CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 『学校に行きたくない。』という勇気 | Main | NHKうわさの保護者会 »
小さな頃のお話[2019年08月30日(Fri)]


子どもさんのしんどい姿を見て保護者の皆さんは
辛くもありイライラするというお話をよく伺います。

私も、わかります顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

ある保護者のかたから伺ったお話です。

ふとした時に、子どもさんの小さな頃の写真を見つけます。

思わずにっこり笑顔になります。

その様子を見た子どもさんから
『何見てんねん』の一言

お母さんは、
『みてごらんにこにここの頃、よく食べ物を顔につけてにこにこ
お母さんがとってあげて、お母さんが顔についた食べ物を食べてあげたら
ちょっと目を離したら、取って取ってって…
おでこやほっぺに沢山ご飯粒つけて喜んで可愛くてにこにこ』と話すと

『なんとなく、覚えてる。取ってくれるのが嬉しくてよくやった。
母さんも涙ためて大笑いしてたな。』

その写真を、写真たてに入れてリビングにそっと置いたそうです。

『楽しく、いこうよ!
お母さんの一言に
『そうやなぁ』
子どもさんも少し力が抜けたようです。

小さな頃のお話は子どもさん本人も保護者の方も癒されます。

小さな事しか出来ないですが
それもちゃんと心にエネルギーとなり積もります。thWG0VALA3.jpg
焦らずゆっくりいこうと
話してあげてくださいにこにこ
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/motherleaf/archive/2239
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
fuwa_b2.gif https://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml