CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

マロニエの森の会

「マロニエの森の会」は、落葉広葉樹を植え育て自然にやさしい山をつくる会として平成8年に結成され、山口市で活動している団体です。当初は、山口市宮野の木戸山公園を本拠地として活躍していましたが、現在は宮野岩杖の地で活動しています。

枝垂れ桜と西条柿の消毒

[2021年02月21日(Sun)]
いつもより遅い消毒をしながら,春を感じて

IMG_6584.JPG


 2月21日、春のような陽気です。遅れに遅れていた桜の消毒です。本来なら、1月と2月の2回の散布消毒ですが、機器の故障の関係もあり、2月に1回目の消毒となりました。会の機器を修繕すると機器を購入するくらいの金額になるということもあり、会の財政難の折り、今回は岩杖のI氏の機器を借りての作業です。機器を載せた車を運転する人、噴霧する人、噴霧者と運転の間に立つ人、事務局と本日は4人の参加です。
 途中、機器のトラブルがあり修理にI氏が駆けつけてくれました。機器の性能の関係で、消毒液の噴射力が強かったせいもあり、予定していた液を使い切り、今回は消毒途中でしたが、今期の消毒はやむなく終了ということになりました


IMG_6549.JPG


     軽トラに今回借りた機器と消毒液のドラム缶3個 

IMG_6610.JPG


     春を待つ枝垂れ桜

IMG_6621.JPG


     枝垂れ桜の下に流れる水ぬるむ谷川


IMG_6624.JPG


     谷川の土手、枝垂れ桜のもとに水仙が


IMG_6623.JPG


     春がそこまで来ています! 

西条柿の補植、「森の夢」の清掃

[2021年02月11日(Thu)]
2021年マロニエの森の会始動

 本日2月11日現在、まだ全国10都道府県で新型コロナウイルスの緊急事態宣言が続いています。山口県の感染者数もそれほど減らなく収束の見通しがありません。昨年は、春秋とも楽しむ会を開催できず、会員もなんとなく張り合いがなくなっているように思えます。
 祭日の今日11日は、会としての最初の行事、西条柿の補植と「森の夢」の清掃を行いました。予定していた樹木の消毒は、モーターの不調で取りやめになりました。西条柿の補植は12本。昨年は裏年であまり実をつけなかったので、今年こその思いは強いものがあります。作業が終わって、参加者8人のミーティング後解散。


IMG_6498.JPG


     猿の出没が多いのですが、西条柿なら大丈夫

IMG_6516.JPG


     昨年実施する予定が、延期になって!


IMG_6525.JPG
   

      蜜柑と八朔をいただきながらの歓談


IMG_6474.JPG
 

      朝はまだ寒いのですが、ここ岩杖にも春が・・・


IMG_6536.JPG


    ヤブツバキでしょうか、山肌に