CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

もりっと仙台森づくり

植林・下草刈り・間伐・自然観察・クラフトなどもりっと仙台自らの実践とサポートの様子を淡々と?綴っていきます。森の健康を取り戻す試行錯誤の道のりになるかも?平成20年6月17日


<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
平成30年度仙台市森林アドバイザー養成講座(第16期)受講生
しいたけの森「下刈り指導」 (07/06) 野沢 俊哉
会報2月号が出来ました (02/03) 6期生 橋 良行
泉ヶ岳・やすらぎの森 (11/26) 橋 
会報4月号ができました (05/01) 10期 おおさき
第9回定時総会が開催されました (04/07) 9期生の一人
第7回定時総会が開催されました (04/29) 水谷
光環境はどうなったか (03/15) まちづくりの会みずすまし管理人
里山管理基礎講座の報告 (11/10) 樋渡善一
6周年CD (09/02) 管理人
チェーンソーワーク研修(2) (05/06)
最新トラックバック
丸太搬出 [2009年02月07日(Sat)]
 2月7日(土)9:20〜15:00坪沼愛宕山西スキルアップ実習林
        参加者 5名 丸太搬出及び伐倒復習



 スキルアップ21で玉切りした材は寸法があまりにも
 不ぞろいであった。
 2m5cmか 4m10cmに測って切り落としているはずなのに
 2〜3センチ短いものが多かったのは何故なのでしょうか?
 メジャーの使い方に問題があったのでしょうか?
 



 ロープを利用しての搬出も
 回を重ねてだんだん要領が
 良くなってきましたがここの
 山は今日が最終となります。









 現場到着時の気温は0℃でしたが作業時間の経過に
 つれてそれぞれ着ているものを1枚2枚脱いでいました
 が、何時もながら搬出作業はキツイですね!!

 午後からは伐倒の復習です。
 特にくさび(矢)の使い方を確かめているところ。


 帰宅してテキストを見たら、重心と反対側に倒す場合
 (起こし木)の伐倒では@クサビを使用して行うべきか
 A牽引具を使用して行うべきか、その判断に迷うところ、
 とありました。
 2本以上のクサビを利用しても多くの労力が要る・・・・
 テキスト記述のとおりでした。



 3時に本日の予定終了としました。
 丸太の搬出に何日を要したのでしょうか?
 写真左が2m5cmもの、右が4m10cmものです。
 全部で263本、はたして運送料を差し引いて黒字に
 なるか?難しいところです。

 大変な労力を要しましたが勉強もさせてもらいました。 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

仙台市森林アドバイザーの会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/morittosendai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/morittosendai/index2_0.xml