CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

もりっと仙台森づくり

植林・下草刈り・間伐・自然観察・クラフトなどもりっと仙台自らの実践とサポートの様子を淡々と?綴っていきます。森の健康を取り戻す試行錯誤の道のりになるかも?平成20年6月17日


<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
平成30年度仙台市森林アドバイザー養成講座(第16期)受講生
しいたけの森「下刈り指導」 (07/06) 野沢 俊哉
会報2月号が出来ました (02/03) 6期生 橋 良行
泉ヶ岳・やすらぎの森 (11/26) 橋 
会報4月号ができました (05/01) 10期 おおさき
第9回定時総会が開催されました (04/07) 9期生の一人
第7回定時総会が開催されました (04/29) 水谷
光環境はどうなったか (03/15) まちづくりの会みずすまし管理人
里山管理基礎講座の報告 (11/10) 樋渡善一
6周年CD (09/02) 管理人
チェーンソーワーク研修(2) (05/06)
最新トラックバック
夢ファンド [2009年01月10日(Sat)]
 ステップアップ支援プログラム 10:40〜11:50
3団体 によるプレゼンテーション・質疑応答(各10分)の様子 です。



   スタートアップ支援プログラム 13:10〜13:40
   プレゼンテーション・質疑応答(各5分)3団体
   
   組織開発(人材育成)支援プログラム 13:50〜14:40
   プレゼンテーション・質疑応答(各5分)5団体

   当会では中間報告ではなく「最終報告書」に基づく発表でし
   たので 5分では満足の行く発表は出来ませんでした。
   鹿郷代表に質問に答えてもらい、佐藤森林整備部会長に補
   足説明をしてもらいました。
   今日のサプライズは羽場さんが応援に駆けつけてくれたこと、
   トテモ心強かったです。



    時間の都合で会場で配布したプリントのデータの説明がが出
    来なかったことが悔やまれます。
    旗立三丁目緑地のスギ林を例に荒廃人工林の現状を訴えた
    かった!!



   


 適期に間伐することを前提に蜜植されていること
 遠くからは緑の森に見えても実態はヤブであること!!
 1千本でいい林に7千本もの”もやし状の立木”があること!!
 光が届かない林床には草も満足に生えていないこと!!
 木材生産どころか土砂災害の危険性があること!!

 またの機会に、否、みんなで機会を作って訴えていきましょう!!

  習得した技術は活用してまいります!
 夢ファンドさん ありがとうございました!!


 


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント

≪面積はどれくらいでしょうか≫
 1月1日貼付「もりっと仙台つうしん1月号」PDFを開いて「旗立」をご覧下さい。写真も貼り付けてありますので分かりやすいと思います。

≪間伐に関しての詳しいデータがあれば、見たいですね。≫
 ご承知のように間伐は育林技術の一つですので内容が多岐にわたります。林野庁、林業試験場、学者、林業家などのデータをネットで検索するか項目を絞って直接お尋ねされたらよろしいかと思います。
Posted by:寺沢信志  at 2009年01月15日(Thu) 12:59
 1月10日の「杉の人工林、間伐の有無による直径の変化」
 興味深く拝見しました。

 「40年間無間伐」の結果ですが、面積はどれくらいでしょうか。線香林なら、白沢五山・前山の南で見たことがあります。

 間伐に関しての詳しいデータがあれば、見たいですね。
Posted by:7期、岩崎令三  at 2009年01月13日(Tue) 15:17
プロフィール

仙台市森林アドバイザーの会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/morittosendai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morittosendai/index2_0.xml