CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年09月 | Main | 2019年11月 »
良心 その2[2019年10月20日(Sun)]

以前、謝罪というblogを掲載させていただきました。

特に、保護者の方と
関係の薄い子どもさんが加害者の場合
被害者に対する謝罪が無いことが多いというお話を1571267194001.jpg
臨床心理士の先生から、伺いました。

しかし、謝罪がないということは
加害者の子どもさんも

一生、十字架を背負い続けるということです。

可哀想だと思いますが

苦しむ不登校の子どもさんを目の前に
加害者の子どもさん迄
考える必要もないかとは思いますが。
ちょっと、頭の隅に置いていただいたら
ご自身の子どもさんに対しても
より、きちんと対応しなければいけないと・・・私は思いました。

話は戻り・・・今は、謝罪が無いことが多い時代です。

内容があまりにもひどい場合は、専門家の先生方に相談の上
法的処置も仕方がないかもしれない。
神戸市での教員いじめのケースもそうですが。
そうしなければ、謝罪さえない時代なのかもしれません。

Posted by hahaちゃん at 00:00 | トラブル | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml