• もっと見る
であう・つながる・もちよる・ささえる

~様々な支援団体や支援者のつながりが
   社会を支える力になりますように~

« 2012年08月 | Main | 2012年10月 »

プロフィール

草の根ささえあいP×起業支援ネットさんの画像
草の根ささえあいP×起業支援ネット
プロフィール
ブログ
<< 2012年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新コメント
https://blog.canpan.info/motiyori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motiyori/index2_0.xml
タグクラウド
(名古屋・尾張)第2回「深く知り合い・広く共有する」ワークショップ[2012年09月23日(Sun)]
9/9(日)に、
「できることもちよりワークショップ&支援チーム立ち上げプロジェクト」
名古屋・尾張地区の第二回セッションが
ウィルあいちにて開催されました。

1.会場調査.jpg

今回も、入口で、会場にどんな方がお越しになっているかの
調査を実施しました。
しかし、前回と同じ調査ではありません。

前回は、支援している人の対象別
(高齢者、障がい者、母子家庭、若者、など・・)に
どんな方を支援しているのか?を調べましたが、
今回は「支援のテーマ別」に、どんな支援をしているのか?を
調査しました。

IMG_1985.JPG

「若者支援のネットワーク」
「障がい者の支援のネットワーク」
「子ども支援のネットワーク」など
支援対象別のネットワークは、もうすでにあるのではないか。
今回のワークショップでは、支援対象別ではなく
『仕事に関する支援』『教育に関する支援』
『社会参加・コミュニケーションに関する支援』など
困り事別に提供できる支援を同じくする人どうしでチームになり
情報交換をします。

「障がい者の就労支援をしている人」と
「若者の就労支援をしている人」と
「ホームレスの方の就労支援をしている人」が
集まって、その支援方法やスキルを学び合うことで
地域での支援の可能性をひろげ、支援に関して
新しいアイデアやネットワークが作れないかという試みです。

2.アイスブレイク.jpg

まずはアイスブレイク。
「今まで自分が 『されて』一番うれしかった支援」に
ついて話します。
「支援者」として普段過ごしている自身を客観的に考えるとともに
こんな支援をしたい、されたいという気持ちの再確認にもなりました。

アイスブレイクが終わると、次は
インタビュータイムです。
「仕事」「教育」など同じ内容の支援をしている方どうし
普段どんな支援をしているか、どんな工夫をされているかなどを
じっくりと、お互いに聞きあいます。

3.インタビュー.jpg
↑じゃんけんでインタビューの順番を決めている方々

4.インタビュー.jpg

5.インタビュー.jpg

インタビューが終わったら、インタビューした方について
どんな特徴的な支援をしているかなどを、ふせんにまとめます。

6.インタビュー.jpg

その後、ふせんを読み上げながら、
その方の普段の支援の内容や工夫について、
インタビューをした方が、他己紹介のようなかたちで
紹介します。

7.紹介.jpg

8.紹介.jpg

「仕事」「教育」などのチームごとに全員の紹介が終わったら、
最後に全員でそれぞれの方の紹介がされたふせんが
貼りめぐらされたシートを見て回ります。

10.さいご.jpg

9.さいご.jpg

興味深い支援の内容やスキルを持った方を発見し
その場でさらにゆっくりお話を聴いたり、
後日、またお会いして、一緒に支援に取り組もう!とか
相談をさせてください〜 といったお話をされる様子が
会場のあちこちで見られました。

次回、3回目は
これまでのワークショップでつちかったあらたな
ネットワークや信頼関係をもとに
実際に、地域で「支援チーム」を立ち上げ、
より良い支援を提供していくためにはどうしたらよいか?を
考えます。

(草の根ささえあいプロジェクト 石黒)

Posted by 草の根ささえあいP×起業支援ネット at 00:35 | 名古屋・尾張地区セッション | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

(西三河)第1回「出会い・発見」ワークショップ[2012年09月02日(Sun)]
8/26(日)に、
「できることもちよりワークショップ&支援チーム立ち上げプロジェクト」
西三河地区の第一回セッションが
刈谷駅市総合文化センター アイリスで開催されました。

今回も、地域で活躍されている
たくさんの方にご参加いただきました。

1会場調査.jpg

西三河地区セッションでは、
市役所の職員さんなど、多くの行政関係の方や
病院の医師の方や職員の方にもお越しいただけたことが
印象的でした。

同じ地域でも、これだけの様々な方が
一堂に会する機会はあまりないので、もっとお互いを
よく知る時間がほしい!という他地域の参加者の方の
お声をふまえ、今回は自己紹介タイムを多くとりました。

『あなたの仕事を食べ物に例えると何ですか?』
というお題で、皆さんの普段のお仕事を紹介して
いただきました。

2.1食べ物にたとえる.JPG

2食べ物にたとえる.jpg

主に対人支援のお仕事をされている方が
ほとんどなのですが、そのとらえ方は十人十色。
「ごはん」「パン」などの主食系
「寄せ鍋」「サラダ」など食材いろいろ系
「福神漬け」などの脇役系など、楽しく印象に残る
自己紹介で会場の緊張も解けました。

2.2たべもの.JPG

2.3たべもの.JPG

その後は他会場と同じく
「できること」を出し合うワークショップ
です。
今回も本当にいろいろな視点から
さまざまな『支援』をもちよることができました。

3.1ふせん書き.JPG

3.2ふせん書き.JPG

3.3ふせんはり.JPG

3.4ふせんはり.JPG

また、今回はワークショップの最後に
全員ですべての事例を見て回り

『これは、ナイスな支援!』
『こんなことができるなんて、すてき!』

と、膝を打った支援に
それぞれがシールを貼って「投票」し、
多くの票を集めたふせんを出された方にインタビューして
お考えをお聞きするという試みもしてみました。

4.3WS.JPG

5ベストふせん賞.jpg

参加いただいた方からは

『その人中心の全方位的な支援の可能性を実感しました。』

『主訴とは別の部分でも、支援の方法がいろいろあること、それが相談者の力になりそうなこと…大変勉強になりました。』

『専門家の人が多く、支援の輪が広がり、大変良かった』

などの感想をいただきました。

この気づきや経験、つながりを
リアルな支援の場でも生かす、その実現に向けて
「できることもちよりワークショップ&支援チーム立ち上げプロジェクト」は
Facebookやメーリングリストを使って
ワークショップで出会った皆さんとの交流の機会を保ちつつ
各会場での第2回のセッションにすすみます。

(草の根ささえあいプロジェクト 石黒)

Posted by 草の根ささえあいP×起業支援ネット at 15:37 | 西三河地区セッション | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)