CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年11月 | Main | 2020年01月 »
不登校。『夏休み明けが怖い』前半[2019年12月28日(Sat)]

4年生の1学期までは何とか学校に毎日通っていましたが
夏休みの後半になると子どもは、熱が出るようになりました。

近隣の病院に行き
『夏の疲れからなぁ。』と言われて軽い風邪薬を処方されましたが治らず
元々食の細い子でしたが
ますます食事とれなくなりました。

私と家で二人で居るときは静かに休んでいたり、体調がましなときは果物を少し食べたりしてくれましたが
上の子が居るときは、部屋から全く出ることはありませんでした。
夏休みも終わり、涼しくなった頃

ある時、上の子が下の子の部屋に入りました。

『お小遣い足らないから貸して。』と言っている声が聞こえます。
『まだ、今までのも返してもらってないし。』と消え入りそうな声が聞こえます。

部屋に入り、上の子を叱りましたが、平気な顔で自室に入っていきました。

子どもに
『ずっとこんなことされてたの?』と聞くと7789.jpg
『家でも、学校でもずっと。』

これで、初めて子どもがしんどい理由がわかりました。

上の子がはっきりとものを言うタイプなのにたいして、下の子は優しく
貸してと言われたら断れなかったり
欲しいと言われたら、必要なものでも渡してしまうような子どもでした。

明らかに、学校に行くのが辛そうだったので
『ちょっと休憩したら?』と言うこともありました。

この時初めて私は、この子にとって
学校も上の子がいる家も疲弊する場所であると気づきました。

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml