CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 緊急連絡 | Main | 自分をおさえる。 »
もう10年以上前のお話しです。[2020年08月07日(Fri)]

当時、子どもが上級生からの暴行事件にあい
私自身、自分を顧みず必死にあちこちの相談機関と話し合いをしていました。

暴行事件の際、子どもは武道で黒帯でした。

それゆえ、あいてに反撃してはいけないと思い込み
ひたすら、受け身で耐え続け
内臓が打ち身となり、耳の形が変形するほどの傷を負い
幸い外傷は治癒しましたが
精神がやんでしまいました。

私が、自身の身体の異変に気付いたとき
子どもに夢中で放置し

医師の勧めで専門医にかかったときはすでに手遅れでfxg.jpg
身体の一部機能が全廃してしまいました。

自分の猛省も含め
このコロナウィル蔓延の日々

皆さん、子どもさんのためにどうかご自愛いただきたいと
願う日々です(^^)

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/motherleaf/archive/2751
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml