• もっと見る

2009年03月06日

家族が入院

 7年間ワンルームでの一人暮らしを経て、とある団地に引っ越しました。
日当たりがとてもいい!

あまり嬉しくないが、風通しもとってもいい!

ここからまた新しい気持ちで前進する。

edgeが終了して、山積みにしてあった仕事を片付け、引っ越しを済ませ、家族との時間を少しもとうと思っている。

祖母が腰椎圧迫骨折で一昨日入院した。当分、奈良と堺を行ったり来たりだ。

日頃、関わる患者の家族の気持ちを身をもって学んでいる。看護婦さんに気を使い、先生に頭を下げ、祖母の長い話を聴く。

自分の病棟での看護業務も患者さんみんなが自分の家族だったらと考えると、いつもより接遇が丁寧に意識できたりする。せっかくの病室での「おばあちゃん」との時間。良い影響がでそうだ。

これからどうなるかわからないけど、明るく考えないとやっていけないなこれは。社会を考える前に自分の家族の事で頭も体もいっぱいだ。

 時間はもともとないものだから自分で作らねば 汗
【(カテゴリなし)の最新記事】
この記事へのコメント
大変やね・・・。汗私も認知症の徘徊行動で祖母を亡くしているから、今の仕事に就いてあらためて、家族介護の大変さ等を実感してますわ・・・悲しい 腰椎圧迫骨折は立ち上がり等でドシンびっくりと一気に座り込む時に発症する事が多いので、動作面で気を付けないといけない所は、おばあちゃんを傷つけない程度に言うてあげるといいかもしれないね。 お大事に。
Posted by こやち at 2009年03月06日 21:08
Happy Beauty Projectの三田果菜です。
この度は最優秀賞受賞おめでとうございます!

おばあちゃま大変ですね。我が家にも83才の祖母がいます。今はみんなの分の家事をこなし、足は悪いもののそれなりに動いてくれています。

でも、よくこけます。ぽてっと。

で、思うのです。いつもは元気なのに入院して、このまま寝たきりになって「いなくなったらどうしよう?」って。そんな時、いつも側にいることが当たり前になっている祖母に対して、一緒にいれる期間は残り少ない。向き合おう。と思い直します。

笠原さんもおばあちゃまのこと、色々と大変だと思いますが体調に気をつけて側にいれるときに側にいてあげてくだい*

これを読んで、私もおばあちゃんを大切にする良い機会にしたいと思いました。

色々お忙しいかと思いますがfightです!応援してます!!
Posted by Cana Sanda* at 2009年03月06日 05:06
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック