CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

もりっと仙台森づくり

植林・下草刈り・間伐・自然観察・クラフトなどもりっと仙台自らの実践とサポートの様子を淡々と?綴っていきます。森の健康を取り戻す試行錯誤の道のりになるかも?平成20年6月17日


<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
平成30年度仙台市森林アドバイザー養成講座(第16期)受講生
しいたけの森「下刈り指導」 (07/06) 野沢 俊哉
会報2月号が出来ました (02/03) 6期生 橋 良行
泉ヶ岳・やすらぎの森 (11/26) 橋 
会報4月号ができました (05/01) 10期 おおさき
第9回定時総会が開催されました (04/07) 9期生の一人
第7回定時総会が開催されました (04/29) 水谷
光環境はどうなったか (03/15) まちづくりの会みずすまし管理人
里山管理基礎講座の報告 (11/10) 樋渡善一
6周年CD (09/02) 管理人
チェーンソーワーク研修(2) (05/06)
最新トラックバック
菖蒲田浜復興まつりの前に [2011年09月06日(Tue)]
「菖蒲田浜復興まつり」の前に津波で悲惨な姿になった松林を
整備しようという取り組みは8日、9日の出動で完了の予定です。



当初の計画から変更がありましたが
(1)幅3メートル、延長400メートルの作業道をつくる。
(2)幅27メートル、延長400メートル区域のクロマツ倒木の
   玉切り、枯損木の伐倒・玉切りをする。
この作業を9月10日の復興まつり前に完了することでした。

下の写真の黄色の実線が作業道になりました。
白の実線で囲んだ30メートル×400メートル区域が施業フィー
ルドとなった訳です。
残念ながら町有林のクロマツは壊滅状態で有効活用の手段もなく
止む無く処分のための玉切りになりました。



8月31日まで5回の活動概略を中間報告にまとめて地権者に
送りました。


国際森林年の今年、壊滅状態の海岸林の惨状を目の当たりに
しても私達にできることは何と小さなことかと悲しくなります。
松林が早く元気を取り戻し潮害防備機能を回復し七ヶ浜の
皆さんの元気回復のお役に立って欲しいものです。





トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

仙台市森林アドバイザーの会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/morittosendai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morittosendai/index2_0.xml