CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 友人より | Main | 自分だけを見て。 »
[2020年04月18日(Sat)]

大人でもそうですが
感情には波があり、俗に『感情の起伏が激しい。』といいます。

不登校の子どもさんは、その感情の起伏が激しいようで

小さなことで、気持ちにスイッチが入り気分が悪くなるということは多いです。

しかも、保護者に依存する子どもさんが多いので

依存される保護者の方は、はれ物に触るごとく気を使われているのではないかと思ないかいます。

臨床心理士の先生に伺うと、それは最初は心地よく

段々慣れて、当たり前になることが多いそうです。

それを、防ぐために専門家の先生や第三者の方との関りで
自分の気持ちをぶつけるだけでなく、相手の気持ちを考慮する練習をする必要があるようです。

今年は、いつ終わるかわからないコロナ感染。6565.jpg

ご自宅でも、大変な日々を送られている方。
皆お休みだから、心地よくほっとされている方。
それぞれです。

今は、どう頑張っても動けません。

保護者のみなさんは、ご自分をいたわりつつ
子どもたちの波にのまれないよう、冷静でいただけたらと思います。

一番難しいですけどあせあせ(飛び散る汗)


Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/motherleaf/archive/2638
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml