CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

もりっと仙台森づくり

植林・下草刈り・間伐・自然観察・クラフトなどもりっと仙台自らの実践とサポートの様子を淡々と?綴っていきます。森の健康を取り戻す試行錯誤の道のりになるかも?平成20年6月17日


<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
平成30年度仙台市森林アドバイザー養成講座(第16期)受講生
しいたけの森「下刈り指導」 (07/06) 野沢 俊哉
会報2月号が出来ました (02/03) 6期生 橋 良行
泉ヶ岳・やすらぎの森 (11/26) 橋 
会報4月号ができました (05/01) 10期 おおさき
第9回定時総会が開催されました (04/07) 9期生の一人
第7回定時総会が開催されました (04/29) 水谷
光環境はどうなったか (03/15) まちづくりの会みずすまし管理人
里山管理基礎講座の報告 (11/10) 樋渡善一
6周年CD (09/02) 管理人
チェーンソーワーク研修(2) (05/06)
最新トラックバック
エノキタケ [2010年02月28日(Sun)]
 2月28日(日)箱倉山定例活動 曇り 気温3℃
 参加者:鹿郷・勝亦・加納・斉藤・坂井・佐藤・寺沢
      野瀬・水谷・吉田 以上10名

 笹刈り、枯損木の処理  14時終了

9:45〜 準備体操



西となりの国有林では作業路が作られスギ、アカマツの伐採が始まったようです。(今日は日曜日なのでお休み)



林内でエノキタケを発見しました。
これがエノキタケと言っても本日参加の何方も信じてくれません。
写真左がスーパーなどに並んでいるエノキタケ・・・栽培
               写真右が今日のエノキタケ、箱倉山産
ユキノシタとも言われ雪の下でも頑張って?でています。


昨年1月に他団体との協働間伐ということで川崎町に行ったとき
雪の下から採ったことがありました。
このブログに写真がありますのでご覧下さい。

  
  放置林で一番厄介なのは『つる』です。
                    倒したのに倒れない?
  やむなく元玉切り



  つる絡みは3倍も4倍もの時間を要します。
 となりの絡まった木を倒すことが許されなければ荒業?


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

仙台市森林アドバイザーの会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/morittosendai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morittosendai/index2_0.xml