CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« お知らせ | Main | 雑記 »
天理市不登校親の会『いなほ』さんより[2020年10月18日(Sun)]

天理市不登校親の会『いなほ』さんで素敵なお話しを紹介されていました(^^)


芦田愛菜さんの「信じる」についてのコメントが話題になっていたことご存知でしょうか。

全文引用
「『その人のことを信じようと思います』っていう言葉って
けっこう使うと思うんですけど
『それがどういう意味なんだろう』って考えたときに
その人自身を信じているのではなくて
『自分が理想とする、その人の人物像みたいなものに期待してしまっていることなのかな』と感じて」

「だからこそ人は『裏切られた』とか、『期待していたのに』とか言うけれど
別にそれは、『その人が裏切った』とかいうわけではなくて
『その人の見えなかった部分が見えただけ』であって
その見えなかった部分が見えたときに『それもその人なんだ』と受け止められる
『揺るがない自分がいる』というのが『信じられることなのかな』って思ったんですけど。」

「でも、その揺るがない自分の軸を持つのは凄く難しいじゃないですか。だからこそ人は『信じる』って口に出して、不安な自分がいるからこそ、成功した自分だったりとか、理想の人物像だったりにすがりたいんじゃないかと思いました。」


以下は、天理市不登校親の会『いなほ』さんのコメントです(^^)

子どもが立ち止まってしまった時の親の対応について
必ず目にするワードのひとつに「信じて待つ」という言葉があります。1569626535741.jpg
当時の私は我が子を前に、何を信じて、24時間…何をして、何を喋って
どんな顔をして待てば良いのかわかりませんでした。

愛菜ちゃんのコメントの捉えようは勿論人それぞれだと思いますが
私にとっては子どもの不登校と葛藤していた頃から
なぜ今の穏やかな気持ちに至ったのかの答えを今更教えてもらったような気がしました。

自分の物差しで他者を測らない。
その子自身の存在を認め寄り添う。
子どもに限らず、夫婦、友だちと向き合ったり、自分を見つめ直すことも含めて魔法のメガネをもらったような気分ですにこにこ


この言葉が、すべてを物語っていると・・・
私も思いました(^^)/

素敵な言葉をありがとうございます!
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学び | この記事のURL
子どもの行動や言動を記録する[2020年10月09日(Fri)]

子どもが不登校になったときの
保護者の方の対応の一つとして
『子どもの行動や言動を記録する』というのがあります。ojn.jpg

学校や、支援センター、カウンセラーに相談する際
子どもの気になる行動や言動をきちんと伝えることで
適切なアドバイスが受けられたり、注意して接してもらえるようになります。

行動には、子ども自身も意識していない不安や不満が表現される場合もありますので
子どもの気持ちを理解することにも役立てられるでしょう。

また、子どもの言動を記録することは
保護者の方にとって子どもの意見をしっかりと聞く機会となります。

保護者の方の意見を押し付けたり
言葉を補ってあげてしまっては
「子どもの言動を記録する」ことになりませんので
子ども自身の言動にしっかりと耳を傾けてあげるのがよいようです。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学び | この記事のURL
家族の目と第三者の目[2020年09月30日(Wed)]

これは、私の体験です。

最近、父が手術をし無事退院しました。

入院の際、『ケアマネージャーさんがおられる場合は入院前に必ずご連絡ください。』と記載があったので、ケアマネージャーさんに連絡したいましたので

退院後、ケアマネージャーさんにご報告の連絡をしました。
その際、ケアマネージャーさんが、父の状態を確認し質問してくださいました。
その結果、『買い物のお手伝いをヘルパーさんにお願いした方が良いかも。』
というお話しになりました。

家族だけでは、そんな話にならなかったと思います。
『まだまだ元気で大丈夫。』と思ってしまったり
父の様子をみていて不安になっても、どうしていいかわからず
『もう、心配でほっておけない。』と思うけど悩んでいるだけだったり・・・

結局、頑固な父は
『まだ大丈夫!買い物は大好きだ!』ということで拒否されましたがあせあせ(飛び散る汗)

今回のお話しを期に
この先に、買い物がしんどくなったらこういう方法もあるという情報と
家族の目と第三者の目では、全然違って
時として、第三者の方が的確であり
冷静である場合が多いと改めて感じました。gho.png

今回父でしたが、子どもに対して保護者は
もっと、冷静さをなくします。

そんな時、第三者の意見に耳を傾け情報を得るのは大切だと痛感しました。

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学び | この記事のURL
続く著名人の自殺、精神科医「安易な推測、連鎖を助長」[2020年09月28日(Mon)]

朝日新聞より以下の記事を掲載させていただきます。

多くのテレビドラマや映画などで活躍していた俳優の竹内結子さん(40)が27日、死亡した。
現場の状況から、警視庁は自殺とみて調べている。

 7月には俳優の三浦春馬さん(30)が亡くなり
一線で活躍する芸能人の自殺とみられる事例が続く。F28E6749-4032-4B3C-A667-624B54F85ED1.jpeg

 精神科医で日本自殺予防学会の張(ちょう)賢徳(よしのり)理事長は「著名人の自殺を知った人が『あの人でもつらいことがあれば自殺するんだ』という心境になり、自殺を選ばせてしまう可能性がある」と指摘する。一般的に自殺に至るケースの多くは精神医学的に何らかの病名の診断ができるという。「治療を受ければ防げる例は多い。少しでも不安を感じたら、医療機関や自治体の窓口など専門家に相談してほしい」

 周囲に悩む人がいる場合は「調子はどう?」などと連絡をとり、悩みを聞き出してあげることが有効だという。SNS上では著名人の死やその原因をめぐる書き込みも多いが、「安易な原因の推測は悩んでいる人を刺激して連鎖を助長するリスクがあり、控えるべきだ」と張氏は呼びかける。

 大阪を拠点に電話相談を受ける「関西いのちの電話」の担当者によると、過去には著名人の自殺報道後、相談者がその話題を持ち出す事例が増えたことがあった。今春以降はコロナ禍でさらに苦しい状況になったとの相談も増えた。担当者は「傾聴が私たちの役割で、話して楽になった人たちもいるから電話してきてほしい」と話す。

 厚生労働省によると、2019年の自殺者は過去最少の2万169人。最も多かった03年の3万4427人から約4割減った。ただ、警察庁の統計では、今年8月の自殺者は1849人で、前年同月比で246人増えている。

 

主な相談先は以下の通り。

○自殺予防いのちの電話

フリーダイヤル0120・783・556(毎日午後4時〜午後9時、毎月10日は午前8時〜翌午前8時)

○よりそいホットライン

フリーダイヤル0120・279・338(24時間、IP電話などからは050・3655・0279)

○こころのほっとチャット

LINE、ツイッター、フェイスブック@kokorohotchat(毎日正午〜午後4時、午後5時〜9時※受付は1時間前まで)
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学び | この記事のURL
コロナ禍での自殺[2020年09月26日(Sat)]
以下に、東京新聞の記事を記載させていただきました。
コロナ禍で身体だけでなく、心も大きな負担を強いられている・・・llbcz.jpg
そんな記事です。


都市部を中心に自殺者が増加傾向を示している。コロナ禍の影響が懸念される。国や地方自治体、民間が連携し、問題解決まで寄り添えるよう相談体制を分厚くしていくことが急務だ。

 警察庁によると八月の自殺者数は速報値で昨年八月に比べて二百四十六人増え
千八百四十九人となった。
首都圏や愛知県で増加が目立ち、愛知は大村秀章知事が緊急メッセージを発信し
一人で、悩みや苦しい思いを抱え込まず
身近な人や公的な窓口に相談してほしいと呼び掛けた。

 将来への不安や孤立、感染への恐怖など積み重なったストレスで
うつ状態に陥りやすい状況は世界で続く。
心の健康問題に取り組む米財団ウェルビーイング・トラストは、自殺や薬物の過剰摂取などにより、米国では今後十年間に七万五千人が「絶望死」する可能性を指摘し
公的機関が支援に力を入れる必要があると提言した。

 社会の損失は長く続く恐れがあることを念頭に置き、腰を据えた対策が必要となる。

 日本では一九九八年に自殺者が急増して三万人を超えた。九〇年代後半には金融機関の破綻が相次ぎ、銀行の貸し渋りが起きたことなどが背景にある。
この十年は減少傾向が続き、二〇一九年の自殺者は二万人余となった。

 自殺率が全国ワーストだった秋田県で、苦しむ人たちの相談や支援などに〇二年から取り組むNPO法人「蜘蛛(くも)の糸」の佐藤久男理事長は
「金融危機や、〇八年のリーマン・ショック時の反省をもとに、亡くなる前に救いの手を届けなければ」と話す。

 今回のコロナ禍では、経済的な苦境に加え、学校閉鎖による孤立感や、医療や介護などに従事する人々の心身の疲弊も深刻だ。
人々の苦悩の形はより多様になっている。既存の相談窓口の周知とともに、各種給付金など救済制度の充実、継続が求められている。

 「蜘蛛の糸」は佐藤理事長が、自分の会社が倒産し、絶望の淵に置かれた経験を基に中小企業経営者らの相談に乗るところから活動を始め、弁護士、司法書士や臨床心理士らが幅広く相談を受ける体制を整えた。目指したのは悩みの「総合病院」だ。

 今後も感染拡大は予断を許さない。人々の苦悩は長期化する可能性がある。官民が力と知恵を出し合い、悩みの「総合病院」を各地で増やしていきたい。菅政権の本気の取り組みを求める。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学び | この記事のURL
不登校新聞編集長・石井志昂さん[2020年08月22日(Sat)]

不登校新聞編集長・石井志昂さん 不登校見守った母
それでも親子

2020/7/28 2:00日本経済新聞 電子版

著名人が両親から学んだことや思い出などを語る「それでも親子」。

今回は不登校新聞編集長の石井志昂さんだ。

――学校好きの小学生が中学で不登校になりました。

1982年、東京都町田市出身。
中学校受験を機に学校生活があわなくなり、教員や校則、いじめなどを理由に
中学2年生から不登校。
同年、フリースクール「東京シューレ」へ入会。
19歳からNPO法人全国不登校新聞社が発行する『不登校新聞』のスタッフとなり
2006年から編集長。
これまで、不登校の子どもや若者、識者など400人以上に取材してこられました。

不登校新聞。機会がありましたらご覧くださいね!yjimagebbb.jpg
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学び | この記事のURL
過剰適応 後半[2020年08月20日(Thu)]

このブログを拝見し
納得しました。

保護者というものは、どうしても子どもに
「少しでも、苦労をしてほしくない。」
「自分と同じような失敗をしてほしくない。」
などと、心配のあまり口出してしまいます。

それが、無意識に威圧的になったり子どもに理想の
「良い子」を演じさせてしまう結果になってしまうのかもしれません。




一度疲れに気づいたら
演じていることに気付いたら           thECB82TLE.jpg 
「だからしんどかったのかな」
と頭の中で理解しなくても
身体と心が理解してしまいます
        
だからもう頑張れない
       
そんな結論に至っているケースが多いです

故に、休憩・お休みは大切なんだなぁと
みずき先生のブログを拝見し、痛感しました。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学び | この記事のURL
過剰適応[2020年08月19日(Wed)]

過剰適応(かじょうてきおう)という言葉を知っていますか?    
     
     
過剰適応とは
周りの人々に「あわせすぎて」しまうことです
    
環境に適応することは生きていく上で重要です
    
ただそれを「しすぎてしまう」ことをいいます
     
親が強権的だったり
いじめられっ子だったりすると
過剰適応して身を守ることがあります
    
一度過剰適応するとクセになってしまい
その後も過剰適応し続けてしまいます
     
自分では何とも思っていなくても
疲れは確実に心に溜まっていきます
過剰適応の子は、学校での評価はピカイチ
     
過剰適応の子は
学校や習い事での評価はピカイチです
    
「生徒の鑑」
と言われている子もいます
    
     
過剰適応をしていると、心に疲れはたまっていく
     
ほんの少しの適応は
誰しもが日常生活でやっていることです
    
    
しかし、過剰適応となると
自分の心の声を聞かずに
周りに合わせている子が多く
そうすると少しずつ
心に疲れが溜まっていきます
      
      
コロナ自粛のあと、過剰適応の子が学校に行けなくなる理由。
      
ではそんな過剰適応の子たち
なぜ学校に行けなくなったのでしょうか
    
    
今まで頑張りすぎて疲れていることに、気づいてしまった
     
・今まで頑張っていたことに気付いてしまった
 →学校がないと「楽」だったので「学校しんどい」となった
    
・自宅で過剰適応をしていて疲れてしまった
 →過剰適応をするのは、学校だけに限りません
  自宅で過剰適応をして、疲弊しまったかもしれません


                         みずき@精神科医ぶろぐより。


次回に続く。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学び | この記事のURL
力を抜く[2020年06月03日(Wed)]


不登校であったり行き渋りの子どもさんは、緊張した状態を保ちやすく
自然に、力を抜くことが出来なくなるそうです。

先日、信頼する臨床心理士の先生とお話した際に
簡単な、力を抜く練習とその意味を教えていただきました。

このblogでも、記載したいんですがあせあせ(飛び散る汗)言葉ではうまく伝えにくいです困り

とりあえず、あえて力をいれて筋肉を緊張させたあと力を抜くという感じで。

臨床心理士の先生と一緒にするととっても楽になりましたきらきら1588559018427.jpg

また、定例会でちょっと
実践してみようかと思いますにこにこメロディ
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学び | この記事のURL
NHKウワサの保護者会[2020年06月02日(Tue)]

先日放送の、『ウワサの保護会』
「長期休校 子どもたちの思い』という題名で放送がありました。

子どもたちはすでに2か月以上、学校に行けず家で過ごしている。
これまで経験したことのない異常事態をどう過ごしてきたのだろうか。
番組では「子どもの思い」に焦点をあて、子どもの生の声を伝える。
勉強や生活の悩みが数多く寄せられた一方で
思わぬ発見があったという声や、家族の知らない一面を知ったという声も。
子どもたちの声から、これまで当たり前だと思っていた日常を見直し
今後の生活をよりよくするヒントを探る。6565.jpg

(NHK総合1・奈良)
6月4日(木)
午前11:05~午前11:30(25分)
(NHKEテレ1・奈良)
6月6日(土)
午後0:30~午後0:55(25分)

配信予定。尚、ホームページでもみれます(^^)
https://www.nhk.jp/p/hogosya/ts/4YLGJ842WN/
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学び | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml