CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« マザーリーフフォーラムについてのお知らせ | Main | コロナ感染拡大の中で »
信頼と裏切り  皆さんもどうか注意ください。[2021年09月01日(Wed)]

※ 以下ブログは、犯罪に発展する可能性もありますので
あえてイニシャル等により業者が特定出来ないようにさせていただいております。
尚、我が家は教訓とし以降、一切のお付き合いを絶つこととしました。
何故なら・・・車は凶器になるからです。



ここ数年、ずっとお世話になっている吉野南部で昔ながらの車屋さん、国産大手メーカーの名前を看板にもつ車屋さんに車検を出しました。車検を出してもう3回目、4回目でしょうか。

社長さんが取りに来てくださり、車のボンネットを開けてエンジン等々の状態を軽く見て
『最初の見積りどおり約50000円で大丈夫です。』と言うお話でした。


車の調子も良かったので安心して連絡をまっていましたら
なんと、かかった費用は140000円と言う返答でした。

車の事が全くわからない我が家は驚愕しましたが
かき集めて支払い早速戻ってきた車に乗ってみました。

すると…ブレーキを踏む度に車から明らかに擬音が聞こえます。

直ぐに吉野の車屋さんに
連絡すると
『1週間様子を見てください。』とのことでした。

さすがに、ブレーキ部からの音に不安が募り知人に相談すると

ブレーキ部分の擬音で放置は危ないと言われ

最近、同じ吉野で車屋を始めた『M』というかたを紹介していただき車を預ける事にしました。


預けることが決まりホッとしたのもつかの間
ボンネットの前方から変な音がします。

ボンネットを開けると、大きな空洞がありました。

直ぐにネットで子どもが調べ…

なんと、部品がそっくり無い事が判明しました。IMG_8477.JPG

長年車検をお願いしていた車屋さん
しかも、日本の大手メーカーの名前を構えているので信用し、任せていたので騙されたショックははかり知れませんでした。

その後、いろいろな方からお話を聞いている間に
同じ車屋さんで
我が家と全く同じ手口で
見積もりと車検後の金額が全く違うケースが頻繁にあることを知りました。
また、予め高額請求されているというお話も聞きました。

元々気が弱い子どもも凍りつきつつ自ら部品の抜き取られた車の写真を撮り

そのまま紹介いただいた『M』という車屋さんに託しました。

点検した車屋さんから出てくる驚愕の事実の数々
『車のエアコンのきき悪いですか?
『軽自動車なんで顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)』と答えた私に
『ガスが入ってません。』
そして、粗悪な部品のつけ方のためブレーキ部分があたって音が出ていた件
部品が抜き取られていた件
等々…
開いた口が塞がりません。

幸い、『同じ車屋として、最低です。こちらで部品は中古品を分けて貰うので費用は要りません。』と我が家に同情し、言っていただき安堵しました。

その後、騙した吉野の国産オーテメーカーの名前を持つ会社で
いつも我が家の車の点検等をみてくださっていた整備士の方が
会社の方針とあわず辞められたと知りました。

少なくとも今までは、その整備士さんがちゃんと車検をしてくださっていたということをご本人から伺い安心し
今職場が変わり違法な事を強要されず逆らわなくて良いので
安堵していると伺うことができました。

子どもは、過去の暴行事件の後遺症で人との付き合いが苦手です。

しかし、知人に助けられ新たな車屋さんに巡り会え、その方とは、打ち解け
またひとつ、貴重な経験を摘んだようです。

知人に言われました。

『自分の様に車関係の職人が車検を任せる車屋さんに頼まないと、今の世の中騙されることばっかりやで。』


いくら、大手メーカーの名前があっても経営者や責任者がいい加減では、信用はあっという間に消え去ります。

正しく名前に騙された。IMG_8500.jpg

確かに…

私も痛感しました。

私の入院中に部品はつけられ、コロナ感染拡大のため面会できない私に
子どもたちが、車で洗濯物を届けてくれました。
部屋から走り去る車を見て、子どもたちの成長に安堵しました。

ひとつひとつ…ですね(^^)

尚、わが家はその吉野にある日本の大手メーカーの名前をもつ車屋さんに対して
一切、クレームもですが状況説明をすることはありませんでした。
何故、私たちが貴重な時間を使っていい加減な会社に対して意見を言ってあげなければいけないのか。
その時間がもったいないと思いました。

吉野で何十年も日本の大手メーカーの看板を掲げて経営されている車屋さんです。
皆さんが信用していて
私たち一家も信用していて、近隣の方は言われるままにお支払いされているようです。

今回不正が沢山発覚しました。
辛かったですが

新しく『М』さんという会社と知り合うことができ私たちは救われました。

今まで車検を依頼していた会社は、日本の大手メーカーの看板を掲げているにもかかわらず

コロナが蔓延する前から不正が行われていたというお話を聞いて更に驚きました。
又、今はコロナの蔓延で、車を手放す人も増え

大手自動車会社でも必要以上の部品交換が行われる場合があると知りました。


写真を見て一目だと思います。
上が車検直後の写真。
下が、『М』さんに部品を取り付けていただいた写真です。

やるせなさと共に、私にとっても子どもにとっても
とても勉強になったと、痛感した出来事でした。
Posted by hahaちゃん at 07:58 | トラブル | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/motherleaf/archive/2927
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml