• もっと見る
<< 2023年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最初のデートがうまくいくための言葉遣い [2018年06月22日(Fri)]
ちょっとこのブログには「堅い」記事が多いので、少し柔らかい話題を1つ。

今読んでいる、「誰もが嘘をついている」という本の中で紹介されている、今話題の「ビッグデータ分析」から得られた、タイトルにある「最初のデートがうまく行くための言葉遣い」です。

著者は、セス・スティーヴンズ=ダヴィッドウィッツという舌を噛みそうな方。スタンフォード大学で哲学を専攻し、ハーバード大学で経済学の博士号を取得。グーグルのデータサイエンティスト、ペンシルバニア大学の講師などを経て、現在はニューヨークタイムズの寄稿者とのこと。

タイトルの部分だけ、ちょっと転記したものですが、私なりに箇条書きにするなどしておりますので、一字一句同じではありません。多少の言葉遣いの違いはあることをご了承下さい。趣旨は全く同じです。以下、ご参照下さい。特にビッグデータ分析に着目。

●二度目のデートに到達できるかどうかは、初回のデートの言葉遣いで分かる。

<伝統的なデータ>
女性:背が高く趣味が同じ男性を好む
男性:細身で趣味が同じ女性を好む

<録音をデジタル化したビッグデータ分析より>
1.男性が相手に好意を伝える方法
  →女性のジョークに笑うこと
  →声を単調にすること(ある研究では、女性は男性の一本   調子の声を男らしく感じる)

2.女性は、興味がある相手と話すときは声調を変え、より柔 らかな口調で、会話がより活発になることが分かった。

 また、特定の言葉遣いも女性による男性への興味の重要な印。女性が緩衝的表現、たとえば「たぶん」とか「だと思う」などと言うときは恐らく相手に興味がない。

 自分語りをする女性はあなたに関心がある。要するに気になる女性の口から男が聞きたい最高の言葉は「私」である。それは、彼女が気をよくしていることのしるしなのだ。

 さらに感情や意思を表す言葉遣い、たとえば「〜ってこと」とか「そうでしょう?」なども脈ありのサインだ。なぜなら、それらは相手の興味を引くためのものだから。これらの言葉は
フレンドリーで仲良くなりたいということを示唆している、ってこと。そうでしょう?

3.男女ともにどんな話し方をすれば意中の相手の気を引くことができるか?
 女性は、自分のリードに従う男性を好む。男が自分のジョークに笑ってくれることや、自分が持ち出した話題に添って話しをしてくれることの方を、話題を勝手にころころ変えられるよりも好む。

 男が、「そりゃいいね!」とか「かっこいいよ、それ!」などと言うと、女性はつながりを強く感じる。「それは大変だったね」とか「気の毒に」なども同様だ。

4.女性にとって残念なニュースもある。男性が女性を気に入るかどうかに、会話はごくわずかな役割しか果たしていないのだ。その点では、容姿の重要性が他の要素を圧倒している。

 その上で言うが、女性がわずかであれ、意中の男の気を引く可能性を増す言葉がある。既述の「私」である。男は、自分について語る女性により惹かれやすいのだ。
女性は自分語りをしたデートの後で、よりつながりを感じやすくなる。だから初めてのデートで女性についての話題が多ければ吉兆だ。女性が気を良くし、男が話題をころころ変えなかったことに感謝している証拠だ。二度目のデートは有望である。

5.デート中の会話について明らかに問題の兆候を挙げておこう。それは疑問符だ。デート中に会話が質問だらけだったら、男女のいずれも相手に関心がない証拠だ。意外だ、問いかけは相手への興味を示しているんじゃないのかって? 初めてのデートの場合は違う。初めてのデートでは大半の質問は退屈している証拠である。「ご趣味は?」「何人兄弟?」これらは会話が行き詰まったときのセリフだ。

だが、最高のファーストデートでの締めくくりのせりふには、疑問符が付いているかも知れない。「また会ってくれる?」だ。もしこれがそのデートでの唯一の疑問符だったら、答えはおそらく「イエス」だ。

以上、引用終わり。

このビッグデータ分析。巷間言われている男女がうまく行くための数々のノウハウを膨大なデータで裏付けた感じですね。

今、アマゾンプライムで人気の「BACHELOR JAPAN」に出てくるBACHELOR達の言葉遣い、そして女性達の振る舞いや言葉遣い、このビッグデータ分析に限りなく近いようですね。

もっと早く知っていたら、私の人生もかなり変わったものだったかも知れないが、既に遅し。。。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/morocco/archive/22
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

もろっこクラブさんの画像
https://blog.canpan.info/morocco/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morocco/index2_0.xml