CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年11月 | Main | 2020年01月 »
不登校。『ある場合。イジメ』前半[2019年12月24日(Tue)]

イジメが最初に確認されたのは
子どもが、低学年の時。

自転車に同級生の男子4人からおしっこをかけられたことがありました。

その時、近所の人が見ていて、声をかけて加害者を叱ってくださり
加害者の保護者に連絡までしてくれ、学校で話し合いをしました。

以降、同級生が怖くて、不登校が始まります。

でも、私は学校に行けとは言わず
「じゃあ家の手伝いをしなさい。」と言って
子どもが元気になるまで
学校に1ヶ月間、行きませんでした。

私からは、本人から『学校に行く。』と言うまで何も言いませんでした。

1ヶ月後、本人が『学校に行きます。』と言ったので
『行ってらっしゃい。』と送り出しました。

しかしその頃から、同級生と付き合うのが、怖かったようです。
その後も、イジメはありましたが、その都度小学校の先生が対応くださり
なんとか、やり過ごすことが出来ました。thLLG9LYZH.jpg

ところが、中学校になり
イジメは急激にひどくなりました。

急に背中を叩いてきたり
脅迫めいた言葉を言われたりと日に日に悪化します。

担任の先生には、誰からどのようにされたかを詳しく連絡していました。

しかし、改善されることはなく、とうとう子どもは学校に行けなくなりました。

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml