• もっと見る
« 体験談 | Main | カウンセリング »
ネットの記事より[2022年09月05日(Mon)]
小中高の夏休みが明ける8月下旬から9月上旬、再開する学校生活を重荷に感じる子どもたちがいる。朝、起きてこない。
おなかが痛くなる…。それらはSOSのサインかもしれない。
「学校を嫌がるそぶりがあれば迷わず休ませ、小さな声に耳を傾けて」。
わが子の不登校を経験した親たちは、自戒を込めて呼びかける。

 「死にたい−」

 2020年6月初めごろ。
新型コロナウイルス禍で約3カ月の長きにわたった一斉休校が明けると、当時小6の長女の悲痛な独り言を、福岡県に住む夫婦(ともに40代)は頻繁に耳にするようになった。

 学校への拒絶反応は、小1の時から表れていた。
クラスで仲間外れにされたことがあり、頭痛や腹痛を訴えることが多く、聴覚過敏から教室の騒がしさも嫌がった。
しかし「死にたい−」の時は、心身の悪化がこれまでとは違った。
「登校できない自分」を責め、夜に眠れず、歩く動作でさえつらそうに見えた。
夫婦は長女を医療機関の精神科に連れて行き、放課後等デイサービスにも通わせながら、小学校卒業を迎えた。

 ツイッターを通して絵を描く創作活動を、中学生になった長女は深めていった。
大好きなイラストレーターのサイン会に足を延ばすと、「そのままでいいんだよ」と自分の絵を認めてもらい、新たに通い始めたフリースクールでも自己肯定感が高まった。

 今、中学2年。夫婦は「学校に行くほど自信が失われていた時期があった。
最初から、一緒に好きなことを見つけられたら良かったのかも」と振り返る。


 福岡県の女性(51)の中1の長女は、不登校になっている。

 小学校に入ってすぐ、「学校がきらい」と口にした。女性は登校してほしい一心でなだめ、通学に付き添い、夫は時に「学校に行かないなら家でゲームはさせないし、食事もないよ」と厳しくした。小5の20年、コロナ禍の休校が再開すると、長女は週1〜2日しか学校に行かなくなった。
女性は、同じような立場の親たちが集う会に参加してみた。
「家では自由にさせた方がいい。将来はちゃんと働けるから」といった声に、登校に縛られていた意識がほどけていった。

 小6になり、長女は学校が嫌な理由を話してくれるようになった。
 腰を折ってのあいさつを強要された。
げた箱に入れた靴が少しでも整っていないと注意された。
計算ドリルの全問をなぜ、3回も解かないといけないのか。
「大好き」と言った担任のことだけど、本当は叱るのが怖かった。

 親に自分を受け入れてもらい、守られているとの安心を得て、初めて言葉にできたのだろう。

「想像を絶する傷つき方をしていた。こんな時は登校を無理強いするほど、さらに傷ついてしまう」と女性。親は悩み、苦しむ。
それでも休ませることが、子どもに最善の選択肢となり得ると今、思う。 (四宮淳平、小林稔子)        hjl.jpg
Posted by hahaちゃん at 12:00 | 不登校 | この記事のURL
夏の終わり[2022年08月29日(Mon)]
今年も8月31日はやってきます。
保護者の方、子どもたちが1番しんどい時期。

最近は、授業数確保にため既に
学校が始まっている子どもたちもいると思います。

今頑張って学校に行ってる子どもたちも、しんどいと聞きます。

ネットが普及し、四六時中連絡を取らないと不安になる。
今、自分がラインを見ていない間に
誰かが相談してLINEグループを作っているかもしれない…

そんな不安が常にあるので
LINEを辞めたくても辞めれない。

神経をすり減らして疲弊し、更に動かなければいけない子どもたちも
同様に、同じく情報に振り回され
常に監視をする保護者の方も

しんどいと思います。

あまりにもしんどいなら
思い切って、色々な連絡を絶つのも
新しい人間関係に飛び込むのも良いでしょう。

何より、動かず耳を閉ざして
疲弊した心を休めて、無になるのもいいと思います。

生きてさえいれば、やり直しはきくし
いざ、『自分は死ぬんだ。』と言われたら…

私の場合ですが…
口では『もういいかなぁ。』と言いつつ
病気を受け入れず、抗い
そのお陰で今があると思います。

乗り越えたら…そこで立ち止まりさえすれば
以降の人生は、無かったかもしれないハッピータイム️

自然に今まで諦めていたことを
やってみようと思ったり
時間がとても大切になりました。

しんどい時は立ち止まり
元気になるまで深呼吸すれば良い。CIMG1630.JPG
生きてるだけで丸儲け(^O^)

人生は、何歳からでもやり直し出来るのだから(^^)


Posted by hahaちゃん at 07:48 | 不登校 | この記事のURL
夏休み 後半[2022年08月10日(Wed)]

ある方の場合。

コロナもありますが。

夏休みは、遠方に行って
特に人の少ない時間を狙ってちょっと外食したり、
町の探索や美術館

少し歩いて休憩して。

そんな何気ないふとした時に突然

『あの時、しんどかった』と子どもが語るのをただただ静かにみている。

そうして、自分が辛すぎて消えた記憶と止まった時間を
ふとしたきっかけで思い出し…
また夢の世界に戻る。

賑やかなセミの声と対照的に静かな子どもの横で
歩くしあわせ。

『たまには、君を日干ししよか!』と子どもに声かけると
『(;´д`)下矢印2』という顔をしつつ…ついてきてくれます(^^)

そんな、ホッとした夏休みを過ごされています。CIMG1477.JPG

Posted by hahaちゃん at 08:00 | 不登校 | この記事のURL
夏休み[2022年08月08日(Mon)]
夏休みになると
子どもさんは、最初ほっとする。
保護者のかたは、あちこちで他の子どもさんを見るたびに焦りが見えてきます。

普通です。
大切な子どものこと。

冷静になるのは不可能です。
保護者のかたにはとりあえず、そこは
『女優、俳優』になってもろて(^^)

子どもさんがホッとしてるのを見守ってあげてください。IMG_20220505_111029.jpg
Posted by hahaちゃん at 08:42 | 不登校 | この記事のURL
再会 その3[2022年07月14日(Thu)]
実は、子どもの付き添いで
もう一つ出会いがありましたあせあせ(飛び散る汗)

子どもの同級生の保護者の方に偶然出会い(^-^)

『久しぶりやなぁ。』なんて話しつつ。

スマホにある、子どもさんの成人式の写真やら。色々見せていただきました。

皆、社会人になってんなぁ。
年とったよね・・・(#^^#)

と言いつつ話していると
『あ!こんにちは!』採血を終えた子どもが出てきました。

結局、ギブスをまき終わるまで
保護者の方と話し、お会計を済ませて車2台連なり帰宅しました。

次の日、ギブスチェック。

そのあと、子どもと一緒に選挙の事前投票に行き
そこでも、知り合いの市役所職員さんにお会いしました。

『元気そうで良かったです!』と安堵いただき
(その当時、私は医大に入院でしたあせあせ(飛び散る汗)

子どもを見て『ビックリするくらい大きくなったなぁ!』と
嬉しそうに声をかけていただきました。
暫く立ち話した後無事選挙投票を終え、笑顔でお別れしました。

そう考えたら、何人の方と出会い見守ってもらってたか。
有難いです(^-^)  jgggg.jpg

Posted by hahaちゃん at 08:06 | 不登校 | この記事のURL
再会 その2[2022年07月12日(Tue)]

嬉しいことに…
子どもさんは自立され、就職されているそうです。

生き急ぎ、焦ったり
独立と言いつつ家に戻ったことも…色々あったそうです。
今は、趣味も見付けて幸せそうだそうです

話し込んでいてふと思ったのが…

不登校経験の子どもって
先ず、頭で考えて焦って焦って動いて、しんどくなるのかなぁ。と。

臨床心理士の先生からも伺ったお話もあるけど…

頭でっかちにならないように、外部からの刺激は必要なんだなぁ。
と感じました。

個人情報が特定されないようにアバウトな話になりますがあせあせ(飛び散る汗)

そして・・・検査を終えて出てきた子どもが
『又、誰かと話してるんか(^^)』
と会釈しなから近づいて来るようすを横目に
『この子が、義務教育期間の5年をASUで過ごした子よ(笑)』と言いつつ笑いあって話せる(*^^*)

そういう日がむかえられたのが嬉しくて。

そんな出会いがありました。

因みに…怪我をした子は
疲労骨折って!おい!  gjj.png


Posted by hahaちゃん at 21:00 | 不登校 | この記事のURL
再会[2022年07月10日(Sun)]
先日ですが。

いつも付き添われる方が付き添いで病院へ行き。

エアコンきいてて涼しい…

普段、テレビをみない時間にテレビがついていて、違和感が凄い(^_^;)あせあせ(飛び散る汗)

