CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 学校との付き合い方 | Main | 不登校 »
そんな私を支えたもの[2021年03月13日(Sat)]

奇跡的に手術は成功し
ICUから出て家族や主治医、友人、『カツテラス』で報告…
皆のコメントやカツの歓声。徐々に
『助かったんだなぁ』と実感しました。(*^^*)

入院中、友人やヘルパーさん、近隣から沢山子どもたちを助けていただきました。
子どもたちも何が起こっているのか…
何時親が帰ってくるかも知らぬ中で
不安だらけの中、学校では先生方から色々お声がけいただき
かなり不安は、解消されたようです。

下の子どもたちには
『ちょっと検査行ってくる、手術も軽くするかも。』
と言って出て
長男には
『簡単な状態や♬大丈夫やで』と言い残し。

長男は、手術の最初に
『大丈夫!きっと戻ってこれると信じて待ちましょう!』という言葉で
『どういうことですか?』と…知ることとなり

手術中、ずっと頭を抱えていたそうですあせあせ(飛び散る汗) ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)

そしていよいよ退院する日。
先生から、術中のお話。
私の足がピクピク動いたとき、全員で涙をためて歓声を上げた等々
なのに、あなたは麻酔から覚めて第一声が
『なんか寝てて起きたら終わってたなぁ』って……

皆様すみませんでしたm(__)mあせあせ(飛び散る汗)

そして現在。
左側に軽く麻痺はあるのでイライラするときもしばしば。
左だけ見えにくい…
握力が弱い…
メールが打ちにくい…
左足が上がってない…

そんなときはCDをかけ
焦らずゆっくり作業する…

銀行のATMから出れなくなったら、次の人に助けてもらう…

少しずつ少しずつ治る部位と治らない部位との付き合い方を模索し…

主治医をはじめ沢山の医療従事者の皆さん、子どもたちや、ヘルパーさん、学校や塾の先生方…
リアルな友人。

そして、今となってはリアル友人となったカツをはじめ『カツテラス』の住人たちに支えられて
皆さんから救っていただいた命に感謝しつつ…

すっごい経験したけど
今まで、当たり前だと思っていたことが、当たり前じゃない事に気付けたことや
沢山の方の想いに支えられている事を知ることができました。

目標は…先ずはカツから提案してくれた
私は左手のみ使用してコンサートで連弾出来るようになるまでCIMG1475.JPG
左手を回復すること(*^^*)

次は、子どもたちと出掛けたり、シュノーケリング…
楽しみが満載!

さあ!今日もぼちぼち生きましょ(^^)/
Posted by hahaちゃん at 10:00 | 体験談 | この記事のURL
そんな私を支えたもの[2021年03月12日(Fri)]

奈良の病院で、画像を見て驚愕され・・・

動揺した医師の様子に
こりゃ〜悪そうやなぁ…。と気付く…わなぁ顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

で、帰宅し
『さて。何からはじめるか…』と思いつつ

ある、元引きこもりの子どもさんの見守りのためにつけた17ライブという
配信番組で見つけたのが

ピアノの生配信でした。

最初は『まあ、なんて自由な表現なんだろう。弾いてる姿が純粋でピアノが楽くて仕方がないのが伝わる』
『ピアノが大好きなんだろうなぁ。』

なんて思いつつ聞いていると
ただただ、聴こえてくる音色で肩の力が抜けるので
毎日配信をひたすら聴きながら
正しく・・・終活にむけて日々動いていました。


ピアノの生配信
たまたま初日からみていたので
独りのちょっと不安そうな孤独な配信が
応援する人びとが増えて集まりとなり

『カツテラス』という場所になり

『来る人はおかえりなさい。』
『カツテラスに来る人みんな同級生』と

段々形が出来上がる課程を見て
元気をもらいつつ入院準備をし…

そんなとき、配信で仲良くなったかたから
とあるお誘いを受け…
仕方なく、暫く手術で居なくなる旨を伝えることになりました。
(まあ、どうせ顔もわからない人間の話やしするーでいくやろ(^^))と思ったので。

すると、突然…
ピアノが止まり…
配信中にもかかわらず真剣に話が始り
皆さんからのコメントが溢れるほどながれ…

『元気なって戻りたい…』と。心から思いました。

本当に…帰ってこれるかも
どんな状態で戻れるかもわからない中
主治医の先生方、関わってくれた沢山の看護師さんたち…
友人のみんな…
リアルでも配信ライブの中でも沢山の応援をもらい…
私を心配し、沢山涙を流してくださり
(私は、終活で必死なのと他人ごとのように思えて感情が出なくなっていました。)

準備したスーツケースの中には『カツテラス』鍵当番こと
ピアノ奏者の滝澤克明さん(以降カツ)のCDと
友人から貰った嵐の櫻井くんのうちわ
複数のお守り。
皆さんの沢山の想い入れて
快晴の中東京に行きました。

手術までの待機入院中、Wi-Fiのある場所に時間をあわせて行っては、
配信をみていると
『それは、何ですか?』と声をかけられ
少しずつ人が集まりました。
iPadの中の人とやり取りしてるのも驚きだったようです。CIMG1969.JPG

そして、病院のWi-Fi場所にミニ『カツテラス』が出来ました。
といっても、私が聴いてみている配信を皆さんがホッとしたくてききにくる…
だけなんですが。
Posted by hahaちゃん at 10:00 | 体験談 | この記事のURL
そして、東京へ[2021年03月07日(Sun)]

奈良に帰宅してからは大忙し。

涙もなく、子どもたちをどうするか…
先々を考えて、焦り
必死に終活を開始しました。

子どもの受験準備や保険の整理
喪服をクリーニング店に取りに行き、あちこちに遺書を隠すという作業をし、入院。

東京で入院後医師から聞かれます
   『症状は、あったのに何故言わなかったんですか?』
私  『だって、私たちの年齢の人ってよくしんどい。疲れるっていうでしょ?それだと思ってましたあせあせ(飛び散る汗)
先生 『あなたのは、病気です。』
私  『ですね。自分でもおかしいと思ったことがあったんですあせあせ(飛び散る汗)さすがにこんなしょっちゅう倒れるとかないでしょ?
でも・・・それどころではなかったので。今も、心配が付きません…』

そして十時間以上に及ぶ手術。
後日談では、先生は最初開けたときにそのまま閉じようかと話し合ったそうですが
本人の意思を通して、手術を決行してくださったそうです。thK476Z2S4.jpg

結果・・・奇跡的に足も歩け、少しの後遺症で元気になりつつあります。

Posted by hahaちゃん at 10:00 | 体験談 | この記事のURL
自分を大切に・・・[2021年03月06日(Sat)]

さすがに、これは相当ヤバイかも…と言いつつ

○○病院の受診日。
主治医 『ミエロするから入院な。』(検査)
私   『はぁ?
とまあ、一泊入院して検査し毎週の治療を受けて帰ります。

○○病院へ、次に行くと
近畿圏で受け入れてくれる病院がない。
というわけで
東京に向かうことになりました。

主治医 『気持ちだけで・・・子どもが心配で動けてるんやな。とりあえず来週出発な!』

状況を何となく気付いた長男は
急遽合宿免許に行き
私と子どもたちは、次の週には東京に出発しました。

東京で主治医となる先生にお会いすることになります。
下の子どもたちは、ホールで軽食兼お茶をさせていました。

先生と画像を見ながら話し合いました。

内容は…

・頚椎に原因不明の肉芽がある。
・頚椎はかなり圧迫されており、すき間がかろうじて確認されている。
・衝撃を受けたら即死。
・リスクしかない手術なのでこのまま手術しない選択肢もある。
・手術の前例がない。
・術後、圧迫された頚椎がいきなり元に戻ろうとすると気道を圧迫するのでそうかんします。そこからは、気力と体力の問題。
・手術が2回になる可能性がある。それでも取り切れない可能性が高い。
・足の機能を残すのはかなり難しい。
・余命は…今日かも明日かもしれない。

等々…まだまだ言われましたあせあせ(飛び散る汗)

私の意見は、『じゃあ、とりあえず顎から上だけでいいから3年生かしてくれたらいいです。手術してください。必死に頑張る長男、不安定な長女、受験の子、耳の遠い父親、抱えるものが多いので。』

予定を確認し、すべてがひと段落した後入院手術ということで。thEMB5LFQW.jpg

先生 『生きて・・・戻ってきてくださいね!』
私  『はい(*^^*)』

そして、せっかく東京に来たので観光後(これナイショで)帰宅しました(^^)
Posted by hahaちゃん at 09:00 | 体験談 | この記事のURL
皆さんご迷惑をおかけいたしました。[2021年03月05日(Fri)]

急に、ブログが停止し
連絡用のGメールも停止いましたので
皆様大変驚かれたと思います。
そのお話しをさせていただきます。


子どものために『自分を大切に』

常に皆さんにお話していたのが、このコメントでした。
過去のblogでも再三ですあせあせ(飛び散る汗)

そんな自分が今回やっちまいました…

長年の主治医と整形の受診時…
他愛ない会話の合間に
『最近、左手の握力が弱った…りんごリンゴが潰せん(笑)』との笑いを交えた私の一言で
突然、先に小さなゴムのついた棒でトントン…

先生 『緊急MRIとって!
私  『はぁ?
私  『いらんて!
先生 『薬1週間しか出さんし!絶対に来るんやで!
私  『ケチ!

と、いう押し問答の末
薬のために渋々MRIをとり
次の週の診察となりました…

先生 『さて!画像できたか!
私  『なんもないやろ(笑)』
先生 『…』
先生 『…ちょっと○○先生に大至急見て貰って!早く!

とまあ、私を忘れて大騒ぎ…
私  『あの…居てますけど顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)』と声をかけども、誰も聞く人はおらずあせあせ(飛び散る汗)
先生 『直ぐにあっちの○○病院電話して!○○先生繋いで!』とまあこんな具合であせあせ(飛び散る汗)

やっと私に気づいた主治医の第一声が
先生 『なんで動けてるの?
私  『はぁ?知らんで顔1(うれしいカオ)』という謎の言葉でしたあせあせ(飛び散る汗)
Posted by hahaちゃん at 09:00 | 体験談 | この記事のURL
自分のことは自分で[2020年11月09日(Mon)]

私の知人の体験です。

社会人になり、お給料の振り込み先口座を作る際
勧められてカードを作成したそうです。

カードを作成した直後のあるあるらしいですが
欲しいという感情のコントロールができなくて、上限いっぱい購入し
支払いが困難になって借金を重ねる・・・

最初、保護者に頼んでお金を借りて返済するも
又借金を作り、保護者に頼む・・・
繰り返し繰り返し繰り返し・・・
そして保護者の方も本人も悟ったそうです。th4P7WXQNT.jpg

自分の借金は自分で返さないと繰り返す・・・。

そして、数年後自分の借金を完済し
今は、借金のない生活を送られているそうです。

今回は、大人の方のお話しです。
しかし、たとえそれが子どもであっても
助けるのも必要ですが
基本、自分のことは自分で解決しなければ
本人のためにならないのだと、お話しを聞いて私は感じました。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
進路説明会[2020年11月06日(Fri)]

この時期は嫌でも焦りますあせあせ(飛び散る汗)
進路説明会に、入試の案内

保護者のかたもですが子どもさんはもっと焦りますあせあせ(飛び散る汗)

我が家の子どもも当時
イライラしたり

『本当にこの学校が志望校でいいんだろうか?』と悩みに悩みました。

そんな子どもも今となっては
値段の安さだけで決めた合宿免許に行ったり
自分の人生を自分の責任独りで選択できるようになりつつあるようですあせあせ(飛び散る汗)
(基本放置なので、事後報告です・・・。)

大きな山、小さな山、渓谷に落ちたり大変だったと思いますが

口コミを見ずに値段の安さだけで行った合宿免許で
痩せて帰宅し(笑)
乗り越えたのが小さな自信になったようです。

子どもってこうして一歩ずつ
あの小さかった子どもが・・・
しんどい思いをいっぱいした子どもが・・・th5C6XY6RB.jpg
自立してゆくのかなぁ・・・と思いました。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
動く時![2020年10月23日(Fri)]

