CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 志村けんさん | Main | 新型コロナウィルス感染応援と、不登校支援 »
時期を過ぎれば。前半[2020年04月01日(Wed)]

あるご家族のお話です。
子どもさんが、不登校になり受験を断念されます。

子どもさんと話し合われた際
『自分が高校生になっている姿が想像できない。』
という子どもさんの意見を聞き入れたそうです。

そこから、この時期まで進学の話は一切されませんでした。
話すと、『大人の意見にしたがった』ということになると思ったと話されています。


先日、子どもさんと二人になる機会があり
最近、作業に行き詰まっているようだったのでDSC_0140.JPG
その時初めて、保護者のかたが話されます。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/motherleaf/archive/2620
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml