CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

マロニエの森の会

「マロニエの森の会」は、落葉広葉樹を植え育て自然にやさしい山をつくる会として平成8年に結成され、山口市で活動している団体です。当初は、山口市宮野の木戸山公園を本拠地として活躍していましたが、現在は宮野岩杖の地で活動しています。

2回目の消毒、果実への施肥等

[2020年02月09日(Sun)]
寒いなか、西条柿等への施肥等行いました

 2月9日、岩杖の朝はことのほか冷え込み、山口の市内より相当寒く、町中の梅は満開なのに、岩杖の梅林はちらほらと数える程度、推して知るべしです。2回目の消毒でしたが、広場の桜を数本消毒しただだけで動力噴霧器が原因不明の故障で中止。しかし、当日予定していた西条柿等への施肥は女性会員二人の奮闘で完遂。さらに、レターライン沿いの竹林が荒れてきていることもあり、その整備も行いました。当日の参加会員7名でした。

IMG_3822.JPG
 それでも、陽だまりの梅が冴えた青空に春を待っています

IMG_3813.JPG
準備万端だったのですが、あまりの寒さか(筆者の憶測?)、噴霧器が故障。


IMG_3829.JPG
西条柿等約100本に施肥。今年の秋が楽しみです。

IMG_3821.JPG
寒い中でも、春は近づいています。見えますか小さな春が!

IMG_3831.JPG
何よりも枝垂れ桜が春を待っています!