• もっと見る
« 学校との付き合い方 | Main | 不登校 »
子どもとの人間関係 2[2022年10月09日(Sun)]

子どもも悪いことをしたら謝ります。
大人も謝って普通です。

親子である限り、保護者である限り
話し合いができ、何度でもやり直せます。

その過程を経て、保護者の方も
子どもさんもお互いが成長するのかもしれません。

先日、昨年度フォーラム講師である
ピアニストKatsuが関西に来られた際、マザーリーフに立ち寄ってくださいました。

彼の現在があるのは
紆余曲折あれど、自分と根気よく付き合い
好きなことと出会ったから努力し
何より・・・その状況を保護者の方がOK出されたからではないでしょうか。

子どもさんの話をきいて
何かやりたいことがあれば見守る、出来たら応援する。
子どもさんによっても違いがあり、その時の状況によりますが

子どもさんが話し出したら、とりあえず手をとめて
向き合い話を聞く。

そこから何か小さな一歩が踏み出せるかもしれません(*^^*)CIMG1943.JPG
Posted by hahaちゃん at 09:00 | 体験談 | この記事のURL
子どもとの関係 1[2022年10月06日(Thu)]

子どもさんと保護者の方はどれくらい話されているでしょうか?
それでなくとも、思春期の子どもさんと保護者の方には
見えない大きな壁があります。

特に、不登校の子どもさんに対して

『これからの人生どうするの。』
『今勉強するしかないでしょ。今越えたら楽になるから』

等と言ってしまうと
1番思い悩んでる不登校の当人である子どもさんに対して
傷口に塩を塗ってしまっているのかもしれません。

もし、自分が言ってしまったら。
私は、素直に謝りますあせあせ(飛び散る汗)

親だからと言って間違いがないなんてありえないです(^_^;)あせあせ(飛び散る汗)

子どもさんが10歳なら保護者年齢も10歳
子どもさんの成長と保護者としての成長はうまく言っても同時。

保護者は、頭が固い分だけ
子どもの方が柔軟で
保護者の何気ない一言で、秘かに傷いていることもあると思います。jgggg.jpg

Posted by hahaちゃん at 08:00 | 体験談 | この記事のURL
適度な休息 2[2022年09月28日(Wed)]

子どもさんは、月に1度か2度そんな日が続いたそうですが
暫くしたら何もなかったかのように学校に行きだしました。

数か月後、何時もの生活ルーティーンが行われ
朽ち果てたように眠り朝になり

『頭いたい。疲れた』といい学校を休み・・・

昼頃になると、スマホをみて笑っているそうです。

『そんなに疲れるなら先にすることをしてしまいそれからスマホをさわらなければいい』

と子どもさんにいったら
『無理』という返事。

どうも、子どもさんが1番神経をすり減らしているのはスタホのようです。

それでもスマホを離せない現代の風潮。

お話をうかがって思いました・・・
適度な休息に1番大切なものは
スマホから離れること。なのかもしれませんねあせあせ(飛び散る汗)OIP (1).jpg


Posted by hahaちゃん at 10:00 | 体験談 | この記事のURL
適度な休息 1[2022年09月25日(Sun)]

子どもさんの体調が悪くなり
学校を休むと言い出します。

保護者の方が何故休むのかと改めて問いかけると

『ここのところ休みがなくで疲れていたから、今日は、自分の休養日。』

えっと…休んでましたやん。

と保護者の方の心の声。

スマホ見て笑ってLINEして
ティックトックみてそのまま寝てしまい…
朝からお風呂やったやん!

どんどん溢れる心の声をグッとこらえて
仕方がないかと
保護者の方は仕事に向かわれたそうです。gfccxz.jpg
Posted by hahaちゃん at 08:40 | 体験談 | この記事のURL
しんどい時期 社会人編 完結[2022年09月22日(Thu)]

永遠に続くかと思った部屋から出ない娘さんの生活。

そんな、ある時
突然、服装を整え面接に行き
今の職場で働きはじめます。

その際も、お母さんは娘さんが一体どこに行くのか。
何をしに出て行ったのか全く知らなかったそうです。

お母さんは、話されます。
彼女が何故家から出れなくなったのか。
何故、急に働きだしたのか全く知らないそうです。

ただひたすら、何も問わず何時ものように・・・
心がけて、生活していたと話されていました。

人生山あり谷ありですが
今、あの時は嘘のように
家族で仲良く楽しく旅行に行ったり
生活出来ているのが一番の幸せだそうです。

何故、娘さんの何も言わなかったのか、お母さんに伺いました。

『人生いろんな時があるから。あの娘の人生。自分が納得したら良いでしょ。』

さすがです。

素敵なご家族のお話を伺えて、お知り合いになれてllbcz.jpg
私も幸せです。
Posted by hahaちゃん at 05:11 | 体験談 | この記事のURL
しんどい時期 社会人編[2022年09月19日(Mon)]

ある娘さんのお話です。

blog掲載承諾いただきありがとうございます。


仕事に全力で取り組み生き甲斐だった彼女は
無我夢中で生活されていたそうです。
年頃になり恋愛もされましたが、仕事の方が大切で

気づいたら40歳。

そんな彼女を急に鬱が襲います。

大好きな仕事にも行けず
家を出れない日々が続きます。

保護者の方々は何も言わず見守ったそうです。yjimageURJ47UOZ.jpg

まもなく、彼女が退職し
それを期に、とうとう部屋から出れずなります。

彼女は、2年間と少し
その生活を送ります。
Posted by hahaちゃん at 18:12 | 体験談 | この記事のURL
あのころ・・・後半[2022年07月31日(Sun)]

私の場合、当時の職場の仲間から
『気を抜く時間も必要だよ!』と言われ、通常勤務のなかでも気晴らしできたので
『人に救われた!』と思います。

我が家の場合は、回りの人の優しさからの適度な距離が良かったのかなぁと思います。

私も、多分
子どもとずっと二人きりでは辛かったし、泣くところや黙って寄り添ってくれる仲間のいる職場は、かなり救いだった気がします。

あれから人生を重ねて。

それでも、子どもに対しては過剰反応してしまいますが、目をつぶって知らないふりは出来るようになってきましたてれてれimages1T0NLS7H.jpg
       
Posted by hahaちゃん at 07:00 | 体験談 | この記事のURL
あのころ・・・ 前半[2022年07月27日(Wed)]

ゴムを伸ばし続けたら
切れてしまいます。

でも、今、目の前にしんどい子がいたら。
判断もできなくなり、そんなこと言ってられません。

自分がそうだったのですが

少しでも気を緩めてしまったら、もう一歩も進めなくなる。
どこまでも自分を追い詰めてアドレナリン全開で走り続けていた気がします。

そんな私の姿をみて
子どもは、余計
人の顔色…特に私の顔色を気にしていた様です。

保護者のふとした表情で、神経質な子どもは気付くんですね。

当時の私にその余裕はなく。
朝から何も食べず飲まず。
家事に育児に送迎に仕事、どれだけ頑張っても、まだまだ足らないと思い
自分が許せない。

結論『無言の圧力』でしょうか。

  つづく。
Posted by hahaちゃん at 06:57 | 体験談 | この記事のURL
目の悪い人って大変(>_<)[2022年04月07日(Thu)]

頸椎の手術をして早1年

すっかり忘れていたところで、ここ数か月視力の低下が見られました。

学習能力のない私は『老眼や(笑)(笑)』と笑っていましたが

どうもおかしい?
テレビの時間表示が5桁に見える(・・?

結論・・・後遺症でした(>_<)

眼球の血流が悪いそうで(もはや知らんがなと心でつぶやく)

『近眼です!後老眼も!』と・・・複雑な視力になってしまいました。

左がマヒの残った方(といっても、奇跡的に普通に歩いてます)
左か・・・

というわけで、やっと眼鏡を一つ手に入れました。
もう一つは時間がかかるそうです。
眼鏡って邪魔くさい!大変や((+_+))
今まで裸眼2.0の私には未知の世界です!
(*´Д`)ふぇー

パソコンの字がだいぶんみえるようになったし。
まあいいか。

年齢とともに、検査したら何か悪いところが出る!
かないませんなぁ(>_<)

というわけで、私とすれ違ったら眼鏡を所持して無い場合
大きく手を振ってください(^^)/
皆さんも健康には気を付けて!
保護者の方が元気でないと、子どもの事以前です!de.jpg
(個々の説得力は凄い自信がある私あせあせ(飛び散る汗))


生きてるだけで丸儲け!あーこりゃこりゃ。
Posted by hahaちゃん at 15:00 | 体験談 | この記事のURL
別れ。 最後に[2022年03月14日(Mon)]

このコロナ禍で、今まで以上に
不登校の子どもさんが増え
保護者の方も苦しい状況の方が多いです。

皆さんはご存知でしょうか?
あちこちで、発生する人身事故。

人間は直ぐになれてしまい
『またか。しょっちゅうやな。迷惑な。』
などと、もはや当たり前のようになっています。

そこに一つ一つの命が消えて行き
その人に関わる人が深く悲しみます。

どうか、生きてください。
今しんどいのは、みんな。
独りじゃないのを思い出してください。

そして、子どもたちに
生きたくても生きることができなかった彼女の事を
話してあげてほしいと思いました。

痛かっただろうし、苦しかっただろう。
段々いうことを聞かなく身体に不安や怖さがあっただろう。thSV3KWAPO.jpg
本当に、全力で笑顔で生きた貴女。
どうか、安らかに休憩してください。
Posted by hahaちゃん at 18:26 | 体験談 | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml