CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

もりっと仙台森づくり

植林・下草刈り・間伐・自然観察・クラフトなどもりっと仙台自らの実践とサポートの様子を淡々と?綴っていきます。森の健康を取り戻す試行錯誤の道のりになるかも?平成20年6月17日


<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
平成30年度仙台市森林アドバイザー養成講座(第16期)受講生
しいたけの森「下刈り指導」 (07/06) 野沢 俊哉
会報2月号が出来ました (02/03) 6期生 橋 良行
泉ヶ岳・やすらぎの森 (11/26) 橋 
会報4月号ができました (05/01) 10期 おおさき
第9回定時総会が開催されました (04/07) 9期生の一人
第7回定時総会が開催されました (04/29) 水谷
光環境はどうなったか (03/15) まちづくりの会みずすまし管理人
里山管理基礎講座の報告 (11/10) 樋渡善一
6周年CD (09/02) 管理人
チェーンソーワーク研修(2) (05/06)
最新トラックバック
誘導伐採 [2011年02月16日(Wed)]
2月16日(水)晴れ 6℃ スギ花粉とCO2を斬る伐るプロジェクト
参加者:鹿郷、勝亦、菊地、坂井、、佐藤(英)、角田、寺沢、野瀬、
     忍頂寺、升、吉田、11名
     本日の伐倒本数 27

アサイチの復習
  プラロックの使い方について鹿郷親方から注意がありました。



ロープの結び方


実際に伐倒してチェックしてみました。



下図ではチルホールとなっていますが当会ではチルホールの代わりに
プラロックを使っています。
☆プラロック、ロープはあくまでも補助用具であること
  これに頼りすぎてはいけません!
  図の三角形の内側、外側の状況やレバー操作者の位置、
  退避方向。さらには伐倒者が作ったツルの具合など・・・
  便利な物には相応のリスクがあることを常に念頭に置いて
  活用しましょう。


今日は用水路の橋を架けなおしました。




【スギ花粉とCO2をきるきるプロジェクトの最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

仙台市森林アドバイザーの会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/morittosendai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morittosendai/index2_0.xml