CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年11月 | Main | 2020年01月 »
堕ちた信頼関係 後半[2019年12月18日(Wed)]

その後やっと学校で調査された結論
加害者たちは交遊費を借りるという名目で、集団カツアゲをしていたらしく支払いを拒否し
学校側に訴えかけた子どもに先生方にばらしたからと
集団暴行したということでした。

その後、学校内でうちうちに処理されて何もなかったように時間が過ぎるなか
子どもは、人間不振になり家から出れなくなります。

家族はただひたすら寄り添い
学校に行かない子どもに変わらず笑顔で接しました。

子どもから、『もう、あの学校は辞める。誰も信じられない。』という言葉が出て
子どもの言葉を伝えると
学校には、何を言われることもなく早々に手続きがとられました。

子どもは、高卒認定を取得し、大学に行き社会に出ました。thZP9I4IT9.jpg

今子どもは振り返り
大学で素晴らしい先生方と奇跡的に出あい
やっと自分を取り戻したと話しています。

臭いものには蓋をする。

学校と早く決別し、後々良かったと思いましたが
当時は、先が見えず何とかしようとがむしゃらでした。

今振り返り、もう一度あの時に戻ったら

又、同じように立ち直れるか自信がありません。

奇跡のような大学での素晴らしい先生方との出会いにただただ感謝するだけです。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml