CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

もりっと仙台森づくり

植林・下草刈り・間伐・自然観察・クラフトなどもりっと仙台自らの実践とサポートの様子を淡々と?綴っていきます。森の健康を取り戻す試行錯誤の道のりになるかも?平成20年6月17日


<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
平成30年度仙台市森林アドバイザー養成講座(第16期)受講生
しいたけの森「下刈り指導」 (07/06) 野沢 俊哉
会報2月号が出来ました (02/03) 6期生 橋 良行
泉ヶ岳・やすらぎの森 (11/26) 橋 
会報4月号ができました (05/01) 10期 おおさき
第9回定時総会が開催されました (04/07) 9期生の一人
第7回定時総会が開催されました (04/29) 水谷
光環境はどうなったか (03/15) まちづくりの会みずすまし管理人
里山管理基礎講座の報告 (11/10) 樋渡善一
6周年CD (09/02) 管理人
チェーンソーワーク研修(2) (05/06)
最新トラックバック
トラちゃん 恐るべし [2008年10月16日(Thu)]

 先日佐々木キャップが「もう手遅れです」と解説された
 病虫害の内の”虫害 ”の主犯いや共犯かな?
 トラちゃんこと「スギノアカネトラカミキリ」です。


スギやヒノキの枯れ枝に卵を産み、
幼虫は木の中で育つ。
木に穴を開ける困り者です。

13年生からのスギに食害が見られる
ようになる・・・・ということは、13年生
くらいの木には枯れ枝をつけたままに
してはダメということ。






トラちゃんにやられた木は売り物に
ならないと言っても過言ではない!!
トラちゃん恐るべし!!







共犯のもう一方は「スギカミキリ」です。









カミキリは一般的に勢力が衰えた木を
食すると言われますが「スギカミキリ」は
健康な木に被害を与える困り者です。

この虫は、健康な森を嫌うので、除間伐
等の管理をキチンとすることが一番の
予防になるといわれています。

遠くから眺めると素敵な緑の森は
実は手入れしないで放置されたスギ林
だったりします。

トラちゃん達の楽園になっていますう〜

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

仙台市森林アドバイザーの会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/morittosendai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morittosendai/index2_0.xml