• もっと見る
であう・つながる・もちよる・ささえる

~様々な支援団体や支援者のつながりが
   社会を支える力になりますように~

« おしらせとごあいさつ | Main | ご案内 »

プロフィール

草の根ささえあいP×起業支援ネットさんの画像
草の根ささえあいP×起業支援ネット
プロフィール
ブログ
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新コメント
https://blog.canpan.info/motiyori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motiyori/index2_0.xml
タグクラウド
【2.16開催】できることもちよりワークショップ&支援立ち上げプロジェクト報告会[2013年03月06日(Wed)]
去る2月16日に開催したできることもちよりワークショップ&支援立ち上げプロジェクトの模様をお伝えします。
当日の後半のワークショップの司会も務めた、草の根ささえあいプロジェクトのカイパパによる文章です。今読んでも、当日の熱気が伝わってくるようですね。
(草の根ささえあいプロジェクト 上原)


できることもちよりワークショップ報告会の実況まとめをアップしました。これを読めば、参加できなかった方も、内容がバッチリわかります☆

・できることもちよりワークショップ&支援立ち上げプロジェクト報告会の実況まとめ
http://togetter.com/li/457472

Twitterの実況まとめをしながら読み返して、本当に内容の濃い、すばらしい報告会だとあらためて思いました。参加者のみなさんありがとうございました!

「やる」と覚悟を決めて踏み込めば、失敗はあっても前進できるのだと滋賀県野洲市の生水さんの実践は証明してくれています。国の新しい動きについても、コンパクトですが見通しを示してくださいました。

b0cc5bb4.jpg
かっこいい生水(しょうず)さん

また、刈谷病院が手弁当で7年間も発達障害親子教室を、地域で続けられていたことを知りました。病院は本来の強みである医療に力を注ぐためにも、地域医療をたがやしていかなければならないという平野院長の強い意志に触れ、感動しました。私も一緒に具体的なプロジェクトに協力できたらと思いました。

2072e9cc.jpg
熱い思いとユーモアいっぱい平野院長

そして、各地区での支援立ち上げプロジェクトの報告を初めて聴いたのですが、それぞれが一歩を進めていくきっかけとして、できることもちよりワークショップが機能したことに感動を覚えました。

最後に、短い時間でしたが、「交流ワークショップ」を行いました。テーマでチーム分けはしましたが、中での進め方はチームにお任せするといった難しいワークショップでしたが、参加者の熱意とモチベーションのおかげで、ハッと目からうろこが落ちるような気付きがすべてのチームから出ていました。すごい!

24337604.jpg
入り口・アセスメントチームの議論の様子

53b6c3f4.jpg
各チームから出た「キーワード」

仮説でしかなかったできもちWSをきっかけとした、信頼関係の醸成やつながるネットワークの生成といったことが、時間をかけながら少しずつ進んでいます。

草の根ささえあいプロジェクト代表理事 渡辺ゆりかのごあいさつから──
83de3eb5.jpg

愛知県の岡田さんからのご挨拶をお聞きして『誰もが居場所と役割を見いだせる社会に』とか『わたしの問題を、わたしたちのチャレンジに』といった、できることもちよりワークショップ&支援チーム立ち上げプロジェクトをはじめたときの気持ちを思い出しました。

草の根ささえあいプロジェクトは立ち上げて2年、法人化して1年にも満たない団体ですが、愛知県さんからこのような大きな事業を受託させていただけたこと、起業支援ネットさんはじめ地域の多くの皆さんに支えられて色々なことにチャレンジできたことを嬉しく思っています。

この事業で一番たくさんのGiftを頂いたのが、 間違いなく、草の根ささえあいプロジェクトだと思っています。 でも本当は、草の根が一番トクをしていては、イカンのですね。

私達が頂いたものと同様かそれ以上のレベルのものが、他の支援団体や地域の方々に届き、 そしてきちんと、地域で一番困っている方に届くこと。 そのためのネットワークが、 「支援立ち上げプロジェクト」で形が見えはじめてきたことを、 すごく嬉しく感じています。

この言葉は、プロジェクトに関わった者みんなの実感です。

ありがとうございました!

Posted by 草の根ささえあいP×起業支援ネット at 00:40 | 事務局レポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ファシリテーター会議が開催されました[2012年07月08日(Sun)]
7/3(火)、「できることもちよりワークショップ」の
第1回ファシリテーター会議が開催されました!

ファシリテーターとは・・
NPOや行政、企業などあらゆる支援機関の皆さんに
ワークショップに参加いただくことになるわけですが
様々な意見やバックグラウンドを持つ人が、
お互いの意見をよく聞き
よく言い合える場をつくるための、
話し合いの進行をサポートする係です。

kaigi.JPG

「できることもちよりワークショップ」では、主に
「草の根ささえあいプロジェクト」 http://grassroots.jpn.com/ 
のメンバーが
ファシリテーターを務めさせていただきます。

今回のファシリテーター自身も、
障害者支援や母子家庭支援、
若者の就労支援などなど
さまざまな支援現場を持ち、
「より良い支援とは何か?」に悩み、考え、
挑戦を続けてきた人が中心です。

この日の会議でも、
「できることもちよりワークショップ」の理念を確認し
3回のワークショップをよくするためには、
どのように進行・運営したらよりよくなるか?
について、活発な意見交換がされました。


『支援者による課題の '抱え込み' から 
 支援者どうしの 'つながりの大切さ’ に
 気づくワークショップに』

『つながりを作るためには、
 支援者の '自己開示’ が大切』

『地域の困りごとを通じて、
 地域のさまざまな人が出会える、つながれるように』

『支援の 'ノウハウ(How)’ ではなく
 'ノウWho(人)’ を持ちよる』

『お互いの支援の「できること」に着目して、
 お互いがお互いの社会資源になる』

『ワークショップが終わった後も、
 地域の困りごとの変化に柔軟に対応できる
 生きたネットワークづくりを

 自分たちの力で、残り、使い続けることができる
 支援チームづくりを』

『ワークショップも大事だが、その後の飲み会も大事』


・・・などなど、まだワークショップに出ていない方には
言葉の意味はよくわからないかもしれませんが
とにかくすごい熱い議論が交わされました。

今まで、「しかたがないよね」とあきらめていた支援、
「どうにもならない」と行き詰っていた支援を
このワークショップが、
各地域の皆さんと一緒に変えていく、
そのきっかけにしていきたい。
そんな意気込みで、
7/16(月)名古屋・尾張地区から、
「できることもちよりワークショップ&支援チーム立ち上げプロジェクト」
いよいよはじまります!
ご期待ください!

siryou.JPG

(草の根ささえあいプロジェクト 石黒)


Posted by 草の根ささえあいP×起業支援ネット at 13:31 | 事務局レポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)