この時期は、子どもさんも保護者の方も進路で悩むと思いますあせあせ(飛び散る汗)

子どもさんが、本当に動くかどうか
何時どうしたいのか・・・

体験上ですが
それは、時期が来たら勝手に決めるようで

周りの人に敷かれたレールでは決して進めず
自分で敷いて、自分で決めたレールでないと
ちょっとした坂やちょっとした落石で動けなくなるようです・・・。DSC_0353.JPG

かといって、他の子と同じ時期に頑張って動いて
何とか、動き出せても正解。
違う時期に、『やっぱり動かないと…。』と途中から動き出すのも正解。

要は、その子どもさんが
きっかけがどうれあれ、最終的に自分の意思で動いた方が
何かの時に、頑張れる・・・。

『自分で決めたことだから、もう少し頑張ってみよう!』と思えるから
自分の意思で決めるまで待つ方が良いようです。

自分で決めないと『あの時、親に言われたから行ったのに!』という言い訳ができるから。

そう、お母さんに言ったという
子どもさんのお話しも聞いたことがあります。

まだ時間はあります!

子どもさんは、どうしたいのか・・・

一度ゆっくりお話しされるのも良いかもしれませんね(^^)/
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
被害者の想い。[2020年10月13日(Tue)]

ある、保護者の方から
皆さまに…とご連絡を頂きました。
正直、掲載を悩みましたが
色々なケースの一つとお考えいただけたら…
又、被害者の方の揺るぎない姿勢を見習えたらと思います。5435.jpg


子どもさんが、酷いいじめを受け
事件となり数年。
やっと、元気になった被害者は自分の道を歩み始めます。

そんなとき、加害者の祖母が
当時の被害児童に対して
根も葉もない噂を流していると言うことを知ります。

わが孫可愛さでしょう。

噂は、あっという間に拡がりましたが
当時見守りをされていたボランティアの方の耳にはいり
かえって当時の加害者の
残忍さが浮き彫りにされます。

勿論、被害者の方にも早い段階で耳に入りました。

実は、最初はかなり動揺されたそうです。
しかし、あえて静観を決められたそうです。

嘘は所詮嘘。
ほころびが出て、必ず辻褄が会わなくなってくる。

ただ、せっかくの穏やかな毎日を又、同情の目にさらされたのが辛かったと…
話されていました。

高齢になると
人は現在と過去が混沌となる場合もあるそうです。

電話の向こうでため息混じりに話されました。
『ただただ、疲れただけでした。しかし、また沢山の方に助けられました。』

皆さんへのメッセージです。

『慌てず騒がず静観し堂々としていたらやり過ごせると思いました…にこにこ

これだけ凛といれれるか(^^;しかし、こうでありたいと思いましたにこにこ

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
メールやLINEの危うさ[2020年10月04日(Sun)]

今の時代、メールやLINEで膨大な連絡のやり取りをしており
メールやLINEが何らかのトラブルで届かなくてもわからず
放置になるという場合がたまにあります。

最近も、大切なメールが
待てどくらせど届かずあせあせ(飛び散る汗)

自身の入院やら父の通院等忙しくしていた私に代わり
チェックしてくれていた子どもも段々焦りだし(´□`; 三 ;´□`)

結局、こちらから問い合わせのお電話をして
トラブルで届かなかったのを確認したという有り様でした。Welcome Scan.jpg

パソコンは、そこそこ人並みにはいじりますが
昔人間ゆえに、電話で問い合わせしたのが幸いしましたが
もう少しで、人生が変わるほどの…大変な状況でしたあせあせ(飛び散る汗)

皆さんもあると思いますが
『お忙しいだろうから期限ギリギリまで待つかなぁ。』とか
躊躇する…なんてことがあると思いますが
大切な案件であればあるほど

おかしいと思ったら直ぐ
直接連絡することをおすすめしますにこにこ
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml