CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年10月 | Main | 2019年12月 »
不登校からの進学[2019年11月11日(Mon)]

全く学校に行って無い子どもさんが、高校から進学するということは
よくあります。

又、進学は必ずしも順調に行く場合とそうでない場合があります。

どちらにしても、学校でテストを受けていないとhjl.jpg
成績は、−(バー)で記載されます。

学校に行けてなくても、塾に行けている子どもさんは
成績がーでも、当日の成績が良ければ十分進学できます。

又、勉強を全くしていなかった場合
通信制や単位制の学校では、1から勉強を教えていただけますので
大きな不安はないかと思います。

要は、子どもさん本人の意思です。

行きたいのであれば・・・
目標が見つかれば・・・

何時からでもどうとでもなります。

今、子どもさんが動けなかったとしても

卒業後、進路が決まる場合があります。

先生方と、1年後、2年後

子どもさんが、進学したくなった時のために

今の間に、相談しておいてくださいね(^^♪
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 進路 | この記事のURL
不登校を乗り越えるまでの時間の差(後半)[2019年11月10日(Sun)]

チンパンジーは、鬱症状になってしまいます。
今まで、一緒にすんでいた女性と信頼関係があり
コミュニケーションがとれていたのに

群れでは、誰ともコミュニケーションがとれません。
チンパンジーは、そのまま亡くなってしまいます。

これは、かなり有名な実験です。

人間も、同様です。
コミュニケーションがとれない。
誰にもわかってもらえないと鬱になってしまいます。


もう、お分かりだと思います。

何故、子どもさんによって不登校を乗り越えるまでに時間に差があるのか。

それは、克服するべき場所に
心からコミュニケーションがとれる人
自分の事を考えてくれ、信頼出来る人が居るかどうかの差です。


私は、このお話しを伺った際
子が、信頼出来る先生方と出会い元気になっていった様子を
はっきり思い出しました。

そして、今も子は
その当時の先生方に加えて
大学でも、沢山の先生方や事務の方th7XR8Q28D.jpg
友人とコミュニケーションをとり
学生生活を無事に送っています。

人は、絶対に独りでは生きて行けません。

今、苦しむ子どもたちに
どうか、家族とは別に
信頼出来る先生方や友人との出会いがありますように。

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学び | この記事のURL
不登校を乗り越えるまでの時間の差(前半)[2019年11月09日(Sat)]


先日、臨床心理士の先生とお話していた際
とても良いお話を伺いましたのでご紹介させていただきます。

外国で、ある実験がされました。

あるチンパンジー。
産まれて直ぐに人間の手で育てられ
手話で人間と完全にコミュニケーションをとることが出来るようになりました。

とても、頭がよいチンパンジーで
人間と一緒にすんで幸せな生活を送っていました。lkvy.jpg

さて、実験は終わり…
チンパンジーは、群れに返されます。

そのチンパンジーは、どうなったでしょうか…。

猿の惑星のモチーフのようなお話です。
しかし、猿の惑星と違う形の悲劇が待ち構えています。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学び | この記事のURL
マザーリーフ定例会について[2019年11月08日(Fri)]

11月の、マザーリーフ定例会は
公民館祭りのため、16日㈯ 9時15分くらいから
三の丸会館にて開催させていただきます。

くれぐれもお間違いのないようにlogo05_a01.png
よろしくお願いいたします。

もし、間違ってしまったら・・・

公民館祭りを楽しんでください(^^)/
Posted by hahaちゃん at 09:43 | 緊急報告 | この記事のURL
進学しないという選択[2019年11月08日(Fri)]

ある保護者の方から、ご報告いただきました。
blogに掲載をご希望下さいましたので
個人情報に影響がないよう加工し
以外、そのまま記載させていただきます。

〜省略〜

○○本人も含め
我が家でゆっくり話し合った結果
今はまだ進学の時ではないと判断いたしました。DSC_0011.JPG

しかし今もまだ、私たち夫婦は迷っています。

心のどこかで、
『やっぱり高校だけは卒業したい。』と
○○が言ってくれるのを期待しております…

しかし、微塵も態度に出さず、ギリギリまで待ち
○○が決断した通り、歩ませてやりたいと思っております。

同じように悩まれる保護者の方、沢山おられると存じます。

そんな方々に、私たち夫婦の決断経緯を残したく思いました。

私たちは、何度か○○を含む3人で話し合いを重ね
今、○○にとって進学は、恐怖で負担でしかないと判断
且つ話し合いの中で子どもの決断を優先した
結果により進学しないせんたくをいたしました。

世間と歩調を合わせるのではなく、生き急がず○○のペースで生きれるよう
見守り続けたく思っております。

今回は、マザーリーフさんのブログに私たち夫婦の
決意の意味も込めまして
記載いただきますようお願い申し上げました。

私たち夫婦もですが
皆様も、こどもさんの将来につき不安が募られていると思います。

これからも、迷い悩む日々はつきませんが、皆様と共に一歩一歩ゆっくり人生歩んで行こうと思っております。

ありがとうございます。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
赤ちゃん返り[2019年11月07日(Thu)]

今までしっかりしていた子どもさんが
突然、甘えてくる…
保護者の皆さんは、とてもビックリされるでしょう。th6I7GX6W2.jpg

子どもさんの不安が強かったりストレスが強いと
赤ちゃん返りは、普通にあります。
そんなときは、普通に甘えさせてあげて下さいにこにこ

変になったわけでもなんでもなく

赤ちゃん返りは当たり前ですし
反対に、保護者のかたに甘えられない方が問題ある場合が多々あります。

不安がなくなったら
勝手に親離れしていきます。
悲観せずに、
『あの小さなかわいい時期が、戻ってきたハート』と思ってあげて下さいねきらきら
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもの気持ち | この記事のURL
子どもさんから相談されたら。[2019年11月06日(Wed)]

不登校の子どもさんだけでなく…
子どもさんから、相談されて保護者の方に意見を求められ0986.jpg
自分なりの意見を保護者のかたが言うと
『違うって!そんなん無理やん!』と反対され
よくよくきくと
『あ〜最初から結論出てたのね困り
なんてことありませんか?

