CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

もりっと仙台森づくり

植林・下草刈り・間伐・自然観察・クラフトなどもりっと仙台自らの実践とサポートの様子を淡々と?綴っていきます。森の健康を取り戻す試行錯誤の道のりになるかも?平成20年6月17日


<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
平成30年度仙台市森林アドバイザー養成講座(第16期)受講生
しいたけの森「下刈り指導」 (07/06) 野沢 俊哉
会報2月号が出来ました (02/03) 6期生 橋 良行
泉ヶ岳・やすらぎの森 (11/26) 橋 
会報4月号ができました (05/01) 10期 おおさき
第9回定時総会が開催されました (04/07) 9期生の一人
第7回定時総会が開催されました (04/29) 水谷
光環境はどうなったか (03/15) まちづくりの会みずすまし管理人
里山管理基礎講座の報告 (11/10) 樋渡善一
6周年CD (09/02) 管理人
チェーンソーワーク研修(2) (05/06)
最新トラックバック
スキルアップ21第三回 [2008年09月15日(Mon)]
 太白区坪沼字愛宕山西地内 スギ41〜42年生 間伐実習

 佐々木キャップから本日のスケジュール、間伐の目的、種類
 の説明があり、山主さんに特別お出でいただき、これまでの
 施行状況や山への想いなどをお話してもらいました。



 胸高直径21cm樹高20mのスギを伐倒するのは初めてという
 会員がほとんどなので緊張した空気が流れています。

   の講師団が待ち構えています。心を鬼にして叱咤激励してくれます!!


 ミーティングのあと早速安倍講師による模範伐倒
 21mの木が倒れるサマはさすがに迫力があります。
 玉切り、枝払いのチェーンソーワーク実演です。



   ハンコと言うそうです。
 何班のどなたの「ハンコ」でしょうか?
 今日は伐倒方向の決定、受け口切り、追い口切り、
 クサビ(矢)、追いヅル切り、枝払い、造材・玉切り、
 フェリングレバーの実習でした。

 伐根の点検
 ア、伐倒方向は予定通りか
 イ、追い口の位置・切り込み方はよいか
 ウ、芯切りは適切か
 エ、オノ目は利いているか
 オ、ツルの大きさはよいか
 カ、引き裂け・引き抜け等していないか

 ハンコが証拠・・・本日の鬼講師の教えです!!!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

仙台市森林アドバイザーの会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/morittosendai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morittosendai/index2_0.xml