CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年01月 | Main | 2020年03月 »
不登校。『大人の知らない子どもの世界』その3[2020年02月05日(Wed)]

中学生になり
何校かの小学校が一緒になったのが幸いしたのか
子どもは、学校に行けるようになりました。

幸いなことに
中学校の先生が、とてもきっちり対応してくださり
3年間、加害者とは階も別にしてくださいました。

子どもは今、高校生です。

そして、子どもから最近、驚きの話を聞きます。


『中学生になった時、ある子から小学生の当事の事を聞いた。

担任の先生にちゃんと、××さんの事を話したけど
それから何にもなくて・・・。

○○ちゃんは戻ってこなかったからずっと気になっていた。
中学生になって戻ってきてくれて嬉しかった。これからは、一緒だからね。』と。

子どもは言います。
その言葉があり、中学校では皆が守ってくれたから。
そして、当事の中学校の担任教諭が

『○○さんの事、ちゃんと知ってる。大丈夫。私も、そして友だち皆がついてるから。』と言って貰えて初めて安心できたと。

高校生になり、大人の入口に立った子どもの言葉。
私には、痛烈な批判と自分はそんな大人にならないという宣言に聞こえました。

私たち大人は、心のどこかで
『まだ、子どもだから。』と誤魔化せると思いがちです。


しかし、子どもたちは私たち大人より鮮明に詳細に覚えており
実は、大人の行動や言動、ちょっとした仕草をチェックし
本気なのか、表向きに取り組んでいるのかを
真っ直ぐな目でみつめているんだと認識しました。


私は、母として
子どもの友人たちと
当事の中学校の先生に、感謝する反面


未だ、子どもだから誤魔化せると適当に世を渡る一部の教育者に対し
『そんな大人になるなかれ』と
子どもたちに警鐘し続けたいと思っております。

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml