



次回は、これまでのワークショップでつちかったあらたなネットワークや信頼関係をもとに実際に、地域で「支援チーム」を立ち上げ、より良い支援を提供していくためにはどうしたらよいか?を考えます。

刈谷会場にお越しいただきました皆さん本当にありがとうございました。

次回第三回(10月27日開催)もどうぞよろしくお願いいたします!






続きを読む...

Posted by 草の根ささえあいP×起業支援ネット at 17:54 | 西三河地区セッション | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

(東三河地区)第2回「深く知り合い・広く共有する」ワークショップ[2012年10月02日(Tue)]

9/23(日)に、
「できることもちよりワークショップ&支援チーム立ち上げプロジェクト」東三河地区の第二回セッションが豊橋市民センターカリオンビルにて開催されました。

当日は同ビルにて、オレンジフェスタ(市民活動団体の活動紹介やパネル展示、縁日やプラネタリウムまで)が開催されており、大変なにぎわいでした。

私達もワークショップの前に参加させていただき、豊橋で頑張っておられる皆様の取り組みにふれることができました。

(1.)オレンジフェスタA.

IMG_4949.JPG


いよいよ第二回セッションのスタート。

まず入口で、名古屋会場同様、会場調査を行いました。
(名古屋・尾張地区セッション
 →https://blog.canpan.info/motiyori/archive/11

1.会場調査

1.会場調査
↑緑シール(支援している困り事)は、
仕事、教育、社会参加に携わっている方が多かったです。


冒頭では、前回の振り返り&今回の目的の説明を。
第一回は、「出会う・発見する」というテーマでした。
(詳しくは→https://blog.canpan.info/motiyori/archive/9

第二回となる今回の目的は、
「深く知りあい、広く共有する」です。
(詳しくは
 →https://blog.canpan.info/motiyori/archive/11

4.本日の説明

最初に、「自分が支援されて嬉しかったこと」を二人一組で話しました。支援をいつもとは違った視点で捉える時間だったようです。

5.アイスブレイク
↑アイスブレイクのようす


いよいよワークのスタート!
今回は『主に解決に取り組んでいる支援のテーマ(困りごと)』に分かれての、グループインタビューです。

テーマは「仕事」「社会参加」「教育」「訪問同行」の4つです。普段の活動や支援の工夫・得意技など、1人のスピーカーに対し、グループの皆さんがインタビューを行う形で進みました。

IMG_4991.JPG
↑支援対象や支援の得意技を書いたカードを見せながら、まずは自己紹介。

IMG_4980.JPG

最初は質問が浮かばないという場面もありましたが、どなたかの質問を聞くことで、新たな質問が生まれる・・・。途中からは、前のめりになって質問されている方も。

6.グループインタビューF

対象の方と関わる中で大切にしていること、苦労したことなど、支援現場での想いを語られる場面もみられました。

インタビューが終わるごとに、インタビュアーから話を聞いて参考になった技や経験、ぜひ他のグループの皆さんにもシェアしたいことを3つ書いていただきました。

6.グループインタビューC
↑インタビューを聞いた人:黄色付せん
 インタビュアーが補足・追加する:赤付せん

例えば、
テーマ『仕事』では、

ホームレスの方の就労に関わっている方
ニートや引きこもりの方の就労に関わっている方
在宅の就労に関わっている方

が、それぞれの日頃の活動をより深く知り、ご自身の活動に活かせるものを発見したり、
つながることでの可能性を感じることができました。

6.グループインタビューB

121002_0933%7E01.jpg121002_0936%7E01.jpg

<付せんの一例>
テーマ『社会参加』
「寸劇を通しての子供への理解促進をはかる(具体的で分かりやすい)」

6.グループインタビューA

テーマ『教育』
「支援者同士のスキルアップのワークショップの開催」
テーマ『訪問同行』
「小さな区域(同じ校区内)のサポートを大切にしている」
など、たくさんのキーワードも。

最後に全体で、情報交換&自由タイム。

7.情報交換カフェ

他のテーマに参加された方と話し合ったり、自己紹介や付箋をながめがら、興味・関心のあるものを見つけたり、直接関心のある方にアタックしたり(笑)

「質問するのが難しかったけど、いろいろ聞けて参考になった」なんて感想も聞かれました。

8.自由タイムA
↑もっと聞いてみたい方や関心のある支援内容については、アピールシールを作成し、それぞれの付箋に貼っていただきました。その場で出会いがうまれることも。

8.自由タイムC


8.自由タイムB

終盤には、記念撮影が行われる一幕もみられ、とても和やかな会となりました。

次回は、これまでのワークショップでつちかったあらたなネットワークや信頼関係をもとに実際に、地域で「支援チーム」を立ち上げ、より良い支援を提供していくためにはどうしたらよいか?を考えます。

豊橋会場にお越しいただきました皆さん本当にありがとうございました。

次回第三回(10月28日開催)もどうぞよろしくお願いいたします!
*会場は、豊橋商工会議所(豊橋市花田町字石塚42−1)となります、お間違えのないようお気をつけてお越し下さい。

(草の根ささえあいプロジェクト 大森)


Posted by 草の根ささえあいP×起業支援ネット at 11:03 | 東三河地区セッション | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)