CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

もりっと仙台森づくり

植林・下草刈り・間伐・自然観察・クラフトなどもりっと仙台自らの実践とサポートの様子を淡々と?綴っていきます。森の健康を取り戻す試行錯誤の道のりになるかも?平成20年6月17日


<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
平成30年度仙台市森林アドバイザー養成講座(第16期)受講生
しいたけの森「下刈り指導」 (07/06) 野沢 俊哉
会報2月号が出来ました (02/03) 6期生 橋 良行
泉ヶ岳・やすらぎの森 (11/26) 橋 
会報4月号ができました (05/01) 10期 おおさき
第9回定時総会が開催されました (04/07) 9期生の一人
第7回定時総会が開催されました (04/29) 水谷
光環境はどうなったか (03/15) まちづくりの会みずすまし管理人
里山管理基礎講座の報告 (11/10) 樋渡善一
6周年CD (09/02) 管理人
チェーンソーワーク研修(2) (05/06)
最新トラックバック
どんぐり苗プロジェクト! [2022年04月22日(Fri)]

昨年秋に開始したどんぐり苗の協賛プロジェクト。
皆さん、どんぐり育てていますか?


詳しくはこちら↓


我が家でも昨年10月〜11月にかけてプランターにクヌギとコナラを蒔き、土をかぶせておきました。その様子がこちら。

どんぐり1.jpg

そのまま放置すること約半年。
プランターの中がどうなったかというと…

どんぐり.jpg

ハイ!この通り!!
土の中からひょっこり、可愛らしい双葉を披露してくれましたぴかぴか(新しい)

例えば、小さいお子さんがいるご家庭などで、拾ってきたどんぐりを家の庭に放置していたら芽が出てきた! なんて経験ありませんか?

我が家ではありましたあせあせ(飛び散る汗)
春頃、庭の片隅に見慣れない芽がたくさん出て来て驚いたことが…Σ(・ω・ノ)ノ!
根元にどんぐりが残っていたので正体がわかりましたが、本当にびっくりです。

そんな経験があって、放っておいても時期になったら勝手に芽を出すだろうと思っていたのですが。なかなかの発芽率ですね。

回収の準備が出来るまでもう少し。
苗がしっかりしてきたらポットに移植して大事に見守っていきます。

今回ご参加いただいたみなさん、ぜひ明日にでもどんぐりの様子を見にいってみてください。きっとたくさんの芽を出していますよ!

今回参加を逃した方も、次の機会にぜひチャレンジしてみてくださいね。



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

仙台市森林アドバイザーの会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/morittosendai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morittosendai/index2_0.xml