CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
コロナワクチン接種の「効用関数」 [2021年07月24日(Sat)]
筆者が送迎を行っている高齢者で、最も重篤な基礎疾患を抱えた方がおります。

その方は、週1回は大学病院で1−2種類の輸血を2−4時間かけて受けております。その他に、以前から抱える基礎疾患として、ニトログリセリン常時保有が必要な心臓病、若いころからの喘息、足腰の疾患その他を抱えており、クルマに乗り込むのもやっとの状態です。

さて、その方がこの度、新型コロナワクチンの接種を受けることになりました。長年の主治医も了承したとのことです。

その方のお友達は、あんなにいつ死んでもいいような状態で、リスクを犯してまでワクチンを打たなくても良いのに、と危惧しております。

そこで、ワクチンを打つか打たないかを判断するための「効用関数」なるものを試算してみました。これは他にも人生において使える考え方です。

まず、コロナの最新の感染者数を今朝の新聞で確認すると、(日本の総人口は1億2千万人としております。)

 ● 罹患者総数 85万8503人(約千人に7人=10万人あたり約700人) うち死亡者総数 15052人。(10万人あたり約12人)
 
一方、ワクチン接種についての厚労省のデータ(2021年7月21日発表、データは7月11日現在)を見ると、

 ● 接種者総数 3760万人 うち接種後の死亡者総数 667人(10万人あたり約1.7人)
   但し、厚労省は3人を除いてはワクチン接種との因果関係は認められなかったと言っております。とりあえず、667人全員が接種による死亡と仮定します。

つまり、10万人あたり12人がコロナに罹患すると死亡するのに対して、ワクチン接種による死亡者は10万人あたり1.7人となります。約7倍のリスクがワクチンを忌避することによって生じることになります。しかも、これは基礎疾患を多く抱えるであろう664人(多くは高齢者)を全てワクチン死と仮定しての数字です。仮に、667人の半分しかワクチン接種死がなかったとすると、10万人あたりの死亡者は更に半減し0.8人程度に落ちます。そうするとワクチン接種を行わないと、コロナ感染によって15倍の死亡リスクを抱えることになります。

もう、明らかですね。ワクチン接種することにより死亡リスクが7分の1から15分の1に低減、場合によってはそれ以上の「効用」があることが示されました。

筆者も、あんなに重篤な基礎疾患を抱えていつ死んでもおかしくない状態なのに、ワクチン接種して大丈夫かな?との疑問を抱いておりましたが、効用関数という考えからは上記の結論が導き出されます。今日、特別に送迎を行いますので、そのことをご本人に伝えてあげようかなと思います。

但し、1点だけ念を押しておくことを忘れないようにしないと。。

それは、ワクチン接種が引き金となって早逝する可能性があるということです。基礎疾患を抱えて毎週輸血をしていても、まあ、あと1−2年は生きられるかも知れません。仮に、その間にコロナに罹ってコロリと逝っても、それまでの人生は「謳歌」できる訳です。その謳歌できたであろう人生の残り時間を「犠牲」にしても本望ですね?という点を、念のため本人に言い伝えて置かないと、ワクチンを打ったのでもっと人生を「謳歌」できると勘違いされても、それは筆者の「本望」ではありませんので。。。

追伸:本人に確認したところ、ワクチン打って急逝してもいいとのこと。そういう覚悟が出来ているなら、他人がとやかく言う筋合いはありませんね。しかし、身体が悪いお年寄りには人生の未練は余りないことが改めて分かりましたので、せめて、送迎中だけでもいい思いをさせてあげなければと思い直しました。(クルマだけは電気とガソリンで走る快適なものにこの5月に買い替えたので、皆さん、喜んでおります。)

なお、ワクチンが直接の死因だと国が認定した場合は4420万円が支払われます。1級の障害者になった場合は年額505万円ほどが支払われます。
世間とのズレ [2021年07月10日(Sat)]
このところ、利用者の紹介で、新規の利用希望者から電話があり、当方が行っている「互助送迎」の趣旨について説明すると、訪問して説明するまでもなく、電話口でそのまま辞退されるケースが2件ありました。

今日あったケース

1.症状は椎間板ヘルニアとぎっくり腰で隣町の整形外科に通院開始したばかり。
2.その整形外科で現利用者から私の送迎について知ったので電話した。
3.現利用者から聞いたのは、役所の関係で私がボランティアの送迎を行っていること。
4.乗車代金としては500円を払うだけでよい。

1は、「送迎対象になりますよ。」と回答。
3は、「役所とは関係ありませんよ」と回答。「役所からの紹介はある」とも回答。
4は、「決まった料金を払う仕組みではありせんよ」と回答。

3については、「あ〜、そうだったんですか」と相槌を打っておりました。そして、4についても、「必ず頂く料金というのはありません。但し、国交省も認めている任意の謝礼は、その方がこの送迎活動から受ける利便性その他に応じて、その方のお気持ちと経済状態から任意にお決めになる金額は頂いております。その金額は500円と決まっている訳ではなく(そうだと、白タクになって違法)それ以下の方もいれば、それ以上の方もいますよ。ゼロの場合は、さすがにこちらの持ち出しが多くなり毎回続けることは困難になりますが。」と丁寧に説明しました。

こちらはてっきり送迎の趣旨についてはご理解頂いたものと思い、会話を続けようとすると、「では、もう利用するのは止めます。申し訳ありませんでした。」と言ったので、「あなたは利用することが出来ますけど」と返しましたが、「でも、結構です。すみませんでした」と言って電話を切りました。

以上のようなやりとりでした。

その方から最初に電話を受けた時は、「どなたの紹介ですか?」とのこちらからの質問に対して、「紹介者に断りもなく名前を言ってもいいのでしょうか?」と再三言われて、紹介者の名前を答えようとしないことにまずビックリしました。「いや、あなたは紹介者から私の電話番号を知ったのであり、紹介者の名前を告げることは何も問題ないのではないでしょうか?」と返答しましたが、なかなか紹介者の名前をおっしゃいません。

(実は、こういう方がいると直前に利用者から電話があり、今、手が離せないので夕方5時頃にその方から電話するように言って下さい。という前置きがありましたので、紹介者の名前は私としては承知しておりましたが、念のため尋ねたところ、このような返事。実際には5時には電話が来ず。夕食時にやっと来ました。)

いやはや、世の中の人々の心の中が全く見えません。

「紹介者の名前は言えない」と言われても困るのですが、でも、実際そう言われました。普通は、初めて電話をかける場合、「XXさんから紹介されてお電話したのですが。」と前置きするものだと私自身の常識では固く信じておりましたが、そうでない特殊な思考回路をお持ちの方がいることに、まず、ビックリ。

そして、電話口での上記のような会話。普通の話が全く通じない。

これは一体、どう考えたらいいのだろうか? 

まず考えられるのは、私の話が難しすぎること。わかりにくいこと。

そう言えば、以前から「明日、病院に行きたいので送迎お願いします。」といきなり電話がかかってくることが度々ありました。「便利なボランティアタクシー」と思っているとしか思えません。

そうではなく、「これこれしかじかと答えて、一度お伺いしてご説明しますので、ご住所をお教え下さい。」と言って話を続け、実際に訪問していろいろな手続や資料をお渡ししながら、送迎の趣旨について時間をかけて説明しております。

その結果、その後1度だけの利用か全く利用ゼロの方が、実は8名もいます。

恐らく、私の話を聞いて、「こんな面倒なことなら利用したくない」と思われた可能性が大です。

事故に遭った際、家族から訴えられても困るので、家族の署名入りの「利用承諾書」を頂くのが条件になっているのも、多分、そうした方々は嫌なのでしょう。面倒なのでしょう。

もう1つの可能性は、「もっと安く(できればタダ同然)簡単に利用できると思ったのに!」と思った可能性です。これは、いわゆるフリーライダー排除のためには、当方としては、辞退して頂くことは歓迎すべきこととなります。(これまで、2−3割がいわゆるフリーライダー的思考の持ち主でした。)

それから、単に「役所が関係しないのなら利用したくない」と考えていること。

いずれにしても、世の中の人々の考えている地平と、私が行っていることの互助送迎の複雑な仕組みが相容れないということでしょうか?

こういうことも、互助送迎が、特に個人ドライバーだけによる互助送迎が広がらない根本原因かも知れません。こういったお方を相手にするとガックリと疲れが出ます。もう辞めたくなりますね。

休日である筈の今日の土曜日も3件の送迎。昨日は8時半頃から夕方6時ごろまで6件の送迎。昼食もずっと取れない生活です。むしろ、とらない方が身体の調子もいいので、これはこれで歓迎ですが、昨日は約100キロの走行。

これは職業運転手より過酷ではないかと思ったりします。

従って、訳が分からない自分中心主義的なお方とは関わりたくない心境です。

いずれにしても、私自身のいわゆる「世間を見る目」が大甘だったということだけは言えそうです。

これまで、ありとあらゆる努力を重ね、ドライバーの発掘を心がけ努力を重ねて来ましたが、ドライバー候補として名乗りを上げる方は皆無。そうした方は実に「先見の明」がありますね。。。





検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

もろっこクラブさんの画像
https://blog.canpan.info/morocco/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morocco/index2_0.xml