CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

もりっと仙台森づくり

植林・下草刈り・間伐・自然観察・クラフトなどもりっと仙台自らの実践とサポートの様子を淡々と?綴っていきます。森の健康を取り戻す試行錯誤の道のりになるかも?平成20年6月17日


<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
平成30年度仙台市森林アドバイザー養成講座(第16期)受講生
しいたけの森「下刈り指導」 (07/06) 野沢 俊哉
会報2月号が出来ました (02/03) 6期生 橋 良行
泉ヶ岳・やすらぎの森 (11/26) 橋 
会報4月号ができました (05/01) 10期 おおさき
第9回定時総会が開催されました (04/07) 9期生の一人
第7回定時総会が開催されました (04/29) 水谷
光環境はどうなったか (03/15) まちづくりの会みずすまし管理人
里山管理基礎講座の報告 (11/10) 樋渡善一
6周年CD (09/02) 管理人
チェーンソーワーク研修(2) (05/06)
最新トラックバック
「やすらぎの森」のこと [2022年04月19日(Tue)]
 4月16日(土)やすらぎの森調査会に参加しました。
調査の結果を役員会で検討して拠点となるフィールドに出来ない
かを詰めてみたいという代表幹事のお話でした。

 当会は設立時からやすらぎの森に関わってきました。
このブログでは左側カテゴリアーカイブで泉ヶ岳(72)
と表示されているとおり経緯が公開されています。
日の浅い会員の皆さんは是非チェックしてみて下さい。
加えて考え・思いで2008.9.21「拠点となるフィールドが
欲しい」も参考になるかと思います。

2007.02.12 芳の平 冬の植生調査の様子
FH000006.JPG

2008.03.22 橋の架け替え工事 の様子
自然公園橋架け.JPG

2009.06.01 自然観察会 熊だな がありました

2008年(平成20年)の結論
 拠点フィールドとして「やすらぎの森」を諦め当会の置かれた
状況を勘案して次の2か所に決定しました。
第1フィールド 旗立三丁目緑地 市有林、杉人工林
   百年の杜推進課の紹介 太白区公園課所管
第2フィールド 箱倉山 雑木林
   個人所有林 協定書締結
決定理由〜〜@当時のほとんどの会員は刈払い機、チェーンソー
の操作に不慣れでスキルアップを切望していました。
A財政がひっ迫していたので森づくり活動で助成金確保の
フィールドに適していました。
B所有者への報告がスムーズにできそうでした。

  この「やすらぎの森」は仙台市農林土木課所管ですが
  県立自然公園船形連峰の中にあるので仙台振興事務所
  森林管理班との関わり、県条例の網がかかります。
  学習体験を積む機会となりますね。
    頑張りましょう!  (Nt)

Posted by 寺沢信志 at 19:42 | 泉ヶ岳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

仙台市森林アドバイザーの会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/morittosendai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morittosendai/index2_0.xml