実は、これってよくあるお話で、子どもたちはきいてほしいだけ…
なんですよね顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

一番良いのは
『子どもさんのお話をきいて、子どもさんが言った話をおうむ返しで答える』のが一番だそうです八分音符

保護者のかたも答えを必死に考えたり
変に気を使ったり、嫌な思いをしなくて良いし、子どもさんにも
『ちゃんときいてもらっている!』と思われるので
とても良いと思いますにこにこ


Posted by hahaちゃん at 00:00 | この記事のURL
独りじゃなく、家族で。[2019年11月05日(Tue)]

不登校の子どもさんは孤独です。
独りでいることになれるのも可哀そう。

ここで、不登校体験者の方から伺った
一番ほっとしたことをご紹介します。

ある時、ご本人が何となく食事の時に
『今日は、一晩中映画をみようかなぁ。』とぼそっとつぶやいたそうです。

すると、お母さんやお父さん、兄弟姉妹が 
『明日は、何の予定もないから・・・みんなでみよう!』thOOG43ND9.jpg
と、いいだしました。

正直、びっくりしたそうですが
その夜はみんなで楽しく・・・
寝落ちするまで映画を堪能したそうです!

次の日・・・皆で昼過ぎに起床。朝昼兼用の食事をとり
『たまには、こういうのもいいもんだね!』と楽しく話したそうです。

そんなこんなで、この方は
同級生に遅れて高卒認定をとり、紆余曲折ありながら
現在、家庭を持ち仕事にも奮起されています。

今回の不登校経験者の方から伺った際、一番印象に残ったお話。

『自分たちの時代は、まだ不登校に対して社会が優しくなかったので
自分のような生き方は、全否定されたいへんでした。
自分の場合、家族が支えてくれ、家族の結びつきがあったからこそ
自分がここまでこれたと思います。
現在の子どもたちは、不登校に対して理解はされているものの
ラインなどネット環境により、心の傷も大きくなり、かえって外に出にくい世の中になっているように思います。又、保護者の方も多すぎる情報に翻弄されているのかと思います。
保護者の方もですが学校の先生方も
何時までも同じ対応をするのではなくその時代時代にあった対応をしないと、不登校は長期化しがちだと思います。』

と、話されていました。又、

『昔は、学校にたまに行ったら皆が笑顔で迎えてくれましたが
今はそんなに甘くないと聞きますし、感じます。
子どもたちも自分たちの時代よりすさんでいるように思います。
確かに、生きにくい時代です。
ただ自分は今、不登校を乗り越えたという自信もあります。
自分は、不登校の時期があったからこそ
何事にも適度なバランスで広い視野で考えられるんじゃないかと、人によく言われます。』

とお話しされていました(^^)


Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
逃げる子どもたち[2019年11月04日(Mon)]


あるお母さんからお電話をいただきました。
不登校の子どもさんの書類等を取りに学校へ行かれた際
今まで、お母さんの姿をみたら
笑顔で手を振っていた子どもさんの友人だった子数人が
逃げていくそうです!

かなりビックリびっくりされたお母さん。1.png

その後、先生に聞いてその話に驚かれたそうです!

『実は、あちこちからの証言で、逃げた○○さんがお子さんの不登校の原因になった件の
首謀者であると確認されました。』

お母さんは、かなりショックだったそうです。

そして…驚きの発言をされます。

『メディアで、神戸市の教員いじめの加害者教員は
本人が思春期でもいじめの加害者であって
きちんと指導されず上手く生きてきたから、大人になっても幼稚で成長しておらず
いじめをしたと解説されていました。
だから、指導は結構です。大人になって社会的制裁をうけたらいいでしょう。』

帰宅途中

お母さんは涙が止まらず、母にお電話くださったそうです。

実は、似たようなお話をよく伺います…。
どこも一緒だなぁ。と…思いましたあせあせ(飛び散る汗)

現代は、大人も子どももストレス社会
弱っている人間を攻撃し無邪気に笑っているでしょう。

しかし…情報化社会です。
この事実、何時まで隠せるのか…

『○○さん、神様がいるかいないかは、わかりません。
でも、悪いことをしたら必ず自分に返ると思います。
だから、今の間にいっぱい泣いて笑顔で帰ってあげて下さいね。』

話す母の目からも涙がとまりませんでした。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | トラブル | この記事のURL
疲れ[2019年11月03日(Sun)]

しんどい子どもさんと一緒にいると、保護者の方が

しんどい子どもさんを全て背負うことになり…

疲弊されることが多くあります。

ベッタリしすぎず
ある程度距離を取った方が
子どもさんも保護者の方もお互い冷静になれる場合が多いです。th0XP4P8MR.jpg

これからますます、こどもさんは
進路等でピリピリする時期かと思います。

上手く距離をとり
ゆっくり子どもさんと関わってあげてくださいね顔1(うれしいカオ)
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 親の気持ち | この記事のURL
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml