CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

社会福祉法人マザアスさんの画像
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク集
未来の介護職員さん。 [2012年06月30日(Sat)]
今日は、19名の日本社会事業大学1年生が見学実習に来所されました。
8月から介護福祉士の実習に入るにあたって
特養とはどのような所なのか、どんな方が生活されているのか
を直に関わって知ってもらうためです。
DSC01922ブ.jpg

始めは概要説明を行い、3グループに分かれて見学ツアー。
その後、更に細かいグループに分かれて
リネン交換や入浴後の整髪、コミュニケーションをとりました。
DSC01925ブ.jpg
DSC01928ブ.jpg
DSC01931ブ.jpg
DSC01933ブ.jpg

大学に入ってまだ3カ月。
皆さん、最初は緊張されていましたが
徐々に打ち解けてご利用者と共に素敵な笑顔になっていました。
質疑応答も活発で、皆さんの熱意が伝わりました。
将来、一緒に働けると良いですね。
                          マザアス東久留米 特養




Posted by マザアス at 19:51 | マザアス東久留米 | この記事のURL
第15回追悼会 [2012年06月25日(Mon)]
6月24日、第15回追悼会が行われました。
平成23年度に亡くなられた方を偲ぶ会です。
IMG_1996w.jpg

前半は、クラシック演奏会が行われました。
「アメージンググレイス」から「ふるさと」まで幅広く
手拍子されている方もいて、皆さん、生の演奏を楽しまれていました。
IMG_2003w.jpg

後半は、ご遺族と入居されているご利用者、職員と茶話会を
おこないました。
IMG_2009w.jpg
IMG_2010w.jpg

マザアス東久留米では一人一人を
偲ぶ機会を作ろうということで、職員がその方との思い出や
気持ちをコメントシールに書いて、色紙に貼りご遺族にお渡ししています。
追悼会色紙加工.jpg
追悼色紙加工2.jpg

その色紙をもとに時に涙、時に笑いながら思い出を語り合いました。
また、マザアスに対しての励ましや感謝の言葉をたくさん頂き、
仕事への自信と誇りになりました。
皆さんからの温かい言葉を大事にして、次に繋げていきたいと思います。

最後に、記念撮影。
IMG_2013w.jpg

参加されたご遺族の皆様、
また、出欠葉書きにたくさんのコメントを下さったご遺族の皆様、
ありがとうございました!!

Posted by マザアス at 17:48 | マザアス東久留米 | この記事のURL
ぼたんユニットおやつバイキング    [2012年06月17日(Sun)]
6月15日15:00

今月からユニットごとにおやつバイキングを計画しました
第1回目はぼたんユニットです

CIMG0693-1.JPG
メニューはハートのロールケーキ
     ブラマンジェ
     蒸したてあんまんです

CIMG0695-1.JPG
湯気の立ったあんまんも人気でしたが、やはり一番人気はハートをちりばめたロールケーキ!もちろん手作りです
おいしいお茶をいただきながら午後のひとときを楽しみました

 
Posted by マザアス at 21:38 | マザアス新宿 | この記事のURL
ユニットだより [2012年06月13日(Wed)]
特養では、毎月ご家族宛てに「コメントカード」という
名刺より少々小さいカードを送っています。
コメントカードw.jpg

ご利用者の担当職員が、その月をどのように過ごされていたのか
記入しています。面会に来ることが難しい方へも様子が伝わり
職員との信頼関係にもつながっています。

今回は、先月行われたおやつの会について
ユニットだよりをつくりました。
つつじ便りw.jpg

それぞれのユニットで土台を作り、個人の写真とコメントを入れて
素敵なものが出来ました。年々、レベルアップしています。
桜便りw.jpg

笑顔の写真やコメントを読んで
家族でなくても、心がほっこり温かくなります。

                          マザアス東久留米 特養
Posted by マザアス at 18:15 | マザアス東久留米 | この記事のURL
ひだまり音楽祭 [2012年06月11日(Mon)]
2012-05-18-0074.JPG
2012-05-18-0082.JPG
2012-05-18-0107.JPG2012-05-18-0121.JPG
5月18日(金)、第7回目となった音楽祭が開催され、ご利用者の皆さんが日頃の音楽療法で練習した合奏の成果を発表されました。今年からこの音楽祭を『ひだまり音楽祭』と呼んでいます。『ひだまり』といえば広報誌のタイトルでもありマザアスにとってはなじみのある言葉です。気候の良いこの季節に、その言葉通り、明るくて暖かい音楽祭になるようにとの願いを込めました。当日は午前中一時的に豪雨となり心配しましたが、開催時間の午後は晴天に恵まれ、中庭を開放して気持ち良い空間の会場で開催する事ができました。特養ホーム、デイサービス、グループホーム、小規模多機能ホームの皆さんが参加し、ご家族やスタッフを合わせ総勢150名以上が一堂に会した大規模なものになりました。
オープニングは、数年前にご利用者さんが詩をつくり、音楽療法士の小原先生が作曲したオリジナル曲「マザアスひだまり音頭」で始まりました。演奏は、男性ご利用者さんお二人による和太鼓と、スタッフで構成するマザアスバンド(トロンボーン、トランペット、クラリネット、ピアノ、ドラム)です。お祭りの雰囲気が醸し出されわくわくしました。先頭をきって発表をした4階グループは、「キヨシのズンドコ節」を鳴子や太鼓、タンバリンで合奏しました。テンポよいリズムで笑顔一杯に発表されました。2階グループの発表は、小原先生がラテン調にアレンジして下さった「茶摘み」を、ご利用者さんは鈴、スタッフはジャンベというアフリカの太鼓で合奏しました。気分が高揚し泣きだされるご利用者さんが複数いらっしゃいました。最後に発表した3階グループは「空に太陽がある限り」をタンバリンや鳴子、太鼓で情熱的に合奏されました。スタッフの踊り付きで視覚的にも楽しめました。その他、スティックでリズムをとりながら大きな声を出す掛け声合戦、マザアスバンドの生演奏やスタッフが奏でるミュージックベルに合わせての合唱など、笑顔あり、涙ありのにぎやかで楽しいひと時を過ごす事ができました。
今年から楽曲『手のひらを太陽に』を音楽祭のテーマ曲にしました。作詞のやなせたかし氏は「厭世的な気分になって追い込まれていた時のことです。暗いところで自分の手を懐中電灯で冷たい手を暖めながら仕事をしていた時に、ふと手を見ると真っ赤な血が見える。自分は生きているんだという再発見と、その喜びを謳歌して頑張らなくちゃと、自分を励ますためにこの詞を作った」と述べています。生きているから、歌ったり、悲しんだり、笑ったり、うれしかったりするのです。音楽を通し、それを実感できる喜びのある音楽祭を、今後もつくっていきたいと思います。   (記:実行委員長 田内)
  …音楽祭をリードして下さった小原先生よりコメントを頂きました。…
「リズム」
 私たちの体には、生まれながらにして生体時計があり、リズムが刻まれています。例えば、心臓は規則正しく鼓動し、体の各組織、睡眠覚醒、歩行にもリズムがあります。しかし、年をとったり、障害があったり、体調が悪いと、リズムが乱れてしまいます。音楽会では、この基本的なリズムを呼び戻して、活気ある生活を楽しんで頂けるようにという事をテーマにして、全員同時に掛け声を掛けながら、スイングのリズムをスティックで打ったり、階ごとの合奏も8ビート、チャチャチャのリズムに乗り、生演奏の迫力を体感しました。笑ったり、泣いたり、真剣な表情の参加者の皆さんと、共感した時間を過ごす事が出来、感謝致します。(音楽療法士 小原信子)
Posted by マザアス at 11:12 | マザアス日野 | この記事のURL
さくらんぼ狩り [2012年06月06日(Wed)]
DSC_1015a3ポスター.jpgDSC_0889.JPG  5月23日
マザアス日野の中庭でさくらんぼ狩りを行いました。
数日前までは大きなさくらんぼが、木が真っ赤になるほどたくさん生っていたのですが…悲しい事に、美味しそうな実はほとんど鳥に食べられてしまいました。

残った少しの実を、みんなで仲良く分け合いながら頂きます。
小さな実しか残っていませんでしたが、甘ずっぱくてとてもおいしいと皆さんにも喜んで頂けました。
暖かな日差しを浴びながらきれいな木々を眺めるのもたまには良いですね、なんだか夏の訪れを感じました。

来年こそは、野鳥に負けることなくさくらんぼ狩りができますように!
Posted by マザアス at 14:56 | マザアス日野 | この記事のURL