そんな中、不意に声をかけていただきました。

『お久しぶりです(^^)/』メガネをかけておらず全く見えていなくて。

聞き覚えのある声に慌ててメガネをかけると
マザーリーフに参加いただいていた保護者のかたでした。

『母親が入院していて。荷物を届けに来ました。』
『あー大変だよね。わかるよ。うちは母が亡くなって2年になったけど。生きていてくれたら良いってよく思うよ。』

なんて話しつつ近況報告をしあいました。


1564948341376.jpg
Posted by hahaちゃん at 21:00 | 不登校 | この記事のURL
いじめ問題と司法 おかわり[2022年04月21日(Thu)]

ここ題名におかわりってのもどうかと思いましたがあせあせ(飛び散る汗)

ちょっと緊張をほぐしていただくために(^^)
記載させていただきました。

実は、被害者もですが
加害者の心も壊れてしまうことがあります。

活動上、元加害者の方からもご連絡を頂戴します。

謝罪出来たらまだ心は救われますが
謝罪できないまま大人になり、子どもを育てると
自責の念で鬱になったりする方も少なくありません。

結局、きちんと解決しなかったら被害者・加害者・・・
更に、関わった全ての先生方が
CIMG1477.JPG
一生の大きな傷を残す場合が多いのかもしれません。

そして、もしかしたら・・・
謝罪できないのが
一番の足かせなのかもしれません・・・

そうならないためには、早期発見早期解決!
連係して、このややこしい世界から
すべての子どもたちを守りたいですね(^^)/

ほな。ぼちぼち生きましょうヽ(^o^)丿
Posted by hahaちゃん at 07:48 | 不登校 | この記事のURL
いじめ等問題と司法[2022年04月17日(Sun)]

弁護士である友人と最近久しぶりに会う機会があり

その中で、一般的な話として・・・
今の不登校と学校でのトラブルで司法の関与につき
話すことが出来ました。

友人は、ある地域で弁護士として同様の講演依頼を受けてお話ししたそうです。
無償ですので、こちらにはざっくりとしか書けませんが(;^_^A

結論、どこの地域でも第三者委員会は問題が大きくなってからという傾向。
司法は比較的早い段階で相談があるそうです。

又、そこに至る経緯は
ちょっとした初動のトラブル・ミスと
今の情報化社会で、ネットの情報が全てだと信じ込み
安直な情報で動く結果、進まない審議が多いということ。

皆、自分がかわいいし、自分の子どもと自分の家族の生活が一番大切。

当然だと思います。

淡々と記載しておりますが
私も、色々見てきましたので^^;
文字で表現する難しさを痛感しつつ文章を作成しております。

司法が介入するまでに・・・問題を解決するには
早期に学校と協力し、速やかに動く事

と言っても結局、被害者当人の意思が最も尊重されるので厄介です。

マザーリーフでは、各種相談機関と連携しておりますので
早期対応し、被害者子どもの心が壊れてしまう前に・・・
出来るだけの、相談窓口のご案内はさせていただきます。CIMG1943.JPG

心が壊れた子どもが、これ以上増えませんように。

いつでもご連絡ください(^^)/

    マザールーフ執行部一同
Posted by hahaちゃん at 08:54 | 不登校 | この記事のURL
新しい環境の前に[2020年09月27日(Sun)]

この時期、新たに塾に行く方

通信制の学校に通い始める方等、新しい環境に一歩踏み込む方が
多い時期でもあります。

そんな場合、スムーズに行うために
予め、先生などと情報交換するのは、一つの方法かもしれません。ghi.png

例えば・・・以下はある保護者の方の体験談です。

子どもさんが、高校に進学されました。

ずっと不登校であったので、2年ぶりの団体生活です。
子どもさんの決意は固く、頑張ってくれるだろうと思ったそうですが
顔つきが、非常に硬かったそうで
保護者の方が、学校側と連絡を取り合い
今までの子どもさんの状況を説明に行かれたそうです。

そのおかげで学校側から、様子がおかしい場合は直ぐに連絡があり
先生からも自然なお声がけをしていただけたそうで

子どもさんは無事に高校を卒業することが出来たそうです。

子どもさんの状態にもよりますが
保護者の方が判断され
情報提供された方が良い場合もあります。

例の一つとして、心にとどめておいてくださいね(^^)
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 不登校 